« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

2012年1月1日 - 2012年1月7日

2012年1月 1日 (日)

2011年の感謝を込めて、元旦にはこの日記を!(2011年・訪店リスト&購入お酒リスト&寄席リスト)

2012_300

(本年度年賀状:龍の字を顔に見立てて、
  鱗と尻尾は、A HAPPY NEW YEARと、
 あけましておめでとうで組みました。
 信州スカイパークにて撮影)

えー、新年のお慶びを申し上げておきます。
誘惑箇所の多い中、
取り分けて、いっぱいのお運び様、
誠にありがたい訳で、
気楽なところがよろしいんじゃないかと言うところ、
一生懸命に申し上げる事にしている訳で、
どうぞ、本年もお付き合いの程を、
よろしくお願い致しまして…。

えー、暮れってぇのは、
相も変わらず忙しいもので、
こと、2011年てぇものは忙しさにかまけてしまいまして、
「今日の一筆・修行中」の更新もままならず、
あれよあれよと、お年取り、
新たな1年を迎えるに至っております。
無沙汰をお詫びしながら、申し上げて参ろうか、
めでたい年明けから、辛気臭い物言いではありますが、
それもここまでと言うところ…。

あけましておめでとうございます!

今回は毎年恒例の記事でございます。
2011年の僕とYOKOさんを取り巻いた、
様々な出来事をまとめてみよう…てなぁ記事でございまして、

お遊びに出向いた飲食店さんの年間ランキング、

楽しませてくれた日本酒購入リストを、

…申し上げることにしております。
ただ、これと言うのは一昨年、2010年までのこと…
2011年には新たなお楽しみとの出会いがありました。
まさか僕らの知らない、こんなにィ…ね、
楽しい世界がまだあるんだ、発見だ!知らなかった時間が勿体無い!
…これを知っちまっては、
”これ以外”を殊更期待してしまう…2012年の展望すらも、
明るくさせてくれるお噂が、2011年にはございました。
始まりました。

落語。

落語なんです。落とし噺。
「何をおっしゃる、うさぎさん」…なんてなぁ、お思いでしょうか。
そんな方こそ、シメコのうさぎ…
自分だってこんなにハマるなんて思ってもみなかった、
去年の年末にね、
「そうか、来年落語を聞きに行くなら勉強しようか」
…そう思って聞いた噺がふたつ。
これがいけなかった…いや、出会えて良かった!
動画サイトでたまたま選んだものは、
「反魂香」、これは「反魂丹」を思い浮かべて選んだはず。
中学生時分に遊んだゲーム「天外魔境Ⅱ」の中の素敵アイテム。
「聞いてみようかな」
そのきっかけだけで良かった。きっかけに…思いつきに、
身体が逆らわずに動いてくれて良かった!
古今亭志ん朝師匠の「反魂香」、
サゲなんてぇのは、どちらかと言うと馬鹿馬鹿しいものなんですが、
それに感動しましてね、背筋なんかゾクッとしたんだ。
これは面白い、これは気持ち良いと。
続いて、「志ん朝」たる言葉を知ります。
この頃は人でなかった。名の符号でしかなかった。
「芝浜」を聞きます。
これも素晴らしいと思う。楽しませてくれた志ん朝と言う噺家が、
たいへんな師匠であり、また既にご存命でない事も知ります。
「あれ?なんで、もういないんだ」
…って思いましたよ。
見たいじゃないか、聞きたいじゃないか。
だから、簡単に手に入る音源を聞く様になる。
聞けば聞くほど、色んな噺を知る…そうして、
初めて生で落語を見た日、これがやってくる。
1月21日になりますが、
その頃には、もう、落語と言うものが、
勉強対象じゃあなくなっていました。
ひとつの興味になる。
会がお開きになると、
次の茅野で開かれる寒天寄席のチケットも販売していて、
「どんな席でも良いから、空いていれば」
チケットを買い求める。
ナワテ通りで開かれたイベントで、
大信州酒造の田中さんに、
四柱神社で開かれる落語会について聞き、出向く。
これが4月の事で、ごく近く目の前で演じられる高座が、
たいへんに良い心持ちになるもので…
朝に夜に通勤途中も落語を聞く様になる。
自分で書く落語も、ちゃんと落語の形態になる。
2011年と言う落語との出会いの年は、
とてもとても有意義であったと思うんですな。
YOKOさんも隣で聞く中で、
随分と噺そのものを知る様になりました。

さて、まずは落語についての記録を申し上げましょう。
2011年、僕とYOKOさんは、
どれ程の落語、寄席に出会って来たのか。

【  2011年の落語会  】

2011/01/23
塩尻レザンホール・第9回れざん亭
林家たい平、昭和のいる・こいる、桂吉弥

2011/02/11
第4回寒天寄席
三遊亭円楽、柳家紫文、桂平治ほか

2011/03/20
第7回かのら寄席
桂歌丸、柳家さん喬

2011/04/16
古今亭菊生の落語百夜・番外編

2011/05/14
古今亭菊生の落語百夜・第48夜

2011/06/18
浅草演芸ホール
金原亭伯楽、川柳川柳

2011/06/26
第15回松本あるぷす寄席
桂平治、春風亭百栄

2011/07/05
桂歌丸・特選落語会
噺家ひとすじ60年・松本市芸術館
歌丸、円楽、小遊三、たい平

2011/07/09
古今亭菊生の落語百夜・番外編

2011/07/31
桂ざこば・三遊亭円楽 二人会
カノラホール

2011/08/05
古今亭菊生の落語百夜・番外編
円丈・菊生二人会

2011/08/14
上野鈴本演芸場
三遊亭円歌一門

2011/09/03
古今亭菊生の落語百夜・第50夜

2011/10/15
古今亭菊生の落語百夜・番外編

2011/10/22
春風亭小朝独演会・松本市芸術館

2011/11/05
古今亭菊生の落語百夜・第51夜

2011/11/25
第40回ざぶとん寄席・戸倉上山田温泉
柳亭市馬、三遊亭鬼丸

2011/12/03
古今亭菊生の落語百夜・番外編

2011/12/04
第16回あるぷす寄席
入船亭扇辰、松元ヒロ、鈴々舎馬るこ

以上、寄席を含めて19回のお遊びでございました。


続きまして、
ブログ「酒 宗夜」の本懐に入って参りましょう。

信州SAKEカントリーツーリズム上の規定酒については、
記録にありません。
規定として購入したものではなく、
追加して買ったものについては記録しました。
ビールも全てを書き切っていません。
ワインも全てではないやも。
特に、
ふっとスパークリングワインが飲みたくなって買った場合に、
記録する事が疎かになっていた様子。
ともあれ、”ほぼ”全ての購入リスト…と言う事で。

【  2011年に購入した日本酒リスト  】

2011/01/15
大信州・純米大吟醸生・仕込み23号
大信州・純米大吟醸にごり生
川中島幻舞・純米吟醸しぼりたて生
川中島幻舞・純米・ふわり粋酔

2011/01/22
(弟へ誕生日プレゼント3本)
岡山・竹林・純米ふかまり
佐賀・万齢・純米吟醸5年古酒
愛知・生道井・衣が浦若水・純米おりがらみ

岐阜・房島屋・純米6号おりがらみ
(名古屋・酒泉洞堀一にて)

2011/01/29
長野・喜久水・白貴天龍
長野・信濃鶴・純米大吟醸
長野・南信州ビール・アンバーエール1リットル

頂き物→
群馬・榮万寿・純米生

2011/02/11
諏訪浪漫ビール・しろかば、りんどう、くろゆりセット

2011/02/12
諏訪浪漫ビール・すずらん、古代米
真澄・ノグノオーコラボ「Horizon」

2011/02/18
デュベル、
デリリウム・トレメンス
デリリウム・ノクトルム
ローグ・セントレッドエール

2011/02/19
兵庫・太陽酒造・太陽の赤石・純米生原酒・酒槽搾り18BY、
福島・会津中将・純米吟醸無濾過生原酒たけばらラベル、
愛媛・初雪盃・大吟醸2009寒造り槽搾り、
奈良・篠峯・純米吟醸無濾過生酒ろくまる、
福島・星自慢・特別純米無濾過原酒生21BY、
福島・蔵粋・吟醸甘味酒小檜山、
(東京大塚・地酒屋こだまにて)

2011/02/26
長野・岩清水・純米五割麹しぼりたておりがらみ22BY生、
長野・笹の誉・純米吟醸袋吊り直汲み“仕込み8号”ピンクラベル

モロッコのビール
カサブランカ

2011/02/27
シャルマンワイン・ロゼ

2011/03/05
長野・笹の誉・普通酒“蔵詰原酒”

2011/04/01
小布施ワイナリーセット7本?

2011/04/13
長野・笑亀・純米大吟醸“夜桜”

2011/04/16
奈良・風の森・純米しぼり華“雄町”
(お土産にて頂戴する)

2011/04/23
笹の誉・梅酒

2011/04/30
長野・縁喜・純米無濾過生原酒
長野・縁喜“雪猿”・純米にごり
長野・岩清水・純米五割麹・無濾過生原酒
長野・岩清水・純米三割麹・無濾過生原酒
長野・岩清水・特別純米・無濾過生原酒
長野・勢正宗・大吟醸
長野・勢正宗・純米・無濾過生原酒
長野・大信州・純米吟醸・若手責任仕込み・森本
長野・大信州・純米吟醸・若手責任仕込み・小松

志賀高原ビール・HouseIPA

2011/05/03
中乗さん・大吟醸うすにごり生
中乗さん・純米吟醸・無濾過生原酒“美山錦”
中乗さん・純米吟醸・無濾過生原酒“ひとごこち”

2011/06/05
信濃ワイン・ナイアガラ果肉入りにごりワイン「豪雪」

2011/06/29
信濃ワイン・白カスタム
スペイン・CAVA SEMI SEC

2011/07/03
笹の誉・特別純米生直汲みひとごこち
豊賀・特別純米中汲み生

2011/07/12
笹の誉・特別純米生直汲みひとごこち
(ついに美味しくて一升瓶で再購入)

2011/07/18
本金・純米ひやおろし22BY
信濃ワイン・秋薫る“ナイアガラ”

2011/08/05
本金・特吟
山形・楯野川・ホームランまっこり
長陽福娘・純米吟醸山田錦50限定直汲み
長陽福娘・山口9E酵母
長陽福娘・吟醸酵母
長陽福娘・山廃純米生原酒 「山田錦」 直汲み 630キロ仕込
(新潟長岡・かねせ商店にて)

2011/09/03
岩清水・特別純米五割麹・無濾過瓶火入れ
岩清水・特別純米五割麹・無濾過本生
川中島幻舞・純米大吟醸無濾過生原酒“山田錦”

ラム酒入りビール
フランスのビールNo.6

2011/09/10
本金・純米吟醸ひやおろし
山梨・ソレイユワイン・ピノ・ノワール07

2011/10/01
笹の誉・純米吟醸・風穴貯蔵

2011/10/08
笹の誉・粕取り焼酎・とりい火、
笹の誉・そば焼酎・奈川

2011/11/05
岩清水・純米五割麹・無濾過火入れ
岩清水・特別純米五割麹・無濾過火入れ

2011/11/06
スパークリングワイン

アルプスワイン・秋薫るナイアガラ甘口

京都・玉川・純米大吟醸「玉龍」1800ml
下町タワーエール
滝野川ごぼうビール
お江戸下町エール
京都・玉川・タイムマシーン
京都・玉川・タイムマシーンビンテージ
(東京・三益酒店にて)

2011/11/19
大信州・純米吟醸生・仕込み1号

2011/11/26
戸倉上山田・寶ヶ池・本醸造原酒

2011/12/03
大信州・純米大吟醸・仕込み4号、
大信州・純米吟醸「番外」、
大信州・純米吟醸・純吟にごり

2011/12/11
イヅツワイン・生にごりナイアガラワイン

2011/12/15
三重・作・純米直汲み”神の穂”
奈良・風の森・純米大吟醸しぼり華”秋津穂”生
一升瓶、4合瓶にて
栃木・大那・純米Aventure原酒生にごり
栃木・辻善兵衛・純米吟醸無濾過生原酒”五百万石”
(東京武蔵境・酒のなかがわにて)

2011/12/17
長野・本金・大吟醸斗瓶取り雫酒22BY
長野・北安大国・普通酒仕込み2号生原酒・横川商店誂え
長野・FUMOTO・大町産林檎使用シードル小布施ワイナリー仕込み
長野・白馬錦・しぼりたて新酒

2011/12/18
長野・笹の譽・純米吟醸無濾過生原酒袋吊り・仕込み5号
長野・米川豊賀・純米しらかば錦仕込み壱号生原酒
長野・夜明け前・にごり酒”なまさけ”

2011/12/24
大信州・純米大吟醸・仕込み16号
大信州・純米大吟醸にごり

以上、2011年に購入したお酒のリストでした。

近隣では、
大町・横川商店、
島立・山屋酒店、
波田・深澤酒店、
県・リカーズモモセで購入する場合が多いです。

100本強に加えて、
次項に書き添えますが、
旅第14,15,16回信州SAKEカントリーツーリズム上で、
立ち寄った蔵元の数だけ日本酒を購入し、
景品として、大吟醸を1升瓶で18本、頂戴致しました。
今年もいっぱいのお酒に囲まれまして幸せでございます。

【  SOJAとYOKOの2011年の軌跡  】

2011/01/15
第14回信州SAKEカントリーツーリズム
→大雪の中。

2011/01/29
第15回信州SAKEカントリーツーリズム
→南信への旅。

2011/02/05
笹井酒造蔵見学
→現状は蔵見学については、きちんと問い合わせした後にどうぞ。

2011/02/12
第16回信州SAKEカントリーツーリズム
→岡谷、諏訪への旅。制覇。県内1番乗り。

2011/02/20
Whisky Magazine Live! 2011
→初六本木ヒルズ。

2011/02/27
北杜ツーリズム2011プレツーリズム

シャルマンワイン
武の井酒造
ROCK,タッチダウンビール
→小淵沢の久保酒店さん企画のツアー。

2011/03/27
NOMDOS・日本酒会
→復興支援企画。

2011/04/29
渋温泉へ
玉村本店
2011/04/30
地獄谷野猿公苑
玉村本店
井賀屋酒造場
丸世酒造店
大信州酒造
中野・三幸軒
→北信ツアー。

2011/05/03
中乗さんちょっ蔵まつり
→GW中のお楽しみイベント。2年目。

2011/05/29
クラフトフェア
大信州・目聞会in長野
→とんでもないハシゴ企画の1日。
   でもしっかり充実。

2011/06/05
木曽漆器祭
→歩きを主体に企画した小旅行。

2011/06/12
戸隠神社・奥社
→YOKOさんとふたりで初奥社へ。

2011/06/19
第65回多摩独酌会
→吉例。

2011/06/21
辰野ホタルまつり
→これも欠かせない吉例。

2011/07/18
大町・酒の博物館
大町・ハングリーボックス・ユキ
大町・ユナイトコーヒー
大町・横川商店
→大好き大町旅。

2011/08/07
百竹亭・お茶会
→僕は茶室内初潜入。

2011/08/15
上野動物園
→当初、計画になかったけれど、
    鈴本演芸場のついでに行く事に。

2011/08/20
四ツ谷大長野酒祭
→ありがとう!四ツ谷の日本酒店の皆さん!

2011/09/02
信州清酒研究会・一般審査として参加
→SSCT制覇のご褒美みたいなもの。

2011/09/10
大町三蔵呑み歩き
→恒例。

2011/09/17
長和町・アウトドア・ウィスキーフェスティバル!2011
→初企画に参加。長野酒、堪能してもらえました。

2011/09/24
小布施・響
黒姫高原コスモス花園
黒姫高原童話館
→Kenchieさん夫妻と小旅行。良い休日企画。
    来年も行きましょう〜!

2011/10/02
城下町ほろ酔い散歩2011
NOMDOS
風林火山
アガレヤ
厨十兵衛
→たけさんに感謝!素敵なイベントでした。

2011/10/10
信州そば祭
→何気に初めてここで蕎麦食べた。
    でもそれ以上にビールを飲みまくっていた。

2011/10/13
長野酒メッセ2011
→本年度304種類試飲させて頂きました。

2011/10/15
初人間ドッグ
→その後、落語を聞きに行くと言う忙しい1日。

2011/10/16
第66回・多摩独酌会
→吉例。

2011/10/29
塩尻ワイナリーフェスタ
→晴れて良かった!

2011/11/03
文化の日
第3回・城下町酒楽まつり
→病み上がりに何とか間に合わせたイベント。

2011/11/04
第14回・食酒楽会・中野三幸軒
→やっぱり最高に良いイベントなんだよなぁ!

2011/11/23
THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY
摩幌美・松本テイスティング会
(二次会)チャオ・バンビーノ
→毎年のお楽しみ。今年は2次会も良かった!

2011/11/25
亀清旅館
2011/11/26
大黒食堂
ニンタレカツライス
坂井銘醸
→また行きたいと思う東信旅。

2011/12/17
ハングリーボックス・ユキ
ユナイトコーヒー
横川商店
→年末のお買い物。
   霊松寺には不思議と2年に1度ペース。

2011/12/25
広東
摩幌美忘年会
→これまで知らなかった名店に出会う。

以上、
まだ記事化できていないものも多いですが、
こんな感じの1年でした。
楽しかった!



【  SOJAとYOKOが遊びに行ったお店  】

2011年、年間最多賞は3年連続で、
摩幌美で36回となりました。

続いて、洋食厨房Spiceは2位で20回、
結婚記念日やクリスマスディナーなどでもお世話になっています。

次いで、3位は同率で、
銘酒居酒屋「よよぎ」と居住地最寄「ふじ蔵」が15回。
「よよぎ」は定期的に足を運び、
「ふじ蔵」は何より使い勝手が良く美味しい。
来年も多く食事に向かうと思います。

続いて、13回で4位となったのは「洋酒店醇」、
こちらは落語の話も出来る、
流石の多芸博識店主殿の成せる技。
同率4位でラーメン屋さん「麺肴ひづき」が入ります。
限定とつけ麺と。これを食べに足を運びました。

5番手につけたのは、
12回で大衆居酒屋「風林火山」です。
2011年は年初め年の暮れそれぞれで遊びに行く結果になりました。
長野酒を味わうならば、やっぱりここですよね。

6位はラーメン屋さんから、
「俺らラーメンちょもらんま」へ7回、
平出酒店併設スタンディングバー「8オンス」へも7回、
「ちょもらんま」は、つけ麺をYOKOさんが気に入った事が大きい。
「8オンス」はお酒を楽しめる事が何よりだし、
菊生師匠の落語会前の食事として、
だいたい16時からの開店に、とても助けられています。

喫茶店としては、
城山公園「憩の森」に6回、
朝日村の「シュトラッセ」に4回…なのだけれど、
もうちょっと行っている気がします。
どうにもメモに残し難い模様。

土曜、日曜に安城出張もあり、
土曜日に落語がある日は、
それまでの飲みとは別の経過を辿るので、
赴く飲食店さんにも変化があり、
身体に無理をしない飲みであった1年でありました。



暮れにYOKOさんと、
今年、印象に残った料理やお酒は…?
…そんな会議を炬燵の席上で催しました。
是非とも、もう1回食べたい、もっと楽しみたい!
それはなに?…と。

僕は、
大町・ハングリーボックス「ユキ」の、
スパゲティが好み過ぎていけません。
太麺で炒めたカタチ、
子供の頃、大好きだった喫茶店「紋」のそれに近く、
たまらないんです。大好物。
そして、
戸倉上山田・大黒食堂の「ニンタレカツライス」に初到達。
ラーメンは食べた事があったのだけれど、
いやはや、名の轟くばかり、この理由を味わう事ができました。

YOKOさんは、
昨年から続くものだけれど、
「私はやっぱり…」と言って名前が出たのが、
中町「トキシラズ」のバーニャカウダ、
「俺らラーメンちょもらんま」の「ちょもつけ麺」、
波田町「ハンリュウ」のドラゴンラーメンなど。

「ふじ蔵」名物の水餃子も心から大好物。
足繁く通う理由にもなっています。
穂高有明の「丸一ラーメン」も、
きっと年に1回くらいしか行けないのだけれど、
記憶に残る美味しい一杯でした。

更に僕から、
中野・三幸軒「食酒楽会」イベントで登場した、
小布施栗を使った春巻の美味しさは忘れられない…と。
つい先日、緑町「廣東」で食べた鶏チャーシューも、
是非、また食べたいとYOKOさんから。
確かにあれは旨かった。

日本酒も、お酒もそうだし、
料理もそうなんだけれど、
やっぱりそれぞれに美味しい訳で、個性があって、
店毎に楽しさと人の顔が浮かぶ、
それこそが食べ歩く楽しさ、醍醐味なんだと感じます。
感謝と共に、
今年もまた期待して遊びに行きます!

日本酒で記憶に燦然と輝いて残っているのは、
中野市、井賀屋酒造場「岩清水」が醸す、
小古井宗一杜氏が醸す「純米五割麹」無濾過瓶火入れ!
これを55℃〜57℃に燗にしたものが、
年間最高金賞であると感じています。
YOKOさんも僕も大好きな1本!
今年の造りにも大いに期待しております!

そして、松本市島内、笹井酒造「笹の譽」が醸す、
夏の特別純米直汲み生(水色ラベル)も美味しかった!
普段通り4号瓶で購入しましたが、
「それじゃあ足りないよ!」と、
飲み干し後、すぐに山屋酒店に走りました。
一升瓶を購入。
そして、その当時書いていた酒落語にも、登場しています。
印象に残る1本でした。
笹井さんの今年の造り、既に始まっています!
今年も楽しみな松本の雄!

またYOKOさんと当日最後の一杯を取り合うほどだった、
摩幌美で頂ける「スコッピー」も良かったですね!
スコッチ+ホッピー=スコッピーです。
心地好い味わいは冬も飲みたい逸品です。



さあて、長く申し上げましたが、
本日はお時間と言う所でございます。

今年もめいっぱいに楽しんで行きたいと思います。
SOJAとYOKOのブログ「酒 宗夜」、
2012年での変わらぬご贔屓を賜りますよう、
深く深くお願いをしつつ、
読んで下さる皆様のご多幸を祈念致しまして、
これにて。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

「ありがとうございました」を2回書くのは、
多く残っていた志ん朝師匠の音源、
それぞれ緞帳が下がり切るまで、
師匠の感謝の言葉が入っていたからこそ、
自分もそうして、
深く、読んで頂いた感謝を伝える様にしています。

冒頭は憧れの圓菊師匠から。
憧れを追い掛けつつ、
こうして文字を書いて行きます。




2010年の感謝を込めて、元旦にはこの日記を!(2010年・訪店リスト&購入お酒リスト)
(  http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/20102010-659f.html  )

2009年の感謝を込めて、元旦にはこの日記を!(2009年・訪店リスト&購入お酒リスト)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/20092009-e215.html )

Positive!(2009年1月1日・数字的2008年総録)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/positive2009112.html )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »