« その背中に書き殴りたい言葉はなに?(2010年7月17日・地酒屋こだま) | トップページ | 旅第7回信州SAKEカントリーツーリズム・前半(2010年9月3日) »

2010年12月 9日 (木)

第64回多摩独酌会(2010年10月17日)


Cimg2134

11蔵の蔵元と酒を飲もう
~ 意外な一面、意外な味わい、酒の魅力を深める ~

吉例、秋の多摩独酌会!

Ykさんとふたりで行って来ました!
最後に会場アンケートを取ると言う事で、
僕自身もメモを取ったけれど、
Ykさんもメモを取りながらテイスティングです。
慣れない事だと思うけれど、
一生懸命、点数を付けて行ってくれました。

今回は、
前段、「長野酒メッセ」でもお会いした
長野市西鶴賀にある「いろは鮨」のマスター殿と、
同じ席に座ることが出来、
たぶん、この3人だけ?
長野からの遠征組として、試飲していました。
今回、初めてマスターさんと一緒に、
日本酒を飲む事になったのだけれど、
当然と言えば当然、
「飲食店さん目線」の評価、
その自分たちのリストとの差を感じるのは、
とても興味深い、得るものでした。

僕らは自分が好きか嫌いかだけ…だけれど、
お寿司屋さん、
魚を、料理を、どう見せてくれるか、
それが頭の中に見えている様でした。



小山商店主催、
聖蹟桜ヶ丘・レストラン神谷にて!

【 第64回 多摩独酌会 】

Cimg2136

配られたパンフレットはいつもより厚みのあるものでした。

Cimg2137

会の表題がある表紙。
ここはいつも通り。
何故か、ごりさんが利き酒師と言う役職だったり。

Cimg2138

右に切り取り可能な点数記述欄があり、
アンケートではこれを回収します。
詳細なお酒の情報がまとめられたリスト。

Cimg2139

3枚目。
「蔵元への一言」のページ。

これ、すごく良い事だなぁ…と思いました。
僕らは試飲できて得るものがあるけれど、
蔵元さんは、いつも忙しそう。
その中で伝えられないこともあるし、
こうして手紙にして伝えるのは、
とても良いことだと思いました。

最後、僕もYkさんも書いている間は、
あっという間の数時間、
その楽しさを振り返りながら、
お会いした蔵元さんの顔が浮かべ書きました。
より一層、
日本酒を、蔵元を知る機会となります!


【 試飲リスト:まえおき 】

以下、
SOJAとYkが試飲をして、
思ったままを書き留めて、それを記事化したものです。
けして絶対評価ではないし、
僕らの良し悪しは、
ほとんど、どなたかの良し悪しとは違うものです。
僕らの苦手なお酒が、心から美味しいと感じられる!
それはとても正しいし、万に数千以上もあり得ること。
もし、「このお酒は僕も好きだ!」と共感して頂けたなら何より。
それもまた、万に数千以上の同確率。

今回、リストは以下のテンプレートを元に書いて行きます。

SOJA:☆ / 点

Yk: / 点

名前のすぐ隣、
SOJAなら「☆」、Ykさんなら「○」や「△」が付けられます。
ここはいつも通り。
僕は☆5.0を最高に、☆3.5を基準として、
Ykさんは良い印象から、◎>○>●>△>▲>■の順。

会場アンケートは、1,2,3,4,5点で判定、記録。
小数点はなし…とのことでした。
「1」は「ちょっと苦手かな…」で、
「5」は「大好きだ!」と言う区分。
名前の下の「→」以降には、
お酒を飲んで思ったことを書き記してあります。

試飲して行った蔵元さん順に書いて行きます。
今回、僕ら参加者はテーブルに座り、
蔵元さんが自慢の日本酒を持って、
各テーブルを回り巡るスタイルでした。
僕らが座った場所から、
テーブル・リレーを始めたのは、
「仙禽」のご兄弟。
お酒の名前の前に付いている番号は、
配布されたリスト上の番号になります。

【 試飲リスト:全36種 】

【 栃木・仙禽 】

Cimg2140

No.13
栃木・仙禽・純米吟醸・中取り無濾過原酒“とちぎ酒14号”
SOJA:☆3.7 / 3点
→香気あり、酸あり、木香風。明るく辛味が優しくヒット
Yk:○ / 4点
→香あり。辛め→飲みやすい

No.14
栃木・仙禽・山廃純米・木桶仕込み無濾過生原酒“亀の尾”
SOJA:☆3.7 / 3点
→コク、深み。酸高くジンと来る。
 ハイパフォーマンス。飲める山廃。
 不老泉とは別のアタック
Yk:△ / 3点
→米の香、味、強い

No.15
栃木・仙禽・純米大吟醸・中取り無濾過原酒“千本錦”
SOJA:☆3.8 / 4点
→うまい!甘味とコクがちゃんと立ち、
 やや中盤にサラッとするが明るく、
 ほの柔らかさもあって香が広がる
Yk:△ / 3点
→甘い感じ→強い

ここで買いそびれていた、
「仙禽」の大吟醸の情報を得ます。
まだ、あるのだと。
その後、年末酒としてバッチリ購入させて頂きました。

Cimg2841

精米歩合19%と35%で「亀の尾」を用いた出品酒。

【 福島・奈良萬 】

Cimg2141

毎回、試飲会には「テーマ」を設けて、
お酒を持って来ている萬太郎さん。
今回は火入れの差。
火入れなし、火入れ1回、火入れ2回の3種を持って来てくれました。
その味わいの差、確かに感じられました。

No.10
福島・奈良萬・純米・2回火入れ
SOJA:☆3.7 / 4点
→深いコクと旨味、味あり。パワー。少しセメ系香
Yk:△ / 3点
→にがく感じる→米の味、強い感じ

No.11
福島・奈良萬・純米・瓶火入れ
SOJA:☆3.9 / 5点
→ミルクっぽさ出て来る。美味しいメロン果肉。
 上手。すっごいバランス良い。コク
Yk:○ / 4点
→米香、米の味、柔らかい感じ

No.12
福島・奈良萬・純米・中垂れ生
SOJA:☆3.7 / 4点
→美味しい。透き通る桃香のイメージ。旨味強く、
 透明であって香り高い
Yk:○ / 4点
→米の香、甘い→少し苦味

【 新潟・想天坊 】

Cimg2142

酵母は順に14号、10号、10号とのこと。

No.7
新潟・想天坊“ゆらぎ”・純米火入れ“契約栽培高嶺錦”
SOJA:☆3.6 / 2点
→アルコール香。苦くてキュルっとした感じ。
 ミルク系に渋味。もう少しで前に出て来そう
Yk:△ / 3点
→お酒って感じの匂い→薄くなる、米の味

No.8
新潟・想天坊“福扇”・活性にごり生酒
SOJA:☆3.6↑ / 3点
→分かり易い美味しさ、味、うまさ。
 香の奥ゆかしさはこちらにも
Yk:● / 3点
→甘い香、まろやかだけど少し苦味、強い感じ

No.9
新潟・想天坊・特別純米ひやおろし“高嶺錦”
SOJA:☆3.8 / 4点
→香あり。良い酒香。高品質。メリハリあって美味しい。
 純米吟醸クラスの雰囲気
Yk:△ / 3点
→香、あまりない、苦味あり、強い感じ

【 秋田・一白水成 】

Cimg2143

No.4
秋田・一白水成・特別純米
SOJA:☆3.8 / 4点
→香り高い。メリハリ。甘味あり。
 旨味のハリ、透明さ、
 酸の追いかけも良い。
 ラストにほんの少し渋さが残るか
Yk:△ / 3点
→香り甘い。炭酸っぽい感じ→強い感じ

No.5
秋田・一白水成・純米吟醸・無濾過原酒
SOJA:☆3.8 / 4点
→これも良い香。飲んでボリュームアップ。
 力があって旨いが香に透明感を忘れない
 うーん、〆が少し引っかかるか
Yk:△ / 3点
→甘い香、苦味あり、強い感じ

No.6
秋田・一白水成・純米“亀の尾”
SOJA:☆3.5 / 2点
→やや重み。他の2種に比べて、ややもたつく。
 この3種の中では味わいがじんわりにじむ感じ
Yk:▲ / 3点
→米香。米の味、強い

【 青森・陸奥八仙 】

Cimg2144

No.1
青森・陸奥八仙・吟醸生詰(ピンクラベル)
SOJA:☆3.8 / 4点
→灰っぽい上立ち…?うはっ!?(飲む)旨いぞ、これ!
 柔らかさとコク、
 奥にしっかり香、果実が生きた旨味!
Yk:◎ / 5点
→甘い香、美味しい、甘い

No.2
青森・陸奥八仙・特別純米ひやおろし(緑ラベル)
SOJA:☆3.6↑ / 3点
→ピュア。少し軽い。酸高く辛く強い。
 バランスは調っている。燗もいけそう
Yk:○ / 4点
→米香、強い感じ、まろやか

No.3
青森・陸奥八仙・純米吟醸生“えんぶり”
SOJA:☆3.6 / 2点
→甘味、砂糖のイメージも少し。渋味、今、温度高い
Yk:○ / 3点
→米香、甘い、華やか、炭酸っぽい→苦い

このNo.3の酒、
酒の面白さを教えてくれました。
全て回った後に、もう1度飲んだのですが、
素晴らしい開花を感じました。
Ykさんは今回、そうした時間の変化に重点を置いていて、
注目していた様なんです、この「えんぶり」を。
旨味の充実ぶりは本当に素晴らしかった!

【 多摩独酌会セレクト 】

Cimg2145

12人の投票によって決められた3本とのこと。

No.34
広島・本州一・純米原酒“秋の宵”
SOJA:☆3.7 / 3点
→うは!華やかで旨味が鼻に乗って飛び出る。
 元気とコク、まろ感あって、パワーで攻める
Yk:△ / 3点
→甘い香、米味、柔らかい

No.35
栃木・鳳凰美田・特別純米・火入れ
SOJA:☆3.5 / 1点
→僕には渋い。香が奥に感じられる。
 出ようとしている香気、もっと出て欲しい!
 酸が全体に混ざって、〆はやや苦手感
Yk:◎ / 5点
→甘味、強い感じ、炭酸っぽい

No.36
佐賀・鍋島・純米吟醸・火入れ“風ラベル”
SOJA:☆3.7 / 3点
→バランス。ラスト苦味少し。
 やっぱりこの柔和なテイストが上手だと思う
Yk:△ / 3点
→強い感じ、飲みやすい

【 山口・貴 】

Cimg2146

No.31
山口・貴・“濃醇”辛口純米80%
SOJA:☆3.7 / 3点
→カプ系、勢い始まり、スッと広がって、
 じわじわ旨味が出て来て、酸でキレる
Yk:△ / 3点
→米香、甘辛い

No.32
山口・貴・特別純米60%
SOJA:☆3.7↑ / 4点
→このミルク系の香がいい!美味しい
 酸を感じ、勢いあり、
 もたつきがなくて、コクがある
Yk:● / 3点
→米香、強い感じ、甘い香

No.33
山口・貴・純米吟醸“山田錦”
SOJA:☆3.7 / 3点
→抜群のバランス。緑色のハリ。
 少し温度高めに感じるが、良い。
 良い熟れ
Yk:○ / 4点
→甘い香、炭酸っぽい

【 愛媛・賀儀屋 】

Cimg2147

それぞれ「松山三井」を使い、
同じ酵母で醸された日本酒だそうです。

No.28
愛媛・伊予賀儀屋・本醸造・無濾過生詰
SOJA:☆3.7 / 3点
→旨味乗り、香は少なめ、強く辛味が出る。
 口の中で揉むと良くなってくる。
 旨味あり、酸+を感じる
Yk:△ / 3点
→米香、米味、甘い→苦味

No.29
愛媛・伊予賀儀屋・純米吟醸・無濾過生詰
SOJA:☆3.8 / 4点
→セメ系香。おお、飲むと良い酸を感じ、良い味。
 酸、軽やかに立って美味しい。
 前半は栗をどこか感じる。キレも良い
Yk:● / 3点
→甘香、炭酸っぽい、米味

No.30
愛媛・伊予賀儀屋・純米吟醸・無濾過生原酒
SOJA:☆3.7 / 3点
→熟成香。旨味強く波の立ちが前に。
 キレのあるタイプではない。
 徐々にアルコールっぽさ、強さが出て来る
Yk:△ / 2点
→飲み易い、からい

【 和歌山・鉄砲隊&車坂 】

Cimg2148

No.25
和歌山・車坂・吟醸“紀州黒潮・魚にあう吟醸酒”
SOJA:☆3.8 / 4点
→上立ちは特に強くない。
 飲むとジューシーさと軽さを感じる。
 弾むような感じもある。
 生っぽくない前半、後半はそれっぽい
Yk:● / 3点
→甘香、甘味、砂糖の味

No.26
和歌山・車坂・純米吟醸“和歌山産山田錦”
SOJA:☆3.6 / 3点
→酸、渋あり。酸強い。
 逆に料理に対応できる。キレは程好い。
 ただ、全体に平坦
Yk:● / 3点
→強い感じ、あとで広がる

No.27
和歌山・鉄砲隊(車坂)・純米吟醸“播州山田錦”19BY
SOJA:☆3.5 / 3点
→甘味、旨味、奥に枯分。
 熟れた雰囲気。粉っぽくも思う。
 酸がこなれて来ていない?
Yk:● / 3点
→米味、米香、まろやか

【 神奈川・相模灘 】

Cimg2149

No.19
神奈川・相模灘・特別本醸造・瓶囲い無濾過
SOJA:☆3.4 / 2点
→セメ系香。苦味、渋味を少し拾う。
 木樽?
 旨味も少し上って来て酸がかぶさる。
 全体的に落ち着いた雰囲気
Yk:▲ / 2点
→だんだん甘くなる→苦味

No.20
神奈川・相模灘・特別純米・瓶囲い無濾過
SOJA:☆3.5 / 2点
→パリパリした感じ。
 木樽の香。とってもハリ!がある感じ。
 背面に渋さ、酸高い?
Yk:● / 3点
→米香、強い感じ

No.21
神奈川・相模灘・純米吟醸・瓶囲い無濾過
SOJA:☆3.6 / 3点
→3種の中でも甘い。
 甘く、ややサラッとして、
 バランスが出つつある
Yk:△ / 3点
→米味、強い感じ、まろやか

【 神奈川・天青 】

Cimg2150

No.16
神奈川・天青“風露”・特別本醸造・火入れ
SOJA:☆3.8 / 4点
→香少なめ。アルコール、梨、旨味追い掛け。
 アッサリしすぎず、良いバランス。美味しい
Yk:▲ / 2点
→米香、甘味→苦味

No.17
神奈川・天青“吟望”・特別純米・火入れ“秋おりがらみ”
SOJA:☆3.6 / 3点
→ギュルルっとした渋さ、柿渋、
 前半が抜けた後半が美味しい。
 だんだん馴染んで来る感じがした
Yk:▲ / 2点
→米香、米味、強い感じ

No.18
神奈川・天青“千峰”・純米吟醸・火入れ“SKYBLUE”
SOJA:☆3.6 / 3点
→とろっとしつつ、ハリがありつつ、
 辛味もありつつ、粉っぽい雰囲気。
 少しバランス
Yk:▲ / 2点
→最後に強い感じ。米香

五十嵐杜氏が湘南ビールをも醸していると、
この時、初めて知りました。
なんたる多才さ!!

【 千葉・甲子正宗“一喜” 】

Cimg2151

No.22
千葉・一喜・純米吟醸・生おりがらみ
SOJA:☆3.7 / 3点
→トップにヌルリとした飴の香。
 その後すぐにとても強い香。
 カプ系の雰囲気が凄い。
 自分には香が強過ぎる程に感じてしまう
Yk:○ / 4点
→甘香、甘味

No.23
千葉・一喜・純米吟醸・生
SOJA:☆3.6 / 3点
→熟成香。酸のあと、↑の香が混ざる感じ。
 後半にあまり残らない
Yk:○ / 4点
→甘香、強い感じ

No.24
千葉・甲子正宗(一喜)・純米大吟醸・火入れ
SOJA:☆3.6 / 3点
→香少なし。バランスは良い。
 まろみのあるまとまり。
 他の2種に比べて、すごく落ち着いている感じ
Yk:▲ / 2点
→あとで強い感じ、辛い感じ


以上、全36種類を試飲させて頂きました!

【 会場アンケート結果 】

後日発表された?アンケート結果は以下。
…と言うより、
会の後に「陸奥八仙」の駒井さんが、
「Twitter」でつぶやかれていたものを見たからこそ、
こうして結果を知っています。感謝。
(小山商店の店頭に掲示があったかも知れません)

1位:奈良萬
2位:一喜
3位:陸奥八仙、一白水成

それぞれの銘柄の、どのお酒か…までは、
分かりませんでしたが、
僕とYkさんの中で、
少なくとも奈良萬は1回火入れだなぁ…と思いました。
すこぶる美味しかったです。

多摩独酌会、
ランクインの傾向からして、
香系「一喜」は納得の順。
そして、
常勝組、陸奥八仙、一白水成の3位も納得です。
それぞれ僅差の投票数だったのではないでしょうか。


次は春に開かれる大大会、
アウラホールでの多摩独酌会になりそうです!

またひとつ、いやそれ以上に、
日本酒の美味しさ、楽しさを知った1日でした!

日本酒を飲み比べる、

これは楽しい。

日本酒の好みを知り比べる、

その縁の広がり、

これも楽しい。

|

« その背中に書き殴りたい言葉はなに?(2010年7月17日・地酒屋こだま) | トップページ | 旅第7回信州SAKEカントリーツーリズム・前半(2010年9月3日) »

多摩独酌会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/50256884

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回多摩独酌会(2010年10月17日):

« その背中に書き殴りたい言葉はなに?(2010年7月17日・地酒屋こだま) | トップページ | 旅第7回信州SAKEカントリーツーリズム・前半(2010年9月3日) »