« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011年11月13日 - 2011年11月19日

2011年11月16日 (水)

【三〇四酒総覧_6】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)


えー、誘惑箇所の多い中、
いっぱいのお運び様でございます。
気楽なところで一生懸命、書いて行きますので、
どうぞお付き合いくださいませ。

さて、連続して更新して参りましたが、
いよいよ今回で最後、仕舞いとなります!
長野酒メッセin長野、2011年度版、
試飲リストのまとめとなってございます。
今回は、これまで並べて参りましたリストのうちの、
高得点部分だけを抜き出しまして、
また、イベントを通して自分が感じました事もまとめて、
おしゃべりをさせて頂く…なんて事になってございます。

結局のところ、総試飲点数は304種類となりまして、
昨年の2010年の255種類を大きく更新致しました。
いろんな長野酒を感じることが出来まして、
誠にありがたいなぁ、と思う所でございます。
その間のイベント…
何だか壇上で挨拶などがあった様ですが、
残念ながら、試飲に夢中で左耳から入って、
右耳へ通り抜けて留まり知らずでございまして、
そうした記録は残せない事になってございますので、
ご承知置きを願っておきます。

ちょんちょんと電卓をはじいてみますと、
こんな数字が出ております。
☆3.8以上は74酒で23%、
☆3.9以上は14酒で5%、
☆4.0以上は6酒で2%…べらぼうに低い値となって参りまして、
最高峰、☆4.2は2酒なので0.7%となる様でございます。
どの日本酒を楽しんで来たのか、
どんな銘柄を注目しているのか、
それが分かる今回の自分用大長編ブログ、
仕舞いのお支度、調いましてございます。
おあとがよろしいようで。


【 ☆3.8以上の長野酒をまとめる! 】

191:☆3.8↓:高天・大吟醸
203:☆3.8↓:本老の松・大吟醸
74:☆3.8↓:笹の誉・純米・直汲み(精米歩合80%)
160:☆3.8↓:水尾・特別純米“金紋錦”

1:☆ 3.8:岩清水・本醸造・無濾過瓶火入れ・20BY
4:☆ 3.8:岩清水・純米吟醸・無濾過瓶火入れ・21BY
9:☆ 3.8:勢正宗“ひやおろし”・純米無濾過原酒・もち米熱掛け四段
22:☆3.8:金蘭黒部“特撰”・大吟醸
24:☆3.8:美寿々“みすずラベル”・特別純米・無濾過生原酒
29:☆3.8:大信州“別囲い”・純米大吟醸ひやおろし
31:☆3.8:大信州“別囲い”・純米吟醸ひやおろし
39:☆3.8:大雪渓・大吟醸
54:☆3.8:木曽路・大吟醸
66:☆3.8:岩波“零ノ参式”・普通酒・1年以下常温生熟成(タンク)
73:☆3.8:笹の誉・純米吟醸・直汲み(9号)
79:☆3.8:アルプス正宗・純米大吟醸
90:☆3.8:笑亀“直汲みラベル”・特別純米・無濾過生原酒
95:☆3.8:若緑“風の露”・純米吟醸ひやおろし
98:☆3.8:若緑・大吟醸
111:☆3.8 :七笑“銀華”・大吟醸“美山錦”
114:☆3.8 :川中島幻舞“田舎あぜみち”・特別純米
117:☆3.8 :川中島幻舞・吟醸・無濾過生原酒・斗瓶取り
122:☆3.8 :姨捨正宗“活性生”・純米吟醸
128:☆3.8 :十九“Sur Lie”・純米吟醸“14号酵母”
143:☆3.8 :北信流・純米大吟醸・生
145:☆3.8 :豊賀“氷温熟成仕込み壱号”・特別純米・生原酒
146:☆3.8 :豊賀(米川正宗)・特別純米ひやおろし“しらかば錦”
147:☆3.8 :豊賀(米川正宗)・特別純米ひやおろし“ひとごこち”
152:☆3.8 :天領誉“吟粋雪”・大吟醸
172:☆3.8 :麗人“ロゼ・スパーク”・日本酒(発泡性)
177:☆3.8 :本金・大吟醸
180:☆3.8 :本金“悠久の一滴”・純米吟醸
181:☆3.8 :本金・純米
186:☆3.8 :真澄“山花”・純米大吟醸
204:☆3.8 :本老の松“松翠”・純米吟醸
208:☆3.8 :“酒殿”芙蓉・吟醸
216:☆3.8 :澤の花・純米大吟醸
217:☆3.8 :佐久乃花・純米吟醸・無濾過生原酒“長野県C酵母”
218:☆3.8 :佐久乃花・純米吟醸・無濾過生原酒“長野県D酵母”
220:☆3.8 :黒松仙醸・純米・無濾過原酒
229:☆3.8 :信濃錦“秘花”・純米大吟醸
232:☆3.8 :井の頭・純米大吟醸“山田錦”
235:☆3.8 :信濃鶴・純米大吟醸
273:☆3.8 :喜久盛・大吟醸
284:☆3.8 :福無量・純米吟醸ひやおろし
287:☆3.8 :福無量“酣中存真楽”・大吟醸

45:☆3.8↑:北安大国“山響”・大吟醸
26:☆3.8↑:美寿々・大吟醸
123:☆3.8↑:信濃光・大吟醸
127:☆3.8↑:信濃光“積善・ひまわり酵母”・純米
38:☆3.8↑:大雪渓・普通酒・蔵出し無濾過生原酒
185:☆3.8↑:真澄“七號”・山廃純米大吟醸
219:☆3.8↑:佐久乃花・純米吟醸・無濾過原酒“7号酵母”
223:☆3.8↑:黒松仙醸“金賞受賞酒”・大吟醸・無濾過原酒
259:☆3.8↑:千曲錦“酒の精”・大吟醸
274:☆3.8↑:喜久盛“五星霜”・大吟醸・原酒・5年古酒

72:☆3.9:笹の誉・純米吟醸・直汲み(9号+18号)
28:☆3.9:大信州・純米吟醸“やまだふぁーむ”
121:☆3.9 :姨捨正宗“氷温貯蔵10年”・純米大吟醸・12BY
222:☆3.9 :黒松仙醸“松治郎”・大吟醸・無濾過原酒
231:☆3.9 :井の頭・純米吟醸
234:☆3.9 :井の頭・大吟醸
243:☆3.9 :今錦・純米吟醸・無濾過火入れ
105:☆3.9↑:松乃尾“金賞受賞酒”・純米大吟醸・無濾過原酒

71:☆4.0:笹の誉・純米吟醸・中取り
188:☆4.0 :真澄“夢殿”・大吟醸
27:☆4.0:大信州“手いっぱい”・純米大吟醸
30:☆4.0:大信州“香月”・大吟醸

3:☆ 3.9:岩清水“五割麹”・純米・無濾過瓶火入れ・22BY
118:☆4.2 :川中島幻舞“HARMONIC EMOTION"・純米大吟醸・無濾過原酒

☆4.2、岩清水に関しましては燗において☆4.2となっております。
先日も第14回・食酒楽会において再び賞味致しましたが、
いやあ、旨い。実にこの燗酒は旨いです。
何でも静岡、また関西に赴く中で、
燗酒を楽しんでいる皆様がいて、実に好評なのだとか。
分かります。すごく分かります。


【 注目の蔵元さんは…? 】

元から好きな蔵元さん…ご贔屓にしたい!
…そんな蔵元さんが、ええ、既にございまして、
例えば、岩清水、笹の誉、勢正宗、大信州、
佐久乃花、川中島幻舞、本金、井の頭、美寿々、
木曽路&十五代九郎右衛門、北安大国、
豊賀、澤の花…などなど。
例えば、居酒屋さんでお見掛けすれば、
「お、注文してみようじゃねぇか」と思う銘柄…

…逆にメニュウには「酒」としか、表記がなく、
「それ、中身はなんだい?」と問うと、
「さぁて、何だっけ?日本酒は日本酒だよ!」
…なんてぇ事もございますから、
そうした場合とは異なる、
「あぁ、このお酒たちがあれば幸せだ!」と、
思えるご贔屓の日本酒がある中で、
元々知ってはいたけれど、
今年からもっともっと知って行きたいなぁ…
…そうした蔵元さんを記録として残しておきたいと存じます。

黒松仙醸…
もう言わずと知れた銘醸ですけれども。
ずーっと前、2006年の赤レンガ倉庫での試飲会で、
実は丸山さんとはお会いしていて、
その時には、
「良いお酒とレギュラー酒とをちゃんと区分けして、
 CM以上に、もっと良い酒として知って欲しい」
…なんて仰っていました。
県内ならでは、レギュラー酒のイメージが強すぎる蔵があります。
そんな中で「仙人蔵」と言うシリーズは、
その中間に位置する手に取りやすく美味しいお酒を目指したい…
…そうお聞きしました。

けれど、「こんな夜に・・」シリーズを経て、
こうして試飲してみて、
上から下まで、みんな美味しいお酒を醸しているじゃないか、
それはたいへん素晴らしいことだなぁ…と思う次第。

信濃光・積善…
茨城・来福蔵に修行に行き、長野県内唯一の花酵母蔵。
そして、独自の個性が見える蔵元さんです。
試飲リストに書いた通りで、
香味に特長があり、他では代えが利かないお酒になりつつあります。
今後とも期待して行きたい蔵元さん。

…それにしても、落ち着いているので、
きっと年上さんだと思っておりました。
年下さんであんなに落ち着いておられるのは羨ましい気もします。

今錦…
僕にとっては、
四ツ谷「日がさ雨がさ」でそれ相応の種類を飲ませて頂き、
その良さを知るに至っております。
こちらも香に特徴があり、酸の雰囲気が、
県内のどの蔵元さんとも異なります。
積善を男酒とするならば、今錦はどこか女酒的な印象があり、
芯のある造りを感じています。
こう…飲んで直ぐに「うまい!」ではなく、
ひと呼吸おき、染み込み始めて「うまい!」と言いたい感覚。
全体的にツルンと玉子肌と言った感じなんですよネ。
いやはや、注目です。

若緑…
本文中でも書きましたが、
本当に中信地区においてはお見かけしない銘柄です。
けれど、質の良さ、透明感、喉越しの透き通る雰囲気は、
県下随一と言っても良いくらいに心地好く感じました。
全体的に綺麗な酒質ですが、
それがキリリとし過ぎない、かと言って硬過ぎない、
凛々しさがあって好みであるなぁ…と感じました。
冷やして美味しい銘柄と言う印象もありますネ。

互・福無量…
互シリーズは7号系酵母のシリーズ、
7号系らしい香、味わいは取った部分で異なったり、
生で熟成させてあったり、
その年、その年の美味しさがあり楽しいですね。
今年は福無量の純米吟醸が記憶に新しく、
非常に良いバランスで頂く事が出来ました。
共に良い酒質、今後も様々な提案がありそうだなぁ…と感じました。

姨捨正宗の生…
姨捨正宗と言うと、全くと言って良いほど生酒の印象がありません。
火入れ酒が主体ですし、
実際に蔵元に足を運んだ際にも、
購入するべく選ぶ商品は、全て火入れ酒でした。
今回、生酒や古酒などの…けしてキワモノではないのですが、
多く流通していないものを飲ませて頂いて、
とても美味しく感じました。もっと知りたいと思いました。
蔵元さんのお考えによって、
火入れ酒が主体なんだとは思いますが、
どうか生酒もいくらか僕らに届くカタチで飲ませて頂けたらなぁ…
…そんな風に感じました。
いやあ、本当に美味しかったので!

以上、5蔵元さまをピックアップさせて頂きました

一周の後、岩清水ブース、笹の誉ブースに寄って帰りました。
どちらも心から応援しております蔵元さんです。
今年の造りも楽しみで仕方がなく、
新酒の報をお待ち申し上げておりますが、
新酒で飲んで旨かったり、実はその後、少し経ってから…
もしくは秋になって、熟成して旨いなんて事もございますから、
日本酒てぇのは1年を通して僕らを楽しませて下さいますな。

さて、「是非もう1回呑みたい!」と会場でも思った僕は、
前回のリスト304番の後に、岩清水ブースに向かいました。
「あの燗酒をくださいな」と申しますと、
人が増えて大忙しの杜氏さんが、
「今は燗酒が切れてしまっているから、
 これから付けますね」と仰ってくれます。
こっこっこっと一升瓶から酒がチロリに落ちて行きますが…

「…あれっ」

…チロリの志半ばでお酒が終わりました。
相当に人気であったのでしょう。
岩清水・純米五割麹・無濾過瓶火入れ、目の前で終了し、
またその最後の雫を頂戴する事が出来ました。
(強いて言えば、初回、開封時も頂戴してますんで、ええ)
こうしたところもご縁の賜りものと言うのでしょうか。
ありがたやありがたや…と思っておりますと。

「あぁ、やっぱりここにいた」

…と声を掛けられます。
振り返りますてぇと、
先ほどお会いしたgootara39さんがお友達と居られまして、
これ幸いと「岩清水」を飲んで頂きました。
そして、モルトの会でお会いするN村くんも偶然に居合わせ、
「この燗酒の旨さを知ってもらえたら嬉しい」方々が、
ちょうど良い時分に揃って、美味しく味わう事が出来ました。

ただ、57℃を超えない方が良さそうです。
香が違う。燗冷ましでも、55-57℃以内に収めた時の香が出難い。
先日、更に1本購入してきたので、
この冬は春までゆっくり燗酒も楽しんで行こうと言うところ。

今回はYOKOさんと一緒に参加しませんでした。
流石に数時間も、まさに酔狂な量を試飲するわけで、
これにつき合わせてしまうのも申し訳ないところ。
YOKOさんを知っている方からは、
「あれ?YOKOさんは?」と聞かれる事が、
とても多かったです。
だいたいが共に行動しておりますから、納得と言うところ。
数日後の多摩独酌会には、ふたりで参加しております。

会場から出たところで、モルトの会のN澤さんに会いました。
今錦のトロピカルフルーツ香や、
積善(信濃光)のグレープフルーツ香の話をします。
ここでももちろん「YOKOさんは一緒じゃないんですか?」と聞かれました。

そして、19時40分の特急しなのに乗って松本へ戻る。

今年も良い酒に出会う事が出来、充実の1日でした。
蔵元さんは、
またこれから造りに入られ…
いや、既に入られているお蔵さんも多くございます。
新酒が仕上がり、活気付く日本酒の世界を追って行きたい、
味わって行きたいと思います!

6日間に分けて更新致しました、
長い長いブログ記事にお付き合いくださいまして、
誠にありがとうございました。
ちょうどお時間となりまして、以上とさせて頂きたく存じます。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

_result


【 2008年の記録 】

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(1)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230120081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(2)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230220081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(3)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230320081016in-.html )

2007年、2006年、2005年の記録は「mixi」上にアップしてあったりします。

【 2010年の記録 】

【二五五酒総覧_1】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_1in20101014-39.html )

【二五五酒総覧_2】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_2in20101014-2d.html )

【二五五酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_3in20101014-78.html )

【二五五酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_4in20101014-df.html )

【二五五酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_5in20101014-ee.html )

【 2011年の記録 】

【三〇四酒総覧_1】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/_1in20111013-37.html )

【三〇四酒総覧_2】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/_2in20111013-6c.html )

【三〇四酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/_3in20111013-16.html )

【三〇四酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/_4in20111013-bc.html )

【三〇四酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/_5in20111013-35.html )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

【三〇四酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)


長野酒メッセin長野、試飲リスト第5弾!

登場する蔵元さんは、

【 No.57 / 大国酒造 / 伊那 】
【 No.58 / 喜久水酒造 / 飯田 】
【 No.59 / 大塚酒造 / 小諸 】
【 No.60 / 千曲錦酒造 / 佐久 】
【 No.61 / 木内醸造 / 佐久 】
【 No.62 / 黒澤酒造 / 佐久穂 】
【 No.63 / 信州銘醸 / 上田 】
【 No.64 / 和田龍酒造 / 上田 】
【 No.65 / 岡崎酒造 / 上田 】
【 No.66 / 沓掛酒造 / 上田 】
【 No.67 / 武重本家酒造 / 佐久 】
【 No.68 / 土屋酒造店 / 佐久 】
【 No.69 / 大澤酒造 / 佐久 】

…の13場です!

【 重要!感想リストについての注意事項 】

以下のリストは、
SOJAが何も考えず、「これくらいかなぁ」と付した点数でございます。
点数が高かろうと低かろうと、
SOJA以外のお方には、きっと参考になりません。

例え、僕自身が高評価であったとしても、
それは、どなたかの最低評価である場合も然り、
SOJAが「あぁ、苦手だなぁ」と思ったものが、
偶然居合わせた電車1両全員が絶賛する銘酒である場合も然り。

あくまで、
蔵元さんが一滴の中に込めた思いを、
全く飲み込む事無く、
SOJAが自分自身の好みを判別するために、
点数を付しているだけの記録ですので、
高い点数であろうと、
低い点数であろうと、
もし気になるものがおありでしたら、
是非、ご自身の舌で長野酒を味わってから、
判断して頂きますとよろしいかと存じます。

ただの一覧、リスト、羅列、
遠目で見れば視力検査でしかなく、
チラシの裏にメモをする如くであり、
けして絶対評価でない事をご承知置き下さいませ。

自分自身の“ものさし”として、
点数には基準を設けてございます。

☆5.0満点で、

☆5.0が良い方向、
☆1.0が苦手な方向とします。

基本値を「☆3.5」としまして、☆0.1刻みにて点数付けを行っております。
☆4.0以上、☆3.0以下は、
あまり付けない様にしてリストを作って行きました。
だので、
「☆3.5」を「ふつう」と致しますと、
「☆3.8」以上は「美味しいなぁ」となり、
「☆4.0」以上は「これはすごい!これはうまい!」となります。


【 No.57 / 大国酒造 / 伊那 】

247:☆3.0:大国・純米吟醸
草の香。ろうそくの味

248:☆3.2:大国・純米
生熟成香→甘味へ。熟成香に裏打ちされる香が主体的

【 No.58 / 喜久水酒造 / 飯田 】

249:☆3.7↓:喜久水“聖岳”・吟醸
あたたかみ、丸みもあり、バランス、良い味わい

250:☆3.5:喜久水“風越”・純米
ザラッとしつつ、甘味少し。旨味も少し。癖のない感じ

251:☆3.5↓:喜久水“高嶺錦”・特別本醸造
味、中庸。よくある感じの食中酒

【 No.59 / 大塚酒造 / 小諸 】

252:☆3.5:浅間嶽“献寿”・純米・生
よく冷えている。どこか薄く酸っぱい感じも。十九っぽい雰囲気が少し

253:☆3.6↓:浅間嶽“あさまおろし”・純米吟醸・生“雄町”
生熟系、しかし米の旨味が追い駆けて来る。鈍く、苦い感じもある

254:☆3.6:浅間嶽・大吟醸
バランスはあるが、大吟醸と言うより、
もうちょっとこう…大吟でなくてもありそうな雰囲気

【 No.60 / 千曲錦酒造 / 佐久 】

255:☆3.6:千曲錦“帰山”参番・純米吟醸・生
重くて、くすむが、酸の丸みが良い。後味に辛いくらいの酸

256:☆3.5:千曲錦・純米ひやおろし
ゆっくり味。淡麗っぽい。苦味渋味が少しあって、白をイメージする味わい

257:☆3.6:千曲錦“帰山”参番熟成・純米吟醸・1回火入れ
ヨーグルトキャンディが奥にいて、
適度な熟れを感じる、酸の雰囲気からしても悪くない

258:☆3.6↑:千曲錦“吉田屋治助”・純米大吟醸・生
硬い、冷え過ぎ、軽やかっぽいが水っぽさも感じ、奥に香が出て来る

259:☆3.8↑:千曲錦“酒の精”・大吟醸
良い香。これだけで良い酒の印象になるほど。バランス、軽さあり、華やか

ここで「摩幌美」モルトの会でもお会いするN村さんにお会いしました。
アウトドア・ウイスキーフェスティバル会場でも、
熱心、かつ精力的に動いておられ、勉強熱心だなぁー…なんて思っておりましたが、
日本酒にも興味がおありとは!
なんだかたいへん喜ばしく、お会いできた事を楽しみ、
また、最終段の「岩清水」ブースでの出会いに相成ります。
それにしても、ウイスキーに興味があるからか、味わいを知ろうとしている、
探求者のおひとりであるからか、
味わいの表現、
千曲錦・帰山と言う個性に対する感受性、お聞きしました。
やはりこの酸の在り方に興味を持たれた様子。
飲んだ方しか分からない独特な帰山的酸の味わい、
これこそ、蔵の個性ですよね!


【 No.61 / 木内醸造 / 佐久 】

260:☆3.5:初鶯“凍米”・純米
サッパリ。ほの甘の芯。奥にビニールっぽさ

261:☆3.3:初鶯・本醸造
少し酸い香だが、バランスのある味わい。低めの部分でまとまっている

262:☆3.6:初鶯・大吟醸
香が少なめ、キリキリ感がうっすらある。
昨年の真澄・夢殿ってこう言う感じだった

263:☆3.5:初鶯“十年古酒”・大吟醸
ビニールっぽい香、飲むとスキッとして味は軽く、ビニール香が戻って来る

264:☆3.6↑:初鶯“生一本”・純米
味の含み、芳しさがひっそりとある。
これがラインナップの中でも良い雰囲気かなぁ

【 No.62 / 黒澤酒造 / 佐久穂 】

265:☆3.4:井筒長・大吟醸・斗瓶取り
加水感あり。惜しく感じる。原酒なら、さぞ香とコクが良かっただろう

266:☆3.5:井筒長“礎”・生もと純米吟醸・無濾過原酒秋あがり
味乗りあり、辛味、辛口でバランスを取っている。渋味が背中に常にある

267:☆3.6:黒澤“YSP2”・純米・中取り
サッパリした酒質。硬め

268:☆3.5:黒澤“9630-80”・純米(精米歩合80%)
カラッとして、のちにウェット。辛味、渋味も少しあるが、まとまっている

269:☆3.7:黒澤ヴィンテージ・2007・純米吟醸・無濾過原酒
綺麗に熟成した感じ。米の旨味が伸びてきて良い

270:☆3.4:井筒長・本醸造
何もない。水みたい。それにしては埃っぽい。料理酒っぽいと言うか…

【 No.63 / 信州銘醸 / 上田 】

271:☆3.5:喜久盛“限定酒”・特別純米
ぬくみ、柔らかさ、上手にまとまり。卒がない。甘めな雰囲気

272:☆3.5↑:喜久盛“瀧澤”・純米吟醸
バランスが良い。これも卒がない。味に綺麗なまとまり、やや冷たい

273:☆3.8:喜久盛・大吟醸
綺麗で美味しい。上手な吟醸と言う感じ。バナナ系の香味

274:☆3.8↑:喜久盛“五星霜”・大吟醸・原酒・5年古酒
古酒系の香は薄い。ベースの味の良さが広がる感じ

【 No.64 / 和田龍酒造 / 上田 】

275:☆3.6:和田龍“登水”・純米吟醸ひやおろし“常温熟成”
軽い香。味は乗っていて螺旋のキュルキュル感、集約感が続く感じ

276:☆3.7:和田龍“登水”1年熟成・純米
↑より更にキュルッとした感じ。キレイで、旨味がゆっくりハッキリ広がる

277:☆3.6↑:和田龍“登水”・純米吟醸“0度熟成”
比べると洗練した感じ。辛味と味わいの双方が立つ。少しザリザリした感じもする

【 No.65 / 岡崎酒造 / 上田 】

278:☆3.6:亀齢“双葉”・発芽玄米酒・5年貯蔵熟成
たくあんと香ばしい麦っぽい香。ほうじ茶の甘いものの様な雰囲気

279:☆3.5:亀齢“綏酔”・純米吟醸
一瞬バランスがあり、その後、強く苦味を感じ、更に硬く辛く変化する感じ

280:☆3.4:亀齢・純米
水のような。丸っぽい感じ。スタンダードっぽく、クセもない感じ

【 No.66 / 沓掛酒造 / 上田 】

281:☆3.7:福無量“互・抑え秋あがり”・純米吟醸
香はセメダインっぽいが、
その後のキリッと爽やかさに通じていて、全体に良いと感じさせる

282:☆3.7↑:福無量“互・定番”・純米吟醸
柔らかく7号系の香で、爽やかさ、適度な辛さ、メリハリのある力加減で良い

283:☆3.6↓:福無量・吟醸・原酒生貯蔵21BY
硬さ→軽さへの伸び。アッサリ。

284:☆3.8:福無量・純米吟醸ひやおろし
美味しい。香高く、バランスが良い。
甘味が良い感じで存在。YOKOさんに飲んでみてもらいたい

285:☆3.6:福無量“郷の舞”・特別純米・原酒
軽さ、綺麗な雰囲気、上手に飲ませる

286:☆3.5↓:福無量“郷の舞”・特別純米
↑に加えて、辛さが存在して、薄く感じてしまう

287:☆3.8:福無量“酣中存真楽”・大吟醸
香り高くて美味しい。バナナっぽく、透明感もあって、良い出来と思う

多彩さ…この蔵元さんにも当てはまりますね。
「互」「福無量」「郷の舞」のハッキリとした路線の差、
味わいの表現力を感じました。
今回はとかく福無量の純米吟醸ひやおろしが良かった!
可憐で、くったくのない雰囲気。美味しかったですね!

夏に四ツ谷三丁目で開かれた「大長野酒祭」にて、
「互」ブログの存在を知り、相応に覗いていましたが、
てっきり、ラヲタ街道驀進中の
「サクラ井」氏が蔵元さんだと思っていましたが、どうやら違うご様子で。
「蔵元です」と登場される方が、蔵元様とのこと。
そうした情報も頂きながらの試飲となりました。
また、ここで、ある…お待ちしていたお電話があり、
ワクワクと、ひとたび会場を出る事になります。

まさか、1度お会いしていたとは。
でも、確かな事は思い出せないけれど、
遠い昔、誉めてもらって名刺を配ったような…
…そんな記憶があります。
「あなたは凄いですね」と、
この抑揚でこの声で聞いた事がある様な…
入り口から見て会場の奥の方、
出来立てのさかずきん名刺を持ち、渡した様な…
確かなことだとは言えないのだけれど、
そんな風に今を以って思っております。

ついで、10月29日、塩尻ワイナリーフェス、
そして、11月25日、戸倉上山田温泉にてご縁がございます。
良い出会い、酒の縁に感謝です。

【 No.67 / 武重本家酒造 / 佐久 】

288:☆3.6:御園竹“牧水”・生もと純米吟醸
酸くて甘くて、こう言う酒、醸す個性を感じ、
こうした雰囲気で、まとまっている。じんと残る感じ

289:☆3.6↓:御園竹“旨口”・山廃普通酒
更に熟れて行くだろう感覚。加水などで飲みやすくした雰囲気。
酸あり。ぬる燗はあんまり…

290:☆3.6:御園竹“蔵内生熟成”・普通酒ひやおろし
栗味。温かみあり、酸もあり。甘味もあり、強く旨口

291:☆3.6:御園竹“泡泉花”・日本酒(発泡性)
米っぽい雰囲気、炭酸は強め、米の余韻が残る。
甘酸っぱさは、やや甘酸っぱい程度

【 No.68 / 土屋酒造店 / 佐久 】

292:☆3.7 :亀の海・大吟醸“山田錦”
軽くて薄くて水っぽい。
グリーンカラーを感じつつ、それは透けて見える感覚

293:☆3.6 :亀の海“茜さす”・特別純米
味あり、酸味少し、もっと熟成したものを飲んでみたい

294:☆3.5 :亀の海・純米吟醸
アッサリ、水っぽい。薄すぎてクリアな感じ

295:☆3.5↓:亀の海・特別純米
味が渋さと共にある。バナナが奥に少しだけ存在している

296:☆3.4 :亀の海“夕やけ小やけ”・山廃特別純米
サッパリ。冷え過ぎ。旨味なくスッキリ感じる

297:☆3.5 :亀の海“土屋のぶどうのおさけ”・リキュール(コンコード使用)
ぶどうジュース。飲みやすくあり、ワインとは異なる味わい

【 No.69 / 大澤酒造 / 佐久 】

298:☆3.6 :明鏡止水“垂氷”・純米・槽しぼり
バランス、味しっかり

299:☆3.6 :明鏡止水“m10”・純米大吟醸
硬い。水感と酸の感じ

300:☆3.5 :明鏡止水・純米吟醸
味あって丸みもある。でも、まだまだ硬い感じ

301:☆3.5↑:信濃のかたりべ・純米
こちらの方がコンセプトが分かりやすい。味を出した感じ


一周して、ふらりふらりと飲んでいなかったなー…なんて言う酒を探す。
でも、モロ混み。芋を洗うかの如くの混み具合。
一周制覇!…と思うと、ひと仕事やり切った様な心持ち。
混み具合も手伝い、3種類だけ試飲をし、
あとは帰ろうと思い、
帰る前に寄りたい、ちゃんと喉を通して呑みたいと思う、
ある蔵元…2つのブースを目指す。

302:☆3.6 :木曽のかけはし“杣酒”・普通酒・原酒
うん?こんなにべっこう飴っぽい味だったっけ。
温度もあるのか、甘味が立ち過ぎている感じ

303:☆3.6↑:岩波“いわなみラベル”・純米吟醸・無濾過生原酒
熟れが強めに感じる。甘くて強さを持った感じ

304:☆3.6 :岩波・大吟醸
少し古酒っぽさを感じるが綺麗なバランス。上田・月吉野の薄い感じ

しかしながら、
うっかり佐久の橘倉「菊秀」ブースに立ち忘れました。
大吟醸、純米大吟醸「蔵」とかあったでしょうか…。


以上、「三〇四酒総覧」の「5」と致しまして、
試飲リストを掲載しました!
次回は、☆3.8 以上、高得点をまとめる回とさせて頂きます。

お付き合い下さいまして、ありがとうございました。
ありがとうございました。


【 2008年の記録 】

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(1)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230120081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(2)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230220081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(3)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230320081016in-.html )

2007年、2006年、2005年の記録は「mixi」上にアップしてあったりします。

【 2010年の記録 】

【二五五酒総覧_1】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_1in20101014-39.html )

【二五五酒総覧_2】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_2in20101014-2d.html )

【二五五酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_3in20101014-78.html )

【二五五酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_4in20101014-df.html )

【二五五酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_5in20101014-ee.html )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

【三〇四酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)


長野酒メッセin長野、試飲リスト第4弾!

登場する蔵元さんは、

【 No.43 / 高天酒造 / 岡谷 】
【 No.44 / 戸塚酒造店 / 佐久 】
【 No.45 / 古屋酒造店 / 佐久 】
【 No.46 / 志賀泉酒造 / 中野市 】
【 No.47 / 東飯田酒造店 / 長野 】
【 No.48 / 芙蓉酒造 / 佐久 】
【 No.49 / 伴野酒造 / 佐久 】
【 No.50 / 佐久の花酒造 / 佐久 】
【 No.51 / 仙醸 / 伊那 】
【 No.52 / 宮島酒店 / 伊那 】
【 No.53 / 漆戸醸造 / 伊那 】
【 No.54 / 酒造(株)長生社 / 駒ヶ根 】
【 No.55 / 小野酒造店 / 辰野 】
【 No.56 / 米澤酒造 / 中川村 】

…の14場です!

【 重要!感想リストについての注意事項 】

以下のリストは、
SOJAが何も考えず、「これくらいかなぁ」と付した点数でございます。
点数が高かろうと低かろうと、
SOJA以外のお方には、きっと参考になりません。

例え、僕自身が高評価であったとしても、
それは、どなたかの最低評価である場合も然り、
SOJAが「あぁ、苦手だなぁ」と思ったものが、
偶然居合わせた電車1両全員が絶賛する銘酒である場合も然り。

あくまで、
蔵元さんが一滴の中に込めた思いを、
全く飲み込む事無く、
SOJAが自分自身の好みを判別するために、
点数を付しているだけの記録ですので、
高い点数であろうと、
低い点数であろうと、
もし気になるものがおありでしたら、
是非、ご自身の舌で長野酒を味わってから、
判断して頂きますとよろしいかと存じます。

ただの一覧、リスト、羅列、
遠目で見れば視力検査でしかなく、
チラシの裏にメモをする如くであり、
けして絶対評価でない事をご承知置き下さいませ。

自分自身の“ものさし”として、
点数には基準を設けてございます。

☆5.0満点で、

☆5.0が良い方向、
☆1.0が苦手な方向とします。

基本値を「☆3.5」としまして、☆0.1刻みにて点数付けを行っております。
☆4.0以上、☆3.0以下は、
あまり付けない様にしてリストを作って行きました。
だので、
「☆3.5」を「ふつう」と致しますと、
「☆3.8」以上は「美味しいなぁ」となり、
「☆4.0」以上は「これはすごい!これはうまい!」となります。


【 No.43 / 高天酒造 / 岡谷 】

189:☆3.7:高天・純米吟醸・無濾過原酒
バランス、きれい、上手な造りを思わせる。整いとほの柔らかさ

190:☆3.7↓:高天・純米大吟醸
綺麗な甘味を感じる。スッとして、嫌味がない

191:☆3.8↓:高天・大吟醸
味のある大吟醸。しっかり味があって上品

192:☆3.7↑:高天・辛口純米ひやおろし
味があり、スイートさが裏打ちされている感じ

【 No.44 / 戸塚酒造店 / 佐久 】

193:☆3.5 :寒竹・特別純米
べっこう飴風の香味。丸みがある

194:☆3.5↓:寒竹・特別本醸造ひやおろし
↑より、少しあっさりした印象

195:☆3.5 :寒竹・大吟醸
特徴薄く、ゆるい感じがする。旨味があるだけって感じ

【 No.45 / 古屋酒造店 / 佐久 】

196:☆3.7:深山桜“和和和”・特別純米“ひとごこち”
バナナ→渋さの流れ。14号系の雰囲気。例年通りの出来

197:☆3.7:深山桜“和和和”・純米吟醸“美山錦”
やや苦味があるが、硬さに通じておらず、
酸が出ていて、サッパリ渋であり、これが良い感じ

198:☆3.6:深山桜“和和和”・純米吟醸“美山錦”ひやおろし
香が綺麗で旨味が存在している雰囲気。ラストにやや粉っぽさを感じる

199:☆3.7:深山桜・大吟醸
綺麗な大吟醸。水っぽさをやや感じ、品は少々

200:☆3.7:深山桜“辛口”・本醸造
辛く強い。パワー

【 No.46 / 志賀泉酒造 / 中野市 】

201:☆3.5 :志賀泉“一滴二滴”・特別本醸造
普通に旨味があって、香はあまりしない感じ

202:☆3.6↑:志賀泉“酔”・吟醸
ぬくい、良い吟香はある。このバランスは的確に感じる

【 No.47 / 東飯田酒造店 / 長野 】

203:☆3.8↓:本老の松・大吟醸
美味しい。味はほんのり、香がソフトに広がる

204:☆3.8:本老の松“松翠”・純米吟醸
やっぱり好みなんだな、このお酒。バランス、水の美しさを感じる

205:☆3.7:本老の松・普通酒・生貯蔵生原酒
果実っぽさとサッパリさがキリッとしつつ存在している

206:☆3.6:本老の松“純”・純米
辛味あり、身がある感じ

207:☆3.6:本老の松“辛口”・普通酒
バッサリとした感じで、奥に甘味を拾う

今年はアリス風の水色のお召し物で登場された、めしだ嬢。
長野酒メッセの華ですよね~。
銀さん、ピッコロさん、ヘタリアキャラクターも、
ブースには広げられておりました。

Photo_2

とりあえず、鹿マスクを撮影しつつ。
何より、トナカイカチューシャを付けていた杜氏さんがナイスでした。

お酒は「松翠」が相変わらず好印象でした。
全体的に持っている透明感は良いですね!
摩幌美のモルトの会で出会う、N澤さんに、
今年も「お寿司に合わせられる日本酒」としてオススメしてみたのだけれど、
試してもらえたでしょうか…。
何と言うか、イメージ上、合う印象なんですよね。

【 No.48 / 芙蓉酒造 / 佐久 】

208:☆3.8:“酒殿”芙蓉・吟醸
バランス良し!程好く軽くて!ちょうど良い、好みの感覚

209:☆3.7:手造り芙蓉“一念囲い”・本醸造
良い水感、バサリ、キレもありながら、適度なキリッとした面

210:☆3.7:芙蓉“姫奏”・純米吟醸
ザワッとしつつ、甘味が少し広がる

211:☆3.6↑:“酒殿”芙蓉・大吟醸
少し硬いか。もう少し寝かせてから飲みたい雰囲気がある

212:☆3.5:芙蓉“奥千曲”・純米
酸味、渋み、強い味。エネルギッシュ

…去年は「Twitterを見た」で良かったのですが、
今年は更なるハードルがありました。
恥ずかしいー…とは言え、楽しい趣向だと思います!
今年もありがとうございました!

Twitterで拝見していると、
蕎麦焼酎「天山戸隠」、芋焼酎「喜代作」も評価が高く、
日本酒も今年も安定の出来と感じ、
様々な取り組みをされている蔵元だと思います!

【 No.49 / 伴野酒造 / 佐久 】

213:☆3.7:澤の花“さらら”・吟醸
硬さの中に、果実がゆっくりと伝わって来て、次が欲しくなる味。ほの甘味

214:☆3.7↑:澤の花・純米
ミルキーで酸の雰囲気。酸の強さ。強くて旨くて、ギュッとしていて良い

215:☆3.7↑:澤の花・純米吟醸
↑と同じミルクっぽさがあり、旨い米の香、↑より、更に洗練された感じ

216:☆3.8:澤の花・純米大吟醸
香は同じ印象だが、味が更に伸びていく感じ。軽やかで、適度な旨さがある

今年も上々の仕上がりに感じました!
年毎に洗練の雰囲気を感じさせてくれます。
前年を踏襲しつつ、更に次へ…と感じさせる仕上がりなんですね。
松本で蔵元を囲む会なんてやらないのだろうか…
すごくやって欲しい蔵元さんです。
こう…全ラインナップを2~3年分垂直で楽しむとか…
…贅沢過ぎますかね。でも、飲んでみたいッ。

【 No.50 / 佐久の花酒造 / 佐久 】

217:☆3.8:佐久乃花・純米吟醸・無濾過生原酒“長野県C酵母”
バランス、甘味があってしっかり味が届く。この佐久乃花が好きだ!

218:☆3.8:佐久乃花・純米吟醸・無濾過生原酒“長野県D酵母”
わぁ!香良くて味も気持ちが良い。
香の華やかな軽くする雰囲気とごく味の充実と

219:☆3.8↑:佐久乃花・純米吟醸・無濾過原酒“7号酵母”
わわ!たっぷりの味感。充実感、密度。
この味わいの濃さはとっても良い。燗より常温がいいかも

今年、すごく出来が良いと思いました。めちゃくちゃ美味しい。
充実感、これに尽きます。
お酒に自信が溢れている、美味しいと酒が歌う、
酒の美味しさにこちらがお呼ばれして飲む…それくらい良い出来です。
生原酒らしい強さがあるけれど、
秋までの熟成もあるのか、程好い柔らかさと丸みがあり、
高みの状態を保ったまま、今がある感じがします。
素晴らしい!

※YOKOさんは一緒じゃないんですか?と聞かれる。

【 No.51 / 仙醸 / 伊那 】

220:☆3.8:黒松仙醸・純米・無濾過原酒
美味しい!香あって、明るくて、とにかくインパクトある、香、米味

221:☆3.5:黒松仙醸“仙人蔵”・純米・無濾過原酒
少し熟れを感じる味の強さ、
少し冷蔵庫的な香があるような(苦くてジンとする類の香が少し)

222:☆3.9:黒松仙醸“松治郎”・大吟醸・無濾過原酒
バランス良い。味あり、香あり。美味しい!

223:☆3.8↑:黒松仙醸“金賞受賞酒”・大吟醸・無濾過原酒
更にクリアな感じ。↑が好きだと物足りない気がしてしまうなぁ。
贅沢なことだけれど

224:☆3.7↑:黒松仙醸・純米“7号酵母”
うん、しっかり味。なるほど確かに7号系の雰囲気。甘味の上り心地が良い

大長野酒祭、信州清酒研究会を経て、社長さんを認識しました。
自分がブースに立った際も親切にして頂き、
いろいろお話もさせて頂きましたが、
その際にお隣にいた方と名刺交換をさせて頂きましたが…
いやはや、驚きました。

それはともかく。

「こんな夜に・・」もお持ちでしたが、
今回は「仙醸」を中心に味あわせて頂きました。
豊島屋さんブースでも、3日後の多摩独酌会で、
「豊香」を頂けるので省いていたりもし、
同様、11月3日の「城下町酒楽まつり」で、
「こんな夜に・・」を飲めるだろうと考えての選択でした。

結果、大正解。
11月3日には「こんな夜に・・」シリーズをバッチリ楽しむ事が出来ました。
山椒魚、鹿、雷鳥に満月まで!大満足でした。

【 No.52 / 宮島酒店 / 伊那 】

225:☆3.6:信濃錦“天墜”・特別純米・生原酒
熟成香の後、しっかりした味、ミネラルを感じる。
良い苦味と辛さを持つ

226:☆3.6:信濃錦・純米吟醸ひやおろし
綺麗さの奥に味があり、酒らしさがあり、味良く上る

227:☆3.7:信濃錦“一瓢”・特別純米ひやおろし
サッパリ。でもちゃんと味わいを残して行ってくれる。
キレがあり旨い。上手

228:☆3.6↑:信濃錦“命まるごと”・特別純米
草の味。味が染みている感じ。
余韻がグッと上がって来る。味が香に昇華され、米の旨味を感じる

229:☆3.8:信濃錦“秘花”・純米大吟醸
綺麗で上品。ほの甘く、美味しい

一時期、苦手意識を持って「信濃錦」を飲んでいましたが、
近年、味わいの力強さに惹かれる様になって来ました。
冒頭にも書いてありますが、
ミネラル感と言うか、米の旨さと言うか。
試飲会には、なかなか向かない銘柄であるとも感じています。
飲んでこそ、料理と合わせてこそ、
味わいの在り方が良いのだろう…と感じます。
実際に、その観点に気付いてから、かなり美味しく感じています。
実力蔵であるけれど、個性蔵とも思うわけで。
「信濃錦」と言う他にない味わいのエネルギーを感じますね。

【 No.53 / 漆戸醸造 / 伊那 】

230:☆3.7↑:井の頭・純米ひやおろし
7号系の香味。味わいあり、心地好いほの甘さ

231:☆3.9:井の頭・純米吟醸
バランス、味があり、旨い。
香も良くバランスが常に美味しく保たれて味わう事が出来る

232:☆3.8:井の頭・純米大吟醸“山田錦”
ふっくらしつつ、甘味、五味の揃い良い。↑と比べると、やや硬く感じる

233:☆3.7↓:井の頭・本醸造
熟香、瓶の雰囲気がある。うっすら、コク甘で、伸びる感じ

234:☆3.9:井の頭・大吟醸
すごい。穏やかな体の中に香がきらめく。とても良い

毎年、楽しみにして試飲させて頂いておりますが、
「おや、見た顔かも」なんて思って貰えているのでしょうか。
蔵元さんの迎え入れる、お優しい笑顔に癒されつつ、
お持ちになった全種類、試させて頂きました。

松本駅前「風林火山」で「井の頭」と言うと、
純米・無濾過生原酒の様な気がしてしまうのですが、
信州SAKEカントリーツーリズムでも購入した、
「純米吟醸」の在り方、バランスの良さが印象に残っています。
数年の試飲結果の中で、
「井の頭」蔵の大吟醸、純米大吟醸の造りは良く、
すでに存じ上げている中で、
「はて、こんなにも純米吟醸って旨かっただろうか」と思いました。
コメントにある通りで、
五味の充実、程好い華やかさと落ち着きのある雰囲気。
純米・無濾過生原酒もある種の方向性であり、
もちろん、大吟醸もまた別のベクトルの美味しさであり、
全ての中心にいて、均一化されていない、
個性を保った存在が「純米吟醸」だなぁ…と感じました。
本当に“冷温、常温、燗”全てに美味しく頂ける素晴らしい日本酒だと思います。
(事実、帰宅後に真っ先に、
 信州SAKEカントリーツーリズム・ストックから封を切りました)

【 No.54 / 酒造(株)長生社 / 駒ヶ根 】

235:☆3.8:信濃鶴・純米大吟醸
酸あって甘味あって、
ちょっと奥まっている感じで、甘味は余韻として伸びる

236:☆3.6:信濃鶴・特別純米
スタンダード感がある。味、旨味、中庸の世界観

【 No.55 / 小野酒造店 / 辰野 】

237:☆3.6:夜明け前“金ラベル”・大吟醸“精米歩合40%”
ピシピシする感じ。
最初は硬い印象だが、奥から香の芯を軸に広がって来る

238:☆3.7:夜明け前“白ラベル”・大吟醸“精米歩合50%”
↑より、こちらの方が、スルッと入って来る。
その分、どこか薄い…が、それ以上に冷え過ぎな気もする

239:☆3.7↓:夜明け前“辰の吟”・特別本醸造・生
冷え過ぎてよく分からない。
緩みはない、力の強さがきちんとあるし、優しい感じもある

240:☆3.7:夜明け前・純米吟醸ひやおろし
うーん、冷え過ぎてよく分からない、硬く感じる。
どこか香と味の綺麗さがあるとは思うが…

241:☆3.7↑:夜明け前・純米大吟醸
これは味わいを感じる。ちゃんと旨味があって良い。だが冷え過ぎである

242:☆3.6:夜明け前・純米“伊那産山田錦”
バランスあって、しっかりしていて、やや渋味があるか

最近、広丘駅前の「ふじ蔵」に家族で行く事が多いのですが、
その時の定番銘柄になりつつあります。
「夜明け前」それも「辰の吟」。
その時に比べて、
やっぱりこの日は、とっても冷え過ぎていた様に感じました。
美味しいのは知っているけれど、
知っているからこそ、もっと美味しく知りたかったなぁ…と感じます。

【 No.56 / 米澤酒造 / 中川村 】

243:☆3.9:今錦・純米吟醸・無濾過火入れ
甘味、軽さ、ふわっとした味の濃さ。
うん、美味しい!18号系+9号系だそうだ

244:☆3.7↑:今錦・純米“7号酵母”
うあ!果実味+7号系の辛い感じ!香が上る、ふわ甘の雰囲気が好み

245:☆3.7:今錦・特別純米・無濾過火入れ“9号酵母”
トロピカルフルーツ香。香、独特!旨いが、後に辛く感じる

246:☆3.6:今錦・特別本醸造
旨味、米の味の中に、軽い香が混ざる。やや渋みを感じるか

6月上京時に「日がさ雨がさ」にて、
相応の「今錦」ラインナップを飲ませてもらって、
俄然、注目度が増していた蔵元さんなのですが、
更に、良いです。美味しいです!
県内でも独特の雰囲気が酸と香にあって、
その個性、美味しさは唯一無二と言う気がしています。
“トロピカルフルーツ香”、本当にそんな感じなんですね。
今年の造りもすごく期待しています!


以上、「三〇四酒総覧」の「4」と致しまして、
試飲リストを掲載しました!
次回は「5」番のリストを掲載致します。

お付き合い下さいまして、ありがとうございました。
ありがとうございました。


【 2008年の記録 】

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(1)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230120081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(2)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230220081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(3)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230320081016in-.html )

2007年、2006年、2005年の記録は「mixi」上にアップしてあったりします。

【 2010年の記録 】

【二五五酒総覧_1】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_1in20101014-39.html )

【二五五酒総覧_2】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_2in20101014-2d.html )

【二五五酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_3in20101014-78.html )

【二五五酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_4in20101014-df.html )

【二五五酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_5in20101014-ee.html )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

【三〇四酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2011年10月13日)


長野酒メッセin長野、試飲リスト第3弾!

登場する蔵元さんは、

【 No.27 / 尾澤酒造場 / 信州新町 】
【 No.28 / 松葉屋 / 須坂 】
【 No.29 / 遠藤酒造場 / 須坂 】
【 No.30 / 枡一市村酒造場 / 小布施 】
【 No.31 / 松葉屋本店 / 小布施 】
【 No.32 / 高澤酒造 / 小布施 】
【 No.33 / 天領誉酒造 / 中野市 】
【 No.34 / 田中屋酒造店 / 飯山 】
【 No.35 / 角口酒造店 / 飯山 】
【 No.36 / 舞姫酒造 / 上諏訪 】
【 No.37 / 豊島屋 / 岡谷 】
【 No.38 / 麗人酒造 / 上諏訪 】
【 No.39 / 菱友醸造 / 下諏訪 】
【 No.40 / 酒ぬのや本金酒造 / 上諏訪 】
【 No.41 / 伊藤酒造 / 上諏訪 】
【 No.42 / 宮坂醸造 / 上諏訪 】

…の16場です!

【 重要!感想リストについての注意事項 】

以下のリストは、
SOJAが何も考えず、「これくらいかなぁ」と付した点数でございます。
点数が高かろうと低かろうと、
SOJA以外のお方には、きっと参考になりません。

例え、僕自身が高評価であったとしても、
それは、どなたかの最低評価である場合も然り、
SOJAが「あぁ、苦手だなぁ」と思ったものが、
偶然居合わせた電車1両全員が絶賛する銘酒である場合も然り。

あくまで、
蔵元さんが一滴の中に込めた思いを、
全く飲み込む事無く、
SOJAが自分自身の好みを判別するために、
点数を付しているだけの記録ですので、
高い点数であろうと、
低い点数であろうと、
もし気になるものがおありでしたら、
是非、ご自身の舌で長野酒を味わってから、
判断して頂きますとよろしいかと存じます。

ただの一覧、リスト、羅列、
遠目で見れば視力検査でしかなく、
チラシの裏にメモをする如くであり、
けして絶対評価でない事をご承知置き下さいませ。

自分自身の“ものさし”として、
点数には基準を設けてございます。

☆5.0満点で、

☆5.0が良い方向、
☆1.0が苦手な方向とします。

基本値を「☆3.5」としまして、☆0.1刻みにて点数付けを行っております。
☆4.0以上、☆3.0以下は、
あまり付けない様にしてリストを作って行きました。
だので、
「☆3.5」を「ふつう」と致しますと、
「☆3.8」以上は「美味しいなぁ」となり、
「☆4.0」以上は「これはすごい!これはうまい!」となります。


【 No.27 / 尾澤酒造場 / 信州新町 】

128:☆3.8:十九“Sur Lie”・純米吟醸“14号酵母”
爽やか。フレッシュな雰囲気で良い

129:☆3.6↓:十九・純米大吟醸
苦い…と一瞬思うけれど、すぐに抜けて、
爽やかさが上り、冷えている感じが美味しく思う。
余韻に残る香が少し苦手

130:☆3.7↑:十九“Sur Lie vino di rosso”・純米吟醸“自社培養長野県B酵母”
酸味と旨味があり、辛さが残るところが美味しく憎い♪バランスあり

131:☆3.4:十九“槽場汲み”・特別純米
上質さを感じつつ、
どこか苦味を拾ってしまって、やや苦手。現状の温度帯にも寄るのかも

以前、酵母は非公開と仰っていた様な気がしますが、
こちらが聞いたりする前の段階で、
「これはこの酵母を使っています」と教えてくださったので、
まぁ、良いのかなぁ…と思います。
「Sur Lie」は信濃ワインのボトルにも同名のものがありますが、
「澱の上」と言うフランス語なのだとか。
…「おりがらみ」の意味でしょうか。もしかして。

【 No.28 / 松葉屋 / 須坂 】

132:☆3.5:臥龍山“四阿山おろし”・普通酒・原酒生
こってり、熟れ、酸味。後腐れないあっさり、こってり

133:☆3.4:臥龍山・純米吟醸
加水感が強く感じる。妙に水っぽいと言うか。
ラストはアルコールっぽく辛い

134:☆3.4:臥龍山・大吟醸
常温。他との差があまり分からない…

【 No.29 / 遠藤酒造場 / 須坂 】

135:☆3.5:渓流・大吟醸
熟れ味。ギリギリの薄さを保つ。
ゆーっくりと米香が少しだけ上ってくる

136:☆3.5:渓流“朝しぼり出品貯蔵酒”・普通酒
バランス、中庸、甘ったるい感じもしなくもない。栗味

137:☆3.5:渓流“極辛”・普通酒
この蔵らしい辛味成分。ちょうど良い感じの辛さではある

【 No.30 / 枡一市村酒造場 / 小布施 】

138:☆2.5:枡一“スクウェア・ワン”・純米
大根おろしの液味

139:☆3.3:枡一“鴻山”・純米大吟醸・生“山田錦”
一瞬香があがるけれど、冷え過ぎ。味が感じられない。
アッサリし過ぎとしか感じられない

140:☆3.4:枡一“碧イ軒”・純米大吟醸“雄町”
これも冷え過ぎ。あんまり味を感じられない。
香がないのも冷えからだろうと思う感覚

【 No.31 / 松葉屋本店 / 小布施 】

141:☆3.7↓:北信流・大吟醸・1年熟成
バランス。奥に木香。熟れ。飲むと奥にすえた感じ

142:☆3.4:北信州“旨辛口6年熟成”・普通酒
焙煎っぽい香がする。
でも冷え過ぎていてしんみり硬く感じられてしまう。伸びそうで伸びない

143:☆3.8:北信流・純米大吟醸・生
生熟感が美味しい。甘味があり、ふくよか

144:☆3.7:北信流・純米吟醸・2011
上手、全体的にバランスがあり、ちょうど良い感じの美味しさ

松葉屋本店さんは、やはり生の熟成が良いかなぁー…と思う。

【 No.32 / 高澤酒造 / 小布施 】

145:☆3.8:豊賀“氷温熟成仕込み壱号”・特別純米・生原酒
素晴らしい熟成感。旨味、強く甘く噛み締める米のエキスの旨さと言う感じ

146:☆3.8:豊賀(米川正宗)・特別純米ひやおろし“しらかば錦”
綺麗な甘さ、旨味乗り。スーッとして綺麗なイメージ

147:☆3.8:豊賀(米川正宗)・特別純米ひやおろし“ひとごこち”
酸が上って、綺麗でスマート。↑より、こちらの方がスッキリ感じる

148:☆3.7:豊賀(米川正宗)・特別純米・原酒生
旨い!しっかり味が出ていて、しつこくなくて美味しい

149:☆3.6:米川正宗・大吟醸・原酒“山田錦”
うーん、好みは↑の様な感じかなぁ。
↑の美味しい個性を見た後では、普通に感じてしまう。上手だけれど

蔵元さんにテンション上がりついでに口走ってしまいましたが…
大吟醸より、他のお酒がすっごく美味しかったです…。
大吟醸も美味しいのですが…、
それ以上に「豊賀」の魅力を感じました。

今回の注目は氷温熟成の1本、
今でも美味しい「豊賀」の更に未来が詰まっている気がしました。
ただ美味しいのではなく、奥行きを感じさせるものでした。
余韻も素晴らしい。

※YOKOさんは一緒じゃないんですか?と聞かれる。

【 No.33 / 天領誉酒造 / 中野市 】

150:☆3.5:天領誉・特別純米
香は強いが、味が薄い感じ。明るい雰囲気

151:☆3.7:天領誉“雪粋吟雫”・純米吟醸
香あり、綺麗、美味しい

152:☆3.8:天領誉“吟粋雪”・大吟醸
良い香。大吟醸らしい。明るくて、分かりやすい感じ

153:☆3.7↓:天領誉“雪粋吟雫”・純米大吟醸
この中では、いちばん熟れて、それらしい香とイーブン。
旨味のある感じ

154:☆3.6:天領誉“蔵囲い”・吟醸・原酒生
パリッとしていて良い。バランス(小)、熟れ

吟醸造り、上手だなぁー!…と思わされます。
香の高い酵母を使用しているのでしょうか、
まず、香を楽しむカタチ。
長野県らしい、その後の甘さが良い雰囲気です。
YOKOさんに飲んでみて欲しいなぁ…と思いました。
ただ、よく冷えている事が条件の様にも感じます。
冷たくて気持ち良いと感じて、試していましたから。

【 No.34 / 田中屋酒造店 / 飯山 】

155:☆3.6↑:水尾“香雪”・特別純米・生
練り、熟れ、常にキリッとした部分もあるけれど。
面白いバランス。熟れていて生っぽくフレッシュ!

156:☆3.7↑:水尾“一味”・純米
シャンとしていて塩味。力あるリンゴと塩エネルギー

157:☆3.7↑:水尾・純米吟醸“金紋錦”
乾いた香にスーッと口に入ってくる雰囲気。余韻も良い

158:☆3.6:水尾・大吟醸“金紋錦”
硬い。水っぽい、薄く感じてしまう

159:☆3.6:水尾・純米大吟醸“金紋錦”
まだ寝ている感じ。辛く感じてしまう

160:☆3.8↓:水尾・特別純米“金紋錦”
うん、香を感じて、こちらの方がキリッとしていてバランスあり

これは3日後の多摩独酌会で
お会いした際に聞いた言葉なのですが、
「うちのスタンダードと言って良い、特別純米です」
…本当にそう思います。
特別純米・金紋錦が、いちばん好きやも知れません。
香が明るくて、程好く硬くシャンとしていて、
雑味もなく、こわばりも感じない適度さで。

【 No.35 / 角口酒造店 / 飯山 】

161:☆3.5:北光正宗“秋しぼり”・純米吟醸・原酒生“美山錦”23BY
薄い。香はあるけれど、味は薄く感じる

162:☆3.7:北光正宗・特別純米“金紋錦”
ナイアガラの香味。
薄身ではあるけれどバランスが薄くも取れている。ナイアガラ、ドライ

163:☆3.5:北光正宗・純米吟醸“金紋錦”
↑+少し渋味+硬さ。香もあるけれど、低め

164:☆3.5:北光正宗・大吟醸“金紋錦”
品はあるが、特徴的な味を拾わない。すごく奥に桃様の香があるが

【 No.36 / 舞姫酒造 / 上諏訪 】

165:☆3.5:舞姫“翠露”・純米吟醸・中取り生“美山錦”
サラリ。薄めで、少し味ある感じ。
美山錦っぽいけれど、それ以上に一世代前の長野酒風

166:☆3.6↑:舞姫“桜楓”・大吟醸
香はあるものの、温度的にも味的にもぬるくて、ゆるい

167:☆3.5↑:舞姫・吟醸
味はあるが、喉に辛く感じる。メリハリがない

【 No.37 / 豊島屋 / 岡谷 】

168:☆3.6:神渡・純米吟醸
香あるが、冷え過ぎ。ゆっくり旨味は上って来る。
底辺はきっちり造って来ている感じ

169:☆3.6:神渡・純米大吟醸
冷え過ぎ。うーん。綺麗過ぎてつまらなく感じてしまう

170:☆3.5:神渡・大吟醸
↑飲み比べてもほとんど味が分からない。
水っぽい、アルコールっぽいなどメモには残るが…

171:☆3.6↑:神渡“旨口”・純米・原酒秋あがり
これは旨味がある。うん、良い味わい

【 No.38 / 麗人酒造 / 上諏訪 】

172:☆3.8:麗人“ロゼ・スパーク”・日本酒(発泡性)
シュッワッー!炭酸強い、酸味あり、良い味わい。
酸っぱさと炭酸強さがちょうど良い

お持ちになった日本酒が、これ1本限りでした。
小瓶にガス充填にて発売されているもので、
次々と開栓されて行き、
後半には「終わってしまったんです、すいません」と、
謝っておられる姿を拝見しました。
大好評だったご様子。
そこに並んでいるボトル数も相当なものでした。
これが全て空になるイベント、恐るべし。

【 No.39 / 菱友醸造 / 下諏訪 】

173:☆3.6:御湖鶴・純米大吟醸“金紋錦”
グレープフルーツっぽい香が少し。
常温過ぎて悪く感じないけれど、もたつく印象

174:☆3.6:御湖鶴・純米大吟醸“金紋錦”2009年
旨味は出て来ているが、酸が主体性となって、香が感じ取りにくい

175:☆3.6↑:御湖鶴・純米大吟醸“金紋錦”2010年
↑より、こちらの方が分かりやすい造り。
若さが美味しい方向にあり、旨味もある

176:☆3.4:御湖鶴“くろ”・純米吟醸
間延び。旨味が妙にある印象で、苦味も少し、
何より温度が高すぎて良さが僕には見えない

【 No.40 / 酒ぬのや本金酒造 / 上諏訪 】

177:☆3.8:本金・大吟醸
旨味がキュルッと上手にテンション高く伸びる。
美味しい。ゆったりさと華やかさを兼ね備える

178:☆3.6:本金“太一”・本醸造
冷え過ぎ。でも、喉に触れる感覚は旨い。
やっぱりゆっくりしみじみ飲みたいお酒

179:☆3.5↑:本金“特撰”・吟醸
塩っぽさがどこかあって、味がぬるりとして、キレに移行して行く

180:☆3.8:本金“悠久の一滴”・純米吟醸
これ好み。「太一」系の雰囲気。味あり

181:☆3.8:本金・純米
バランスがちょうど良い感じ。上手にキリッとしていて良い

以前、「太一」がいちばん本金らしい味わいですよねー…
…なんて話を、ご本人にした事がありますが、
今年は「純米」に、その雰囲気を感じました。
「本金っぽくて旨いなぁ」と。
もちろん、その年その年で味わいは異なるものですが、
どこか垢抜けなさも良い所である「太一」に比べ、
より洗練した雰囲気がある「純米」に「らしさ」を感じるのは、
「特吟」の登場もあって、
きっと「本金」の良さが変わる…
より良くなっているのかなぁ…なんて感じたりしました。

YOKOさんは一緒じゃないんですか?と聞かれる。

【 No.41 / 伊藤酒造 / 上諏訪 】

182:☆3.5:横笛・純米ひやおろし
硬い香→ぬくい感じの香。
ぬくい感じがそのまま味にも感じられる

183:☆3.7:横笛“秋穂の香”・純米吟醸ひやおろし
酸が立って良いバランス。上々の美味しさを感じる

184:☆3.6:横笛・純米大吟醸・原酒
旨味、甘味が前面にあり、奥に少し熟れた香。
もう少し寝かせても開きそうな感じがする

相変わらず蔵元さんが元気ですね。
気持ち良く試飲させて頂きました!

【 No.42 / 宮坂醸造 / 上諏訪 】

185:☆3.8↑:真澄“七號”・山廃純米大吟醸
薄いメロンの香、上々、バランスあり、少し冷えていて、そのほの甘さが美徳

186:☆3.8 :真澄“山花”・純米大吟醸
うん、少し冷えた感じが美味しい。
バランスあって綺麗、そして華やかさに品がある

187:☆3.5:真澄“スパークリング"・純米・瓶内二次発酵2008年
古酒に炭酸が発生した感じ。不思議な味わい

188:☆4.0:真澄“夢殿”・大吟醸
おお!今年は良い!すごく美味しい!
軽くて、香あり、バランスあり、大吟らしい

昨年は何となく…タイミングが悪かったのか、
気に入るものが少なかったのですが、
今年はとても良い印象で試飲できております。
限定品中の限定品である、
「スパークリング」を試飲できた事が何よりの収穫。

また、ある場所…離れた場所で蔵元さんにお会いしました。
それは「スパークリングの開栓で迷惑を掛けるといけないので」
…とのことで。人の少ない場所で「ポン!」と開けておいででした。
その気遣い、素晴らしいと感じました。


以上、「三〇四酒総覧」の「3」と致しまして、
試飲リストを掲載しました!
次回は「4」番のリストを掲載致します。

お付き合い下さいまして、ありがとうございました。
ありがとうございました。


【 2008年の記録 】

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(1)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230120081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(2)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230220081016in-.html )

【230種総覧】長野の酒の面白きこと(3)(2008年10月16日・長野酒メッセin長野)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/230320081016in-.html )

2007年、2006年、2005年の記録は「mixi」上にアップしてあったりします。

【 2010年の記録 】

【二五五酒総覧_1】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_1in20101014-39.html )

【二五五酒総覧_2】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_2in20101014-2d.html )

【二五五酒総覧_3】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_3in20101014-78.html )

【二五五酒総覧_4】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_4in20101014-df.html )

【二五五酒総覧_5】長野酒メッセin長野!(2010年10月14日)
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/_5in20101014-ee.html )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »