« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日

2010年9月15日 (水)

念願のわさびめしをYkさんに食べさせたかった!(2010年2月20日・つず久)



ありがとう!む~とん♪さん!
Ykさんにどうしても食べさせたかったんです!

2010年2月21日、
ウィスキーマガジンライブ!の前日、
すなわち前泊日、
僕とYkさんは、あるお店を望んでいました。

「わさびめし」をYkさんにも食べさせたい!

その願い、叶った日でした。
名物は「わさびめし」だけれど、
他にも素晴らしい料理、雰囲気、
1度はYkさんと共に行きたかったお店です!
セッティングして下さったむ~とん♪さんに感謝!
そして、
奇跡の合流をして下さった珍味んさんにも感謝!
お会いできて嬉しかったです!

この日記も半年前の記事なのだけれど、
必ず書いておきたいものだからこそ、書きます!


【 牛込柳町・つず久 】

Cimg8881

人の縁もあり、
おそらくは普段松本に居ては、
知り得なかったろうお店だと思います。
いや、知ったとしても、
何度か足を運ぶ事になったでしょうか。
こうして何度か訪れる事が出来る、
その巡り合わせに感謝を抱きながら、
僕はYkさんと共にお店の前に立ちました。

【 三重・作 & 山形・出羽桜 】

Cimg8882

日本酒から頂きます。
「作」はたぶん店主さんのお名前から。
「出羽桜」はやはり不動の吟醸イチの素晴らしさ。

【 亀戸大根の醤油漬け 】

Cimg8884

先付けっぽく、
始めに出て来た大根の醤油漬け。
ここから既にYkさん、
「美味しい」と喜んでいたと思います。
触感も味も良かったけれど、
僕は特に香の美味しさが記憶にあります。
大根に“粒”と例えるのも可笑しな事だけれど、
一粒一粒、勿体無くなるくらい美味しい。

【 新玉 】

ホイルに包まれて登場。

Cimg8885

ベーコンで巻いた新玉葱。

Cimg8886

小豆島産の新玉葱を使ったもの。
玉葱も美味しいしスープも美味しいし!
ベーコンの香と塩味、
玉葱の甘味の混ざり方が、
とても均一に為されていて、
一体として感じられました。
すごく美味しかった!

【 刺盛・右 】

Cimg8889

【 刺盛・左 】

Cimg8890

これもとても楽しみだったもの。
写真も右と左で分けました。
大皿に豪勢にしつらえて登場です。
以前も美味しい記憶があるけれど、
“やはり”の美味しさ。
Ykさんにも食べてもらえて良かった!

Cimg8891

お酒はビールも頼みつつ、進みます。

【 兵庫・龍力・純米吟醸“真古酒”1983年 】

Cimg8892_2

む~とん♪さん自家熟成分も加えて寝ていた、
「龍力」のお酒を飲ませて頂きました。
素晴らしい時を経て来た熟成酒。
基本的に古酒が苦手なYkさんも、
美味しく頂いていたと記憶しています。
蜜の様な“らしさ”だけに収まらず、
品の良さ、細身ながら強い体格、
芯の優雅さ…少し手のひらに乗せて、
温度を上げても、
舌に触れる味の美味しさが引き立ち、
とても美味しく頂きました。

【 さつまいもの丸揚げ 】

Cimg8894

どうやって食べよう?
…と、まずは思うのだけれど、
これだけ大きなさつまいもって、
元来、どれだけの大きさなのか!?
…と、写真を見ていて、今頃気付きました。
当日は夢中。

何人かで、まるでケーキ…形から言って、
シフォンケーキか何かを取り分ける様に切り出し、
頬張る。
至福!

【 ホッピー 】

Cimg8896

たぶん、Ykさん初ホッピー。
僕も記憶が定かでないにしても、
過去、
じゃの兄さんやむ~とん♪さんと、
このお店に来た時に初ホッピー。

【 名前がない 】

Cimg8897

名前がない部位なので「名前がない」と言うメニュウ名。

【 ワンタンの皮を揚げたもの 】

Cimg8900

どんどんお料理が出て来ます。
僕らの調子に合わせて、その時その時のものを。

【 兵庫・龍力・純米大吟醸“上三草” 】

Cimg8901

製造年月:'08.12
製造年月:'18.12

更に龍力。
異なる年代の飲み比べです。

【 いかのわた焼き 】

Cimg8903

【 炒めもの 】

Cimg8905

後半に向けて、炒め物が増して来たところ。
いかのわた焼き、
相当、ガッついて食べた様な気がします。
記憶の中の描写に箸があり、
あっと言う間に消えて行った動画が再生されますね。

【 自然薯 】

Cimg8906

卵の黄身入り。
元気になりそうな、すり立ての自然薯。
海苔を巻いて頂きました!

【 玉子焼 】

Cimg8907

ただの玉子焼でなく、
写真を見ての通りで、いくら…
いやいやそれだけでなく、
たっぷりの具が入った贅沢玉子焼。
このあたりになると、
半年以上経って今の記憶の風化なぞ関係なく、
単純に酔っ払っておぼろげなだけなのだけれど、
以前に食べた時もそんな感じであったりもしますが、
とにかく、
「これは覚えておかねばならぬ美味なるもの」
…と言う記憶の中の自信は確固たるもの。

【 わさびめし 】

Cimg8908

〆に名物「わさびめし」!

Cimg8910

けして、けして伝わる事のないこの刺激!
随分、自分も食べられるようになっていました。
涙が出る美味しさです。
「えぞわさび」をたっぷりかけて頂くもの。
みんなで思いっきり笑って飲んで楽しんだ後に、
みんなで人目も気にせずに、
むせて、泣いて、満足する!
食べなければ、
この感動も刺激も何も伝わらないと思うんです。
初体験の珍味んさんもYkさんも、
過日の自分も、
“人生において生きる事に夢中になる”
頭の中が真っ白になり脳天まで痺れる体験です。

Cimg8909

実はYkさん、
“予習”のおかげで、
程好く困って食べてくれた感があります。

当時、こうして「つず久」に辿り着く前に、
「とんねるずのみなさんのおかげでした」内、
「KITANACHELIN(キタナシュラン)」2月11日放送分にて、
「わさびめし」が放映されていたのを、
偶然、僕らは見ていたのです。
む~とん♪さんに話をしていた事もあり、
家のテレビを回していた最中、
「Ykさん、ここ!ここに今度行くんだよ!」
…と驚きながら伝えた日は、記憶に残っています。

そう言えば、先日も宮城「松島」に赴く際にも、
直前に向かおうと思っていた「瑞巌寺」の猫の映像を見たりして、
情報に何かとツキがある様にも感じます。

写真は「わさびめし」時の必需品、
「海苔」の蓋に「ペレ」と書いた木梨憲武氏の字。
番組は店主さんのキャラクタ分、点が下がったり、
女子アナウンサーの泣き顔に焦点があって、
番組の造りが残念だなぁ…とも思ったものだけれど、
僕は店主さんのキャラクター、大好きです。


心から楽しい一夜でした。
本来の目的は、
翌日のウィスキーマガジンライブなのだけれど、
終電ギリギリまで飲み、
結局、珍味んさんと共に新宿までタクシーで移動したりとか。
素晴らしい充実の前泊夜でしたとも!

Cimg8883

まず第一に、すごく食べているんです。
この夜。
お腹いっぱいでも、食べていました。
無理をしている事はけしてなく、
美味しいから!
楽しいから!
楽しい事も食欲増進には必要なんだな、と。
そんな風に感じながら今、ブログにしたためました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »