« 酒落語「 鷹の目 」 | トップページ | 笹の譽、良い眺めの先に見えたもの。(2011年2月5日・笹井酒造) »

2011年3月22日 (火)

長野酒で、関東・東北酒を…いや、日本を元気づけたい!


長野酒で、関東・東北酒を…日本を、元気づけたい!

僕らが住む長野県の日本酒は、きっと日本を元気にさせることが出来ます!

そのために、何かできること。
そうして考えたのは、
長野酒のイベントで、何かできることを実現させるということ。

長野酒メッセin東京を実現させる声をお願いします!!

この声がカタチになる事を強く祈ります!


2011年3月11日、震災がありました。
仕事中でした。
松本平も揺れ、
まるで自分がめまいを起こした様な気持ちになりました。
地面が揺れていると気付くには時間が掛かりました。
同僚を見て、同じ面持ちでいて、そして恐怖に気付く。
松本平は揺れたけれど、大きな被害なく今に至ります。

テレビで見る被災地は、とても悲しいものでした。
自分が今、電気もガスも水道も全て揃った場所に居る事が、
まるで悪であるかのように身に染みました。
辛い。被災地で今、凍えている方がいるかと思うと、辛い。
何をしてあげたら良い?
何をするべきなんだ!?
分からず、それは更に重い気持ちに変わり、なお辛くなる。

そんな週末を過ごしていました。
街は静まり返ったと言います。
続く報道、
地震速報、緊急エリアメール、
何か音がする度に「ビクッ」と肩を震わせる。
こんな平和な信州にいる僕ですら、こうなんだから、
関東、東北の方々が、どれだけ苦しい思いをされているか…
想像する度、辛くなりました。

その気持ちのままではいけない。

気付く。

僕らは止まっていられないんだ。
止まっているのは僕らの意思で、
進もうとすれば進むことが出来るのに、
自らの意思で今、止まっているんだって気付く。

進みたいのに、動きたいのに動けない人たちがいる。
助けを求めている人たちがいる。

何か動くことができるならば、
僕らの一歩一歩が誰かの助けになるのならば、
今、それを望む!

過日、5月に予定されていた長野酒メッセin東京、中止の告知がありました。
この理由は明かされていません。
「中止」は、文字通り「止まること」、何も生み出さないこと。
動かない事からは何も生まれない。

今、声を大にして叫ぶ流れがあります。

【 http://ameblo.jp/take9243 】
( Take On Me! by 四季酒の会…ブログ )

たけさんのブログに委細、
書かれて居りますが、自分も思いを書かせて頂きます。

長野酒は今、上を目指して醸している途中です。
銘酒の一大区域「東北」、
消費の本拠地「関東」…どちらも長野は敵わないものです。
尊敬するべき先生、先輩、その地域が今、危機に見舞われています。

僕らの故郷「長野県」の日本酒で、
関東を!東北を!日本を元気に出来たなら、どんなに誇らしい事だろう!
心から、そう思います。

信州SAKEカントリーツーリズムで、
76蔵、長野を周遊し、色んな蔵元さんに出会い、
長野県の酒の実力は、今、伸びに伸びて来ていると僕は信じます。

そんな素晴らしい長野県の日本酒だからこそ、出来る事があるはずです!

長野酒メッセ、人が多く集まります。
長野の酒を愛してくれる方々が多く集まります。

長野酒への愛、日本酒への愛を形にして、
日本をもっと元気にさせることは出来ませんか?
必ず出来ると僕は信じています!!

そのためにも、

長野酒メッセin東京は中止にしてはならないと考えます。

中止にしてしまっては、何も生まれません。
何も出来ません。
長野の酒は、動ける足に心で枷をしてしまう!

どうか、どうか声を届けてください!

この声を、もし賛同頂けるならば貴方の声を!

長野酒メッセを実施し、その場で復興へ向けての応援を募りたい!
募りましょう!
義援金、寄付、元気にさせる声を、
長野県が誇る日本酒の祭典から発信させていきましょう!!

http://www.nagano-sake.or.jp/contact/

上記アドレスは、長野酒造組合のメッセージフォームに繋がります。

もし、声を届けて頂けるならば、よろしくお願い致します!

この声を、より多くの皆さんに届けられればと思います。
広めて頂けるならば、よろしくお願いします。
直近の期限は明日、3月23日です!
心から、よろしくお願いします!

ブログ「酒 宗夜」
宗夜 苳治

|

« 酒落語「 鷹の目 」 | トップページ | 笹の譽、良い眺めの先に見えたもの。(2011年2月5日・笹井酒造) »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/51191277

この記事へのトラックバック一覧です: 長野酒で、関東・東北酒を…いや、日本を元気づけたい!:

« 酒落語「 鷹の目 」 | トップページ | 笹の譽、良い眺めの先に見えたもの。(2011年2月5日・笹井酒造) »