« 念願のわさびめしをYkさんに食べさせたかった!(2010年2月20日・つず久) | トップページ | 第8回S.M.W.S.松本テイスティング会(2010年9月18日・摩幌美) »

2010年9月22日 (水)

憧れの輪っか、日本酒が飲まれる場所。(2009年12月6日・酒魚まきたや)



こうなるにはどうしたら良いのか。

「人口」と言う言葉に逃げてはいけない気がする。

だって、どこにでもお酒を愛する人はいるはずなのだから。

2009年12月旅行記第9弾。
東京都は下高井戸「酒魚まきたや」訪問記。


【 2009年12月6日 】

青森は八戸、福島は喜多方、会津若松を経て、
僕らは東京に帰って来ました。

Cimg8100

新宿のイルミネーション。
この日は新宿にホテルを取り、明日に松本へと帰る予定でした。
まだまだ残暑が厳しい2010年9月初旬、
こうしてブログを書いている今、
Ykさんのダウンジャケットは随分と暑く見えます。
けれど、もう3ヶ月もすれば、
違和感がなくなる季節になるのかと思うと、
何だか不思議であり疑う気持ちも芽生えますね。

Cimg8101

この日、僕らが向かったのは下高井戸駅周辺。
日曜日の夜と言えど、人出は多く感じました。
しばらく歩くと見えてくる看板。

Cimg8103

【 酒魚まきたや 】

Cimg8102

松本駅前「風林火山」とも繋がりがあり、
比較的、長野の日本酒も置かれていると言うお店。

Cimg8104

この箸置き、箸の置き方は、
ブログ「92の扉」にて、よく目にした光景でした。
( http://blog.goo.ne.jp/92_t/ )
これを見に、僕らはここに訪れた様なものでした。

Cimg8107

旅の疲れもあったので、
「ぷはぁ」と喉を潤します。

【 自家製イカの塩辛 】

Cimg8108

この旅、
四ツ谷「酒徒庵」、
八戸陸奥湊「がんこおやじ」に続いて、
3回目のイカの塩辛。
やはり、お店毎に個性がありますね。

【 新潟・根知男山 & 奈良・篠峯 】

Cimg8111

新潟・根知男山・純米吟醸、
奈良・篠峯・純米“山田錦”,遊々、

日本酒はこの2銘柄から始めました。
根知男山は、やはりYkさんと相性が良く、
また久し振りの篠峯、塩辛とも美味しく頂きました。

【 海鮮サラダ 】

Cimg8115

【 白子ポンズ 】

Cimg8117

【 あじのなめろう 】

Cimg8119

【 本ししゃも焼き 】

Cimg8124

店名に「魚」とある通り、
魚介類が多く取り揃えられていて、
これらを中心にお願いして行きます。

【 山口・獺祭 & 長野・黒澤 】

Cimg8120

山口・獺祭・純米大吟醸48“寒造早槽”
長野・黒澤・生もと純米吟醸・無濾過原酒2007年

【 島根・王禄 & 岐阜・小左衛門 】

Cimg8125

島根・王禄・純米・無濾過生原酒“無農薬山田錦80%精米”
岐阜・小左衛門・純米“三郷錦”8号酵母

日本酒も癖の強いもの…と言うよりは、
比較的、お魚に合わせ易い品揃えに感じました。
「黒澤」は長野県の日本酒だけれど、
「井筒長」共に、中信松本では、
なかなかお目に掛かる機会がありません。
こうして飲むことが出来、嬉しい限り。

【 まぐろの唐揚げ・ピリ辛ネギソース 】

Cimg8130

【 揚げぎんなん 】

Cimg8132

【 北海道鮭山漬け焼き 】

Cimg8133

後半は焼き物や揚げ物なども注文しました。

【 秋田・ゆきの美人 & 高知・安芸虎 】

Cimg8136

秋田・ゆきの美人・純米吟醸“吟の精&秋田酒こまち”
高知・安芸虎・純米しぼりたて無濾過生“風鳴子”

【 佐賀・鍋島・純米吟醸“愛山”生 】

Cimg8139

12月初頭なので新酒の時期とも重なり、
これらを楽しみつつ、最後には「鍋島」を。

【 かっぱ巻&鉄火巻 】

Cimg8141

〆に巻物をお願いしました。
こうしたご飯ものの充実もありがたいですね。


「なめろう」や「揚げぎんなん」など、
松本の「よよぎ」と重なるメニュウもあり、
どこか郷里を懐かしみながらの食事でした。

「まきたや」ショップカード付近にて、
「AGLIO」のカードを見つけます。
これもまた聞き覚えのあるお店。
僕とYkさんは最後にBarに立ち寄ろうと、
勢い任せにお店を後にしたのでした。

隣席では、
日本酒について、熱く語る男性の卓もあり、
耳に入って来る勢いと、
他の方の声がしない事に、
“もう少し気楽に、楽しく話すと良いかもなぁ”と、
勝手な物思いをしながら、
されど、ほぼ満席に見えた店内の賑わいに紛れ込みながら。

「日本酒がよく飲まれているなぁ」…と感じます。
賑わいは日本酒と食を求める故の栄え。
日本酒を美味しく楽しく飲むことは、
けして難しくないけれど、
なかなか生活に馴染んでいない気がするのは、
もしか、そこにとても難しいことが隠されているのかも。

いやいや、
だからこそ難しく考えずに、
日本酒を楽しむ時間を味わえたらなぁ…と思うのでした。

美味しいことは楽しいし、
楽しいことはきっと、とても美味しいのだと思います。


2009年12月旅行記第9弾はここまで。
第10弾に続きます!

|

« 念願のわさびめしをYkさんに食べさせたかった!(2010年2月20日・つず久) | トップページ | 第8回S.M.W.S.松本テイスティング会(2010年9月18日・摩幌美) »

」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

奥様が結婚前は「海晴亭」さんか「AGLIO」さんのスタッフだったというご縁があるのです。

そうした繋がりもあるせいか、「AGLIO」の店長さんが来店された時に同席したこともありますよ~

投稿: kuni@92の扉 | 2010年9月23日 (木) 13時55分

そんな繋がりがあったのですか!
なるほど~。
この後に僕らはAGLIOに行く訳ですが、
そうした縁があった道を歩いていたのですね。

投稿: SOJA | 2010年9月23日 (木) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/49529892

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの輪っか、日本酒が飲まれる場所。(2009年12月6日・酒魚まきたや):

« 念願のわさびめしをYkさんに食べさせたかった!(2010年2月20日・つず久) | トップページ | 第8回S.M.W.S.松本テイスティング会(2010年9月18日・摩幌美) »