« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »

2013年6月16日 - 2013年6月22日

2013年6月22日 (土)

第69回・多摩独酌会・前半(2013年4月21日・聖蹟桜ヶ丘)


えー、気楽な所で一生懸命…と言う事です。

調べてみますてぇと、
いやはや、長らく多摩独酌会に行っていなかったですね。
日のめぐりが悪く、
また他のイベントなどの余波 …なんて申し上げればよろしいでしょうか、
あんまりにもお浮かれに入れ込みますてぇと、
しくじる…なんてなぁ案配で。
久方振りの大きな試飲会、とても楽しく過ごしました。

まずは、
40種類のブラインド・テイスティングに挑戦してございます。
今回は、自分のコメントを書き込むので精一杯、
残念ながら、
YOKOさんのコメントを控える事が出来ておりませんが、
ともあれ、まずはリストを並べて参ります。

全てブラインド、目隠しで実施してますんで、
その場で、パッと思った点数を付けてございます。
これは、きっともう1度試したなら、
同じになるか分からないシロモノでございます。
もちろん、千差万別十人寄れば気は十色、同じ評価が無いものですので、
僕らが選んだお酒が、絶対評価ではございません。
後述しますが、
今回は特に、後程蔵元ブースでの評価と、
ブラインド評価の差が大きく、驚いたりもしました。

何か、今宵のお酒のご指標と…参考とされますより、
お遊びの一環として、
お読み流し下さいますよう、お願いを申し上げておきますが…。


「春一面の諸国から銘酒蔵37蔵が勢揃い」
~ 彩りさまざま、春酒の飲み比べ ~
2013年04月21日・聖蹟桜ヶ丘・アウラホール
      
      
定番酒を探す : フルブラインド : 40種の冷酒ブラインド      

No. ☆/○  県: 銘柄 特定名称など 感想

1:三重:而今・純米吟醸・無濾過生“山田錦”
SOJA:3.7
軽いバランス、良い酸の心地
YOKO:○(小)    

2:奈良:篠峯・純米吟醸・生“八反錦”ろくまる
SOJA:3.8↑
パリパリ、香フレッシュ
YOKO:△    

3:兵庫:琥泉・純米吟醸・無濾過生原酒
SOJA:4.0
米の旨味が出ていて、フレッシュさもあり。好み
YOKO:△(小)    

4:山口:貴・純米吟醸・火入れ
SOJA:3.6
水感、クリアな感じ
YOKO:×    

5:香川:川鶴・特別純米・無濾過生原酒直汲“讃州さぬきよい米”
SOJA:3.7↑
安定した感じ
YOKO:△    

6:愛媛:伊予賀儀屋・純米・無濾過生原酒“選抜”
SOJA:3.8
スッキリ、押し味あり、甘味、美味しい
YOKO:×    

7:広島:西條鶴・純米・無濾過火入れ
SOJA:3.5
苦味、イガッとした感じ
YOKO:△    

8:高知:久礼・純米吟醸・生“どくれ”
SOJA:3.8
フレッシュ、セメダイン感少し、良い辛味あり、最後甘味
YOKO:×    

9:佐賀:鍋島・純米吟醸・生“風ラベル”
SOJA:3.4
メロン系の香味で、やや奥まった感じ
YOKO:△    

10:大分:ちえびじん・純米吟醸・生原酒“山田錦”
SOJA:3.7
バランスあり、旨味良い
YOKO:○    

11:東京:屋守(金婚)・純米吟醸・生“八反錦”
SOJA:3.6↑
特濃の甘味、こってり
YOKO:×    

12:神奈川:天青・特別本醸造・しぼりたて生“風露”
SOJA:3.8↑
甘くメロンっぽい。フレッシュ
YOKO:△    

13:山梨:さ々一・純米吟醸・無濾過生
SOJA:3.7↑
熟成系の香、旨味は乗った味
YOKO:△    

14:長野:鼎(喜久盛)・純米吟醸・生
SOJA:3.8
甘味、メリハリあり
YOKO:○    

15:長野:佐久乃花・純米吟醸・生“夏の直汲み”
SOJA:3.6↑
直汲み系の味、甘味旨味
YOKO:△    

16:長野:豊香(神渡)・純米大吟醸・生“たかね錦”
SOJA:3.7
先端に甘味、後にカラッとした辛味
YOKO:○    

17:岐阜:射美・特別純米・無濾過生原酒“8号”
SOJA:3.5
前半静かで、後半にぷっくり味広がる
YOKO:○(小)    

18:新潟:たかちよ・純米大吟醸・中取り生“豊醇無盡”
SOJA:3.7
ジュース!分かりやすい味、香
YOKO:○    

19:富山:羽根屋・純米吟醸・生
SOJA:3.6
軽く、ちょっと酸い、硬い感じ
YOKO:×    

20:石川:閃・純米吟醸・生原酒
SOJA:3.6
古酒っぽい、ジリッとした甘味、酸味、辛味
YOKO:○    

21:福島:天明・純米大吟醸・火入れ“ちょいリッチ47・五百万石”
SOJA:3.7
バランス軽やか、香が甘い、辛吟的なイメージ
YOKO:△(小)    

22:福島:奈良萬・純米吟醸・中垂れ生
SOJA:3.7
直汲みっぽさ、プチプチ、スパークリング系、白葡萄感少し、旨い
YOKO:△    

23:茨城:来福・貴醸酒“Mellow”
SOJA:3.8
甘酸っぱい、旨味あり
YOKO:○    

24:群馬:貴娘・純米吟醸・生夏酒
SOJA:3.7
軽さ、香あり、甘酸っぱさ少し
YOKO:○    

25:群馬:結人・純米吟醸・生“直汲み”
SOJA:3.8
甘味程好い、軽さと滓の旨味あり
YOKO:△(小)    

26:群馬:龍神・純米吟醸・生詰“備前雄町”
SOJA:3.6
古酒っぽい、旨味少なめでキレイ系
YOKO:△(小)    

27:群馬:流輝・純米吟醸・無濾過生“舟搾り・山田錦”
SOJA:3.6
梅酢のイメージ、軽いバランス
YOKO:△(小)    

28:埼玉:鏡山・特別純米・無濾過生原酒“雄町”
SOJA:3.7
柔和、ハリと小まろみ
YOKO:△    

29:埼玉:花陽浴・純米吟醸・生直汲み“美山錦”
SOJA:3.9
パワーあり、フレッシュ、香、甘味
YOKO:○    

30:千葉:不動・純米吟醸・無濾過生原酒吊るし
SOJA:3.7
まろみ、フレッシュさ、水の感じ、軽め
YOKO:△(小)    

31:青森:陸奥八仙・特別純米・直汲み生
SOJA:3.6
フレッシュ、旨味、パワーあり、コシもある
YOKO:△    

32:岩手:あづまみね・純米吟醸・中取り生“美山錦”
SOJA:3.6↓
酸あり、刺激少し、薄み辛味
YOKO:△    

33:秋田:新政・特別純米・火入れ“No.6 R-Type”
SOJA:3.7
旨味、オレンジ、果実系の酸
YOKO:△(小)    

34:秋田:一白水成・純米吟醸・袋しぼり生
SOJA:3.6
水の良い感じ、キレイ
YOKO:△(小)    

35:秋田:山本(白瀑)・純米吟醸・生“うきうき山本”
SOJA:3.6↑
冷え過ぎていて何も感じない、美味しい雰囲気あるのに
YOKO:△(小)    

36:秋田:栗林(春霞)・特別純米・無濾過生
SOJA:3.7
冷え過ぎていて硬い、少し含みで広がるか
YOKO:△(小)    

37:秋田:ゆきの美人・純米吟醸“特撰”
SOJA:3.6
旨味、辛味、硬さ、酸、甘味、葱塩、冷えている
YOKO:△(小)    

38:山形:くどき上手・純米大吟醸“山田錦44・Jr.”
SOJA:3.9
優しい甘味、酸味、香の立つカプロン系、上品
YOKO:△(小)    

39:山形:冽・純米吟醸・無濾過生原酒
SOJA:3.7
旨味酸味、強さあり、ゴツみもあり
YOKO:△    

40:山形:十四代・特別純米・生“角新”
SOJA:4.0
美味しい。強さ甘味、柔らかさと良い関係
YOKO:○    

【 SOJAが☆3.8以上の日本酒 】

2:奈良:篠峯・純米吟醸・生“八反錦”ろくまる
3:兵庫:琥泉・純米吟醸・無濾過生原酒
6:愛媛:伊予賀儀屋・純米・無濾過生原酒“選抜”
8:高知:久礼・純米吟醸・生“どくれ”
12:神奈川:天青・特別本醸造・しぼりたて生“風露”
14:長野:鼎(喜久盛)・純米吟醸・生
23:茨城:来福・貴醸酒“Mellow”
25:群馬:結人・純米吟醸・生“直汲み”
29:埼玉:花陽浴・純米吟醸・生直汲み“美山錦”
38:山形:くどき上手・純米大吟醸“山田錦44・Jr.”
40:山形:十四代・特別純米・生“角新”

☆3.8以上=40種中11種類。

【 YOKOが○(小)以上の日本酒 】

1:三重:而今・純米吟醸・無濾過生“山田錦”
10:大分:ちえびじん・純米吟醸・生原酒“山田錦”
14:長野:鼎(喜久盛)・純米吟醸・生
16:長野:豊香(神渡)・純米大吟醸・生“たかね錦”
17:岐阜:射美・特別純米・無濾過生原酒“8号”
18:新潟:たかちよ・純米大吟醸・中取り生“豊醇無盡”
20:石川:閃・純米吟醸・生原酒
23:茨城:来福・貴醸酒“Mellow”
24:群馬:貴娘・純米吟醸・生夏酒
29:埼玉:花陽浴・純米吟醸・生直汲み“美山錦”
40:山形:十四代・特別純米・生“角新”

☆○(小)以上=40種中11種類。

…偶然、選び出した数が一緒と言う奇跡。

双方、気に入ったものは?

【 SOJAもYOKOも共に美味しかった日本酒 】

14:長野:鼎(喜久盛)・純米吟醸・生
23:茨城:来福・貴醸酒“Mellow”
29:埼玉:花陽浴・純米吟醸・生直汲み“美山錦”
40:山形:十四代・特別純米・生“角新”

40種類中4種類だけ。

自分のお気に入りのお酒、銘柄だったり、
いっそ、その直後に蔵元ブースで飲んでみて高評価だったものまで、
不思議と点数を低く付けていて驚きもしますが、
これがブラインド、利き酒らしさとでも申しましょうか。
直前のお酒の影響を受けて…
例えば、濃いものの後なら、薄く感じてしまったり、
またその逆だったりと…。
楽しみながらの試飲を心掛けました。

【 会場アンケート結果 】

Dscn1323


1位 青森・陸奥八仙 (No.31)
2位 長野・鼎(No.14), 岐阜・射美(No.17)
3位 新潟・たかちよ (No.18)

会場のアンケート結果はこちら。
「陸奥八仙」は貫禄の上位と言う感じが致します。
2位3位は中部勢が健闘したカタチ。たいへん喜ばしい事です。

ブラインドなので、銘柄を知って投票した訳でないので、
開けてみて、自分自身で選んだ3種類に意外性も感じられました。

【 SOJAがアンケートに選んだ3本 】

No.3 兵庫・琥泉 (イベント「十四代を探せ!」に投票)
No.29 埼玉・花陽浴
No.40 山形・十四代

【 YOKOがアンケートに選んだ3本 】

No.14 長野・鼎
No.23 茨城・来福
No.40 山形・十四代 (イベント「十四代を探せ!」に投票)

「多摩独酌会」内、
ブラインド・テイスティングで行われている「十四代を探せ!」は、
どれか1つが「十四代」であって、これを当てよう!…と言う企画なのですが、
これまで1度も当たった事がないし、
なかなか当たらないものですが、
過去の傾向から「美味しい」と印を付けたものである場合が多く、
今回は、3種類に選んだものの中から、それっぽいものを選びました。


Dscn1316

すると、YOKOさんが大正解!お見事なのです!
自分も3択の中、
No.3かNo.40かで迷ってNo.3にしたのですが、惜しいところ!

YOKOさんは「十四代購入券」獲得争奪戦のジャンケン進みましたが、
途中で敗退。でも、とっても名誉な事であります。


…と、前半はこれまで。

仲入りを頂戴致しまして、後半戦、蔵元ブース周遊記録となります。

しばらくの暇をお許し頂きますよう。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

モルトウイスキーを楽しむ会 第194回(摩幌美・2013年6月15日)

テーマ:北欧スウェーデンと東南アジア台湾のモルトウイスキーを愉しむ


Dscn1662_2

Association enjoy a Malt Whisky in the Mahorobi, 194th (15 June, 2013)

Today's Theme: Malt whiskey in Taiwan(Southeast Asia)and  Sweden (Northern Europe).

参加したモルトの会メンバー:
酋長、
kenchieさん夫妻、
M瀬さん、K田さんとお友達、
S木さん、S藤さん、
そして、SOJA, YOKO。
(僕らが到着した時点で)

僕と洋子は少し遅れての参加でした。
今日のテーマが遠く離れた2種類の、
きっと大いに異なるウイスキーだと聞いていて、
それはとても興味深いと思いました。

摩幌美に着いて、テーブルを見ると、
ウイスキーが何本も置いてありました。
スウェーデン、台湾だけでなく、スコットランド、西ドイツ、日本(とても古いボトル)など、
更に更に、興味深いボトルが並んでいました。
流石、松本モルトラバーの夜。

Dscn1673_2

I and Yoko were joined a little late.
It is a whiskey of two regional theme.
Region far away respectively.
I thought features and should differ greatly.
It is very interesting.

When we arrived at the Mahorobi, many whisky bottles was put on the table.
Sweden, Taiwan well as, Scotland , West  German, Japan ( very old bottles )  ...
Even more interesting bottle was lined.
How wonderful !
The night of Matsumoto malt whisky lovers.




Dscn1660_2

MACKMAYRA WHISKY( Swedish whisky )

Flavor:
ハニー、ドライトマト、カラーイメージは赤い。
きゅうりに蜂蜜、塩っぽい。フレッシュカスクのイメージ。
杉材の様な、ハーブと言うよりも新しい木で出来た家。
(それは、落ち着く雰囲気。新しいのに)

Flavor:
Honey, Dried tomato, Color feeling is "Red".
Cucumber with honey, salty, fresh cask.
Like a cedar( It's calm ), Sightly herb flavor.
A newly woody house, and smooth sleeping.

Taste:
ムーディ、スムース、軽いエイジング、
酸味、辛味、どこか塩っぽさ(ピーティ?)

Taste:
Moody, smooth, Light aging, salty(peaty?), acidity.

会の中では、寒さからの熟成しにくいのかなぁ…と。
それは特に、「KAVALAN」と比べると顕著。
だけれど、故に未来がある…北欧の土地で育まれる意味はあるはずだと感じた。
それがその国や土地に生きる特徴になるだろう。
いつか必ず素晴らしい熟成のボトルが出て来るはずだ。

YOKOさんは、ずっと飲んでいられる感じと言う。
食後でなく、食べながらも楽しむ事ができるウイスキー。

で、僕もYOKOさんも、
Mickey、Claes, Christer, Åke san の顔が浮かぶ。

In our Table said, It may be slowly to aged MACKMAYRA Whisky so cold.
It is remarkable in comparison with KAVALAN Whisky.
But, I think MACKMAYRA Whisky is to have a future.
I felt that there is a need that are grown in Swedish.
Mature at the latest, Surely Swedish malt lovers would greet the great bottling.
It will have more Swedish characterization.

Yoko felt that MACKMAYRA  whisky is easy drinking.
It  feel to be continued drinking.

and, I and Yoko think of the face of friends, Mickey, Claes, Christer, Åke san.

KAVALAN WHISKY, CONCERTMASTER(Green Bottle, Port cask finish, Taiwanese whisky)

Flavor&Taste:
ゴム手袋、ポンプ作業中の作業着、
細かな雑音、高速トランジェントのパルス波形。
空気に触れると、冷たいキャンデー。
人形の手、また、味噌や麹の香。
(鈴木さんもまた、同じイメージだったそうだ)

Flavor&Taste:
Rubber gloves, Work clothes of the pump working,
Micro-wave Noises, Fast  transient pulse.
After air influence, cold candy, doll's hand,
and Miso, Koji flavor. (Japanese fermentation foods.)
(Mr.Suzuki also, he was feeling same image.)

Dscn1695


KAVALAN WHISKY, SOLIST (Wine cask, Taiwanese whisky)

Flavor:
シェリー、リッチ、グリーン・ミント、ハッカ、
アルコールっぽさ、薬っぽい、若草、歯磨き粉。

Flavor:
Sherry, Rich, Mint, alcohol, medicine, glass in early summer, tooth paste.

Taste:
クリーン、レーズン、クリア、ライトなウイスキー。
余韻は早く終わるが、オレンジの様な感覚が残る。

Taste:
Clean, raisin, clear, light whisky.
After-taste is short, remain like a orange.

樽のキャラクターがよく出ていたし、とても美味しかった。
味わいや余韻の深さは少ないと思うけれど、
そのバランスも、また美味しさであったと思う。

Character of the Cask(barrel) is good effective.
Body, taste, after-taste is not deep, un-overlap.
However, the balance of such taste is pretty good!

Dscn1686


Racke ( Made of West Germany )(Seeking more information)

あなたはこの言葉を聞いて驚くだろう。
「原産国:西ドイツ」
今って作っているのかなぁ。それも分からない。
ビールやワインは聞くし、蒸留酒もあると思うけれど、
でも、ドイツのボトラーズ(Independent Bottlers)は聞くけれど、
蒸留所?ウイスキー?

でも、とても好評だったボトル。


Dscn1681

You would be surprised listening to this word.

[  Country of origin: West Germany  ]

Are distilled whisky in germany still ?
We aren't understand.
Often I hear of Germany beer & wine,
I think that there is also distilled liquor maybe.
I hear about Germany distillation, It's limited to independent bottlers.
Germany distillery? Germany whisky?

Racke were very popular in Mahorobi's malt club member.

Flavor:
キャラメル、バニラ、プリン、カスタード、
焼いた香、砂糖を焼いた香、シュガートースト
玉子の焼いた感じもある。
バター、クリーム、

Flavor:
Caramel, vanilla, pudding, custard,
Burned sweet flavor, flavor of burned sugar,
Sugar toast, also feel that baked eggs, and butter cream.

Taste:
(a few) Japanese radish pickles, muskmelon,
Pickles peel of muskmelon. (mainly salt taste)
Fresh whipped cream, oily, Flavor of violet.




Dscn1687

SUNTORY WHISKY EXCELLENCE

Flavor:
芳しい、明るい、クリーム、
シェリー、クリア、ライム、レモン、
最後に甘味。

Flavor:
Bright and fragrant, sweet cream, sherry, clear, lime, lemon,
more sweetness, softly flavor at last.

Taste:
バニラ、とてもソフトで優しい。
最後に林檎っぽい。
アップルパイ、長く優しさが続く。
アップルパイはシナモン抜きで。

Taste:
Vanilla, It is more kindness, and very softly, like smooth air feeling.
The apple in the finish.
Apple Pie without cinnamon,
After-taste continued long times with kindness.

味とは関係ないけれど、
ボトルデザインが日本のメロンリキュール「MIDORI」に似ている。
どちらもサントリー製、近い時代に発売されたのかも知れませんね。
(ミドリは1978年発売、1989年に特級表示廃止)

But it has nothing to do with taste,
It is similar bottle design in the melon liqueur "MIDORI" of Japan.
Both SUNTORY made, It may be bottle was released in the near era.
(MIDORI launched in 1978, The special-grade (Tokkyu) display aboilshed in 1989.)

Dscn1677


Ballantine's aged 17 years SCAPA edition

Flavor&Taste:
スイートハニー、メロウ、ブルームリー、ソフト、
円を描くイメージで、シンプルに感じられる香。
この分かりやすさ…と言うか、
率直な感じを、僕はSCAPAに抱く事が多い。
(SCAPAのモルト比率が多いのかな?)

Flavor&Taste:
Sweet-honey, mellow, bloomy, soft, Feeling the circular, incense simple.
This clarity feeling,
I think the SCAPA well, there candid feeling.
( Malt whisky ratio of SCAPA is many? )


Dscn1680

今回の酋長の素敵コメント。

ウイスキーの美味しさと言うものは、
 カスクとモルトが良い飽和状態にあること

なるほど、ウイスキーも良く樽の恵みも大いにあって、
その良さが全部、良いバランスで引き出される…
それが美味しさウイスキーの条件であり、ウイスキーの美味しさ。

あまりに良いウイスキーが多かったので、
終電車で帰らずに、長く楽しみました。

It is nice comment of the Teimei's this time:

Requirement of good whisky,
It's that good  saturation state made of whisky and cask.

Certainly, If fine whisky and casks of finely effective-able some parts of fine condition exert to full of potential, then will be make a wonderful whisky.

This evening, fantastic whisky because were many,
I and Yoko were not go back in the last train.
We enjoyed long long...


「Facebook」に投稿したものを、個人名などを変えて再掲載。
スウェーデンのウイスキーは、やっぱりスウェーデンの友達の顔が浮かびます。
もしか、読んでもらえたら…と思って、
スウェーデン語は無理だけれど、せめて英語で、翻訳ソフトも駆使しながら、
日本語と英語で書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »