« 今年もミッキーたちがやって来た!(2011年11月12日・摩幌美) | トップページ | 旅第12回・信州SAKEカントリーツーリズム(2010年11月14日・善光寺、松代) »

2011年11月29日 (火)

今日の一筆・修行中!(撰)-2011年9月下席


えー、誘惑箇所の多い中、
いっぱいのお運び様でございます。
気楽な所で、一生懸命書いて行きますので、
どうぞお付き合いくださいませ。

あっと言う間に、11月ィ入っちまって、もはや仕舞いになりそうですが、
9月の下席でございます。
10月の末あたりから、季節の変わり目ェてんで、
流行に乗っちまいまして、
しばらく床に伏せっておりました。
ええ、今年の秋てぇものは、随分と暖かいですね~。
だからこそ、ね、体が変にもなるってぇもんですよ。
寒いと思う日が少しばかりあったかと思うと、
もう、その後は暖かい。
異常気象だなんて申します。
タイの洪水もまた恐ろしく感じますし、
ねぇ、9月の終わりには台風で、
東京だって、あの3月の日の様な光景、
またしてもテレビで拝見する日が来るとは思いませんでした。

さて、そんな最中ではありますが、
これまでお付き合い頂きました、今日の一筆・修行中、
各県の蔵元名、御酒銘を書いて行こう!のシリーズ、
長野、山梨と来て「埼玉県」、
この9月下席にて、ひと揃いとなります。
お楽しみ頂けたならば幸い、
10月から始まります次の県にご期待願いますところで、
世間様とは相も変わらず、隔たりがある、
あるからこそのお楽しみ、趣味の世界と言うものですな。
いざ、前へ前へと進まん!…と言った次第。
さぁ、お支度が調いましてございます。
おあとがよろしいようで。

【 立川談慶師匠のつぶやきから 】

Cimg5888

2011年9月21日

台風が猛威を振るった日、
Twitterでフォローさせて頂いております、
立川談慶師匠のつぶやきが、
とってもポジティブで素敵だったので、
書かせて頂きました。
これをガチャガチャっとなっている当日にお書きになる、
それが大切なんだと思うんですね。
今ならば、こう平穏になっている今ならば、
そう思う、思うことが出来る余裕もありますが、
当日は、こう嵐が窓を打つ音も、また聞こえてございます。
この中でこそ、明日を希望を持って見る、
これが大切なんだなぁ…と感じた次第。
お言葉、勝手ながら拝借致しました。

【 埼玉・来陽 】

Cimg5889

2011年9月22日

調べてみますと、埼玉イチ個性のある蔵元…
もとい、個性ある日本酒をお出しになっている蔵、
そんな風に感じられました。
サイトによっては、
その中心人物である社長様がお亡くなりになり、
次回入荷は未定とあるものもありますが、
どの情報が最新で正しいか…までは突き止められませんでした。
何せ、「野武士」なんて酒銘もある通りで、
熟成、生酒などのお酒を主体とされ、
強烈でトロミがある原酒…なんて紹介文を拝見しました。
1度、飲んでみたいとは思いますが…。

今回はラベルを幾つか複合して背景を誂えました。
銀ラベルにあった上と下に松の紋様、
また別のラベルにあった紫の花を中心に据え、
半割りに致しまして、
もう半分には「陽」のイメージを置きました。

【 埼玉・越生梅林 】

Cimg5890

2011年9月23日

9月期、月いちばんの気に入りは、
この「越生梅林」を選びたいと思います。
バランスは元より、
背景のグラデーションも上手に入り、
YOKOさんからもお墨付きを頂きました。

…実は続く「寒梅」さんのラベルを見ながら、
そう勘違いを致しまして、
「寒梅」さんのラベルを参考に上下に梅を配置してしまいました。
怪我の功名と言ったところではありますが。
いざ、「寒梅」蔵を書く際に、
「あっ、この構図はこちらか!!」と驚くのですが。

【 埼玉・寒梅 】

Cimg5891

2011年9月24日

そんな訳で寒梅酒造の1枚。
「これを書こう」のリスト中に、
「梅」モチーフが2件あることに気付きませんでした。
「寒」と言う文字の篆書体は、なかなかに珍しいですね。
ちょうど写真中央にあるものがそうなのですが…。
こうした字を知ることもまた、
自分がこうして書いている意義。
赤ペンと青ペンにて背景を添えて書きました。

【 9月25日・僕とYOKOの献立 】

Cimg5892

2011年9月25日

ごく久し振りになってしまいましたが、
中町の「トキシラズ」さんへ遊びに行って来ました。
いやぁ、野菜の旨いこと旨いこと。
YOKOさん曰く「こんなに野菜が美味しいなんて幸せ」とのこと。
日本酒も馴染みある良いものを頂く事が出来ました。

今回のお気に入りは、
中央上部、「時シラズ」と時計をあしらって書いたもの。
なんだか良いバランスに仕上がったと感じております。

【 埼玉・九重桜 】

Cimg5893

2011年9月26日

「九重」の意味は、
幾重にも重なる長い時を表すのだとは思いますが、
あえて、
九つに枝を分けて桜の風景を描かせて頂きました。
「九重」と「桜」の字に、
間と言うか、雰囲気の差を感じてしまいます。
こう「桜」を書こうと気を入れてしまって気負って、
ややしくじりと言うところ。
もっと全体像をイメージしながら書きたいと思います。

【 埼玉・神亀 】

Cimg5894

2011年9月27日

埼玉県の酒造を巡るシリーズ、完結。
最後の1枚は「神亀」蔵にしました。
おそらくは自分が初めて飲んだ、
そして、初めて購入した埼玉県の蔵元さんだと思いますし、
何より全国でも早いうちからの全量純米蔵宣言。
名のある蔵元様だと存じております。

ただ「亀」の字の1画目2画目が、
何ともツッパリ的リーゼントに見えていけません。
比較的得意だと思っていた「亀」の字、
慢心ゆえのほころびと感じます。
うーん、まだまだ!

…とは言え、一連の埼玉シリーズが以上となり、
いよいよ10月期と共に次なる県を…
…どうしようかと、
繋がる群馬、もしくは神奈川を考えておりましたが、
10月2日のイベントを経て、
ある県へと移って行くことになります。

【 9月23日の行楽(小布施→黒姫) 】

Cimg5895

2011年9月28日

信州SAKEカントリーツーリズム・番外と言って良い行楽日。
旅第8回にて周遊した、
小布施、信濃町ルートへ、再び行って参りました。
「小布施蔵カレー」の「響(ゆら)」にてランチ。
信濃町へ向かい、
昨年も楽しんだコスモス園のリフトから見える、
野尻湖の景色を存分に楽しみました。
すごく心地が良い天上世界の風景。
心が洗われる様で、実に清々しい心持ちになりました。
また、更に足を伸ばして、「黒姫童話館」にも行きました。
特集されていた飛び出す仕掛け絵本に、
みんなして夢中になって…と、楽しい時間。
良い1日を記録した1枚。

【 9月25日・洋酒店醇にて 】

Cimg5896

2011年9月29日

先達て書きました「トキシラズ」後に向かったのは、
この「洋酒店 醇」でした。
WhiskyにGIN、スコットランドのALEなどなど。
実に楽しむことが出来る展開ではないですか。
こうしていろんな酒類を楽しむことが出来る、
まさに「洋酒店」たる風情であるからこそ、
足を運びたいと思う訳ですね。
少しだけ店主殿の作成するポップに似せて…
イメージを乗せて「今日の一筆」を修行させて頂きました。


以上9枚となります。

こう、良かったなぁ―…と思いましたのは、
蔵元名を書いているからこその喜び、
これが10月末にございましてね。

関東信越国税局酒類鑑評会の発表があり、
吟醸の部、純米の部、
こう、蔵元名が列挙されている訳です。
もちろん、見るのは長野県からです。
興味があります。
自分のひいきの蔵元さんが受賞していれば、
すごく嬉しいものです。
そんな中、埼玉県のブロックにおいて、
お見かけした事がある酒銘が多数。
そりゃそうなんです。
こうして1蔵1蔵書いて来た訳ですから。
それまでは…
例えば去年なんかは、
知っている蔵しか知らない状態…
それに比べれば、全部見たことがある訳で。
なんだか嬉しいなぁ、もっと頑張って行きたいなぁ…
…そんな風に感じたものでした。

さて、では次回は10月に入りまして上席。
ちょうどお時間となりました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。

|

« 今年もミッキーたちがやって来た!(2011年11月12日・摩幌美) | トップページ | 旅第12回・信州SAKEカントリーツーリズム(2010年11月14日・善光寺、松代) »

今日の一筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/53362313

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一筆・修行中!(撰)-2011年9月下席:

« 今年もミッキーたちがやって来た!(2011年11月12日・摩幌美) | トップページ | 旅第12回・信州SAKEカントリーツーリズム(2010年11月14日・善光寺、松代) »