« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

2010年4月18日 - 2010年4月24日

2010年4月22日 (木)

第63回多摩独酌会 ブラインド試飲結果(2010年4月18日・聖蹟桜ヶ丘アウラホール)


Ykさん、初参戦!!

40種類のブラインド試飲に挑む!

それは、
語り尽くせぬ日本酒、楽しみの世界!


前回参加が第59回。
その後は、急な出張、急な体調不良などあり、
行きたくても行きたくても参加が出来ない状態にありました。

満を持しての第63回。
無事に当日を迎えました。
しかも、Ykさんと一緒の参加です。

今回、3時間で119種類の日本酒を試飲させて頂きました。

Ykさんは、これまでに松本での試飲会や、
ウィスキーマガジンライブなどを経て、十分に経験値を積んでいた様子。

行く事が出来なかった時間は、
何ひとつ無駄ではなかったと知ります。

この「勉強会」を無事にやり切ったこと、素晴らしいの一言です。

僕が初めて参加した多摩独酌会は、
2005年9月18日、
第47回「長野の旨い酒を堪能する」でした。
愛する故郷、
信州がテーマであるにも関わらず、
勝手が分からないまま、
ブラインド試飲の半分も回る事が出来ませんでした。
それはとても悔しい思い。
目の前に、楽しさがいっぱいあるのに、
それを楽しみ尽くせなかった!

初めて参加したYkさんは、
自分の中の「美味しい」を求め、
40種類、試して行きました。
テイスティング・マラソンの完走、お見事でした。

ブラインド試飲は、
銘柄が全て目隠しされた状態で、
日本酒と向き合います。

好きな蔵元の意外性に気付いたり、
嫌いな蔵元に大きく○を付けたり、
先入観を取り払って、
自分の好きな日本酒を、より深く知る事が出来ます。

第63回多摩独酌会、楽しんで来ました!

ブログ前半、
ブラインド試飲結果の回!

( 後半は蔵元ブースの試飲リストです )


【 第63回 多摩独酌会 】

Cimg9659

【 テーマ:飲むカタログ、新酒蔵比べ 】

~ 名うての地酒蔵が挙って参加する蔵元鑑評会 ~

【 利き酒ブース 】
フルブラインド : 40種の冷酒ブラインド

リスト中、
「☆」マークは、SOJAの試飲得点です。
5段階評価で、基準を☆3.5に取ります。
☆5.0が「たいへん好みである」となり、
☆0.0に近付くほどに苦手と感じた日本酒になります。
☆4.0以上は、よほど気に入った場合に付ける事にしました。
☆3.0以下は、よほど苦手な場合に付ける事にしました。
☆は、思うままに気分のままに付けていきます。
利き酒と言うよりも、ただ、なんとなく…です。
体調もあるでしょうし、
前後のお酒の雰囲気によっても、
印象は変わって来ると思います。
そして、個人の舌の好みによって印象は大きく違う事でしょう。
あくまで参考までに。
銘柄下の感想は、SOJAの感想が書かれています。
Ykさんの声までは、メモする事が出来ませんでした。

「♪」マークは、Ykさんの試飲得点です。

(好) ◎>○>●>△>▲>□ (苦手)

上記、式の様に記号が変わって行きます。
Ykさんも、口にしてみて味わって、
思いのままに点数を付けて行きました。

自分とYkさんの点数を並べてみることで、
「自分だけが好きな銘柄」
「相手だけが好きな銘柄」
「双方、好ましいと思う銘柄」が分かります。

それでは以下、

SOJAとYkさんのブラインド試飲リストです。


1:☆3.7/♪□
群馬:流輝(當選)・純米・舟搾り火入れ
米の浅さもまた良い。やや後半切迫感、キリキリ

2:☆3.5/♪▲
神奈川:天青“風露”・特別本醸造・しぼりたておりがらみ生
平坦で、もっとアグレッシブさがあると好みかも

3:☆3.4/♪□
新潟:八海山・本醸造
酸い。胡桃の香で、少し綺麗

4:☆3.5/♪□
秋田:一白水成(福禄寿)・特別純米・ささにごり生
のんびり含み味で、少し香あり

5:☆3.6/♪▲
京都:玉川・山廃純米
含むと桃やバナナの香も出て来る

6:☆3.7↑/♪▲
新潟:嘉山(越乃梅里)・特別純米・無濾過生原酒“越端麗”
胡桃、甘く濃い。山廃、熟成系?

7:☆3.6/♪▲
栃木:仙禽・純米吟醸・中取り無濾過生原酒“とちぎ酒14号”
ザラリ。辛く強い?でも、平坦さもあり

8:☆3.7/♪○
茨城:来福“スイート”・特別純米・生“若水”
甘く旨く!ほっくり栗の香?

9:☆3.8/♪△
長野:鼎(信州銘醸)・純米吟醸・生
平坦なオレンジ

10:☆3.9/♪△
福島:飛露喜・特別純米・生詰
米味。キリリとした部分もあり、その中で水の透明感も感じられる

11:☆3.7/♪△
長野:佐久乃花・純米吟醸・無濾過生原酒“Spec.d”
香あり、酸あり

12:☆3.6/♪□
長野:豊香(神渡)・純米吟醸・生原酒
獺祭?味のグラフは全て中間を指す感覚

13:☆3.5/♪△
長野:水尾・特別純米“金紋錦”
甘めでザラメっぽい熟れた香もする

14:☆3.7/♪●
東京:屋の守(金婚)・純米・無濾過生中取り
香良い、綺麗な雰囲気

15:☆3.6/♪□
群馬:結人(かつらがわ)・純米吟醸・無濾過生“直汲”
炭酸感あり。バランスもあり

16:☆3.6↑/♪□
山口:獺祭・純米大吟醸50・火入れ
香少なめ。↓の日本酒をとても大人しくした感じ

17:☆3.6/♪○
徳島:三芳菊・純米吟醸・生“岡山雄町”
果実ジュース。炸裂する。パイン系の香。ラスト、ややくどいか

18:☆3.6/♪□
高知:久礼(純平)・純米吟醸・生あらばしり“どくれ”
発泡系。酸先行

19:☆3.7↑/♪△
山形:十四代・純米・中取り生詰
香はあるけれど、ややのっぺりとした感じも

20:☆3.8/♪○
東京:紅龍(多満自慢)・純米吟醸・生
バランス良い。香高い系統、キレイ

21:☆4.0/♪○
長野:麻輝(川中島幻舞)・純米吟醸・無濾過生原酒直汲み中取り
米味、ボリューム感、丸くまろやか。美味しい

22:☆3.6/♪□
岐阜:鯨波・純米吟醸・無濾過生原酒
苦、渋、灰色、褐色、ガラガラとしたイメージ

23:☆3.7/♪△
福島:ロ万(花泉)・純米“かすみ”生原酒
セメダインぽい香にプチプチとした感触、水のイメージが深い

24:☆3.3/♪□
群馬:龍神(尾瀬の雪どけ)・純米吟醸“亀の尾・喜八スペシャル”
苦味強い。苦手。マヨネーズみたいな印象

25:☆3.4↓/♪□
山形:白露垂珠(竹の露)・純米吟醸・火入れ“美山錦”
蜜系。軽い印象もあり、ややバラバラとした感じ

26:☆3.5/♪□
福島:天明・純米吟醸・生“瑞穂黄金”
米味。まったり。含んで香を感じる

27:☆3.6↑/♪●
青森:陸奥八仙・純米吟醸・無濾過生原酒“えんぶり”
渋味を前半に感じるが、後半にバランスの良さを感じる

28:☆3.5/♪□
埼玉:花陽浴・生もと純米吟醸・生原酒“さけ武蔵”
ニガヨモギっぽいイメージが。じんわり辛い甘いを繰り返す

29:☆3.6/♪□
和歌山:超久・純米吟醸“備前雄町”
しっとり甘苦。強い感じ。アルコールっぽい

30:☆3.7/♪△
佐賀:鍋島・純米吟醸・生“風ラベル・山田錦”
米、酸、勢いあり。好みである

31:☆3.4↓/♪□
山形:三十六人衆・純米大吟醸・火入れ
ウィンナーのゆで汁、スモーク

32:☆3.5/♪△
福島:あぶくま・純米吟醸・火入れ“山田錦”
平坦、炭の香の様な淡い苦さ、すりガラスの様な

33:☆3.5↓/♪▲
福島:奈良萬(夢心)・夏の純米吟醸
食中酒系。ささやかに辛口系?大きなインパクトはない

34:☆3.6↑/♪○
埼玉:鏡山・特別純米・無濾過生原酒“雄町”
パイン系の香。うっすらとキレイに伸びる。苦味なし

35:☆3.5↑/♪□
岡山:大典白菊・純米吟醸・生“雄町55”
セメダイン系、アルコール系の香。強くキーンとする感じ

36:☆3.5↑/♪△
山梨:さ々一・純米大吟醸・無濾過生袋吊るしおりがらみ
香があるが同時に苦味も膨らんでくる感じ

37:☆3.6/♪▲
鳥取:縁や“千代むすび”・純米吟醸・あらばしり生
枯れた感じ、熟れ、熟成、苦味

38:☆3.7/♪○
山口:貴・純米吟醸・中取りおりがらみ生“雄町”
華やぎ前半にパッと出る。発泡の勢いもあるか。パンチ力も持っている

39:☆3.8/♪△
大阪:さか松(浪花正宗)・純米大吟醸
好み。バランス、程々の勢い

40:☆3.7↑/♪△
三重:而今・純米吟醸・無濾過生原酒“山田錦”
バランス良い。勢い、インパクトはやや少なめ

以上、40種類でした!


【 第63回多摩独酌会・試飲結果 】
【 人気の出品酒・Best 3 】

Cimg9691

会場全体のアンケート結果はこちら!

第1位・来福
第2位・鼎(信州銘醸)
第3位・仙禽

【 SOJA☆高得点銘柄 】

9:長野:鼎(信州銘醸)・純米吟醸・生

10:福島:飛露喜・特別純米・生詰

20:東京:紅龍(多満自慢)・純米吟醸・生

21:長野:麻輝(川中島幻舞)・純米吟醸・無濾過生原酒直汲み中取り

39:大阪:さか松(浪花正宗)・純米大吟醸

☆3.8で区切ると以上、40種類中5種類。
意外な部分、納得の部分ありました。
「飛露喜」は、居酒屋さんで見掛けても、
あまり注文しないけれど、
多摩独酌会では、良い点数を付けることが多い蔵元。
「麻輝」は昔から好きな銘柄で、
長野のこのお酒を今回、
ブラインドでいちばん良い点数を付けることが出来たのは嬉しかったです。

☆3.7で区切った場合には、
後の蔵元試飲でも好ましいと思った銘柄が増えます。
来福や花泉、屋の守、鍋島、貴、而今など。

【 Ykさん♪高得点銘柄 】

8:茨城:来福“スイート”・特別純米・生“若水”

17:徳島:三芳菊・純米吟醸・生“岡山雄町”

20:東京:紅龍(多満自慢)・純米吟醸・生

21:長野:麻輝(川中島幻舞)・純米吟醸・無濾過生原酒直汲み中取り

34:埼玉:鏡山・特別純米・無濾過生原酒“雄町”

38:山口:貴・純米吟醸・中取りおりがらみ生“雄町”

以上、40種類中6種類。
「鏡山」や「貴」など、
Ykさんが普段好みだと言う蔵元が入っているあたり、
先入観なしに両蔵は好きな様子。
ブラインド試飲結果を見る前の段階、
後半試飲を含めた全111種類中、
いちばん高い点数を付けた銘柄「鏡山」が入っていたのは、
よほど好みを利き分ける力があるのだな、と感じられました。

【 SOJA&Ykさんが共に高得点だった銘柄 】

僕とYkさんの好みは、
普段、飲んでいても大きく違います。
そんな中で40種類のうち2種類が共に高得点でした。

20:東京:紅龍(多満自慢)・純米吟醸・生

21:長野:麻輝(川中島幻舞)・純米吟醸・無濾過生原酒直汲み中取り

信州の酒蔵を巡る「信州SAKEカントリーツーリズム」にて、
「川中島幻舞」の「酒千蔵野」には立ち寄る事が出来るでしょう。
遊びに行く日も、また楽しみになる結果でした!


以上、
第63回多摩独酌会、ブラインド試飲結果一覧でした!!

蔵元ブースの試飲結果に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »