« 和風つけ麺、豚骨魚介中華そば、金沢流和風とんこつ(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) | トップページ | 旨潮麺・甘海老醤仕立て、鶏そば+直人、豊潤淡麗・優しさの余韻(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) »

2010年5月 3日 (月)

特製みそラーメン、神仙の中華そば、富山ブラック黒醤油らーめん(2010年4月28日・信越麺戦記part.2)


Cimg9971_2

信越麺戦記も後半戦開始!
連休に入り、
賑わいを感じるべく日中遊びに行って来ました!

いつものブログ更新ペースからは考えられないほど連続更新!
信越麺戦記イベント期間中は、
頑張って更新して行きます!!

【 信越麺戦記part.2 公式サイト 】
【 http://mensenki.naganoblog.jp/ 】

題字は今回、Ykさんとふたり、
印象に残った1杯を背景にして自書。

次回は夜に訪れる予定だから、
行列が特に長いお店は、後回し。
お腹も空いているし、食べられそうな所から食べて行こう!
そんな訳で、まず並んだのは新潟味噌ラーメンのこの1杯。

【 ラーメン東横 】

Cimg9970

【 特製みそラーメン+野菜山盛+チャーシュー2枚 】

Cimg9971

100円増しで、このボリュームってすごく嬉しい!
たっぷりの野菜と大判のチャーシュー、
掘り返せば、極太の麺!
振り掛けた七味唐辛子も美味しい一杯でした!

Cimg9973

薄めるための割りスープが添えられるほど、インパクト大のスープ。
麺の香も野菜の香も、何もかもが強烈で…でも、すごく美味しかった!
Ykさんも好みの太麺は、もちもちとしていて、
スープの塩辛味、味噌の香に合わせて来てくれます。
焼きながらスープを飛ばせば、そのまま焼きそばになりそうだな…とさえ、僕は思いました。
「麺と汁をすする」…ではなくて、
「丼」をすする…ではなくて、
「 一皿の麺を食らう! 」…そんなイメージ。
ダイナミックな構成が、そのまま伝わって来て満足度、高かったです。
ガツンと来る味噌、
お味噌汁の様な味噌の粒子を感じるものと言うよりは、
よく融かされ、一体化している印象でした。

割りスープは、もちろんだけれど塩気もない、
純然としたスープそのもの。
味噌スープを割ると、濃度が薄まると同時に香にも変化があって、
マイルドであり、取っ付き易い感覚になり。
割った状態であっても、塩の感覚に差はあるけれど、
全体のバランスや美味しさには影響しておらず、美味しく頂く事が出来ました。

チャーシューは逆にあっさりした雰囲気。
けれど、肉の香はきちんと伝わって来て美味しかったです。
味噌スープに、とても合っていました。

【 中華そば神仙 】

Cimg9974

続いて、金沢からの1杯。

店主さん、スタッフさん共に、
威勢の良い掛け声が賑やかで、元気いっぱい。
並んでいる時も飽きません。

【 中華そば+味玉 】

Cimg9975

豚の匂い、たまらないです。

Cimg9976

豚骨臭、ときめかずには居られません。
硬め指定をお願いした麺をすする瞬間に上る豚の香。
口の中まで数センチ、たったそれだけの距離だけれど、
引きは十分な魅力!
食べて前半の豚骨旨さに比べ、
後半は引きが早く、
“あっさり”とは言えないのだけれど、
下手に口残りせずに、次の麺を矢継ぎ早に入れたくなる、
あっと言う間の1杯でした。
物足りなさはないけれど、くどさや重さもない、
このバランス力は、実に美味しいと感じました。
味濃いスープ、
ご飯と一緒に食べても旨そうだなぁ…と思います。

トッピングした味玉も、このスープにとって、
組み合わせ良いものだと感じました。
黄身が融けだすタイプで、
噛り付くと、
とろみの中に、ダシ香に近い旨味が広がるもの。
美味しかったです!

【 麺家いろは 】

一時期は行列になっていたけれど、
気付けば列が少なくなっていたので、並ぶ事にしました。

列が少ない理由、
それはオペレーションの良さ、なのですね。
トッピングや硬め指定などがないから、
列に並んでいる人数を見て、先に麺を茹で始めている様子。
なので、特に早くラーメンにあり付けると感じました。

デフォルトで、
たっぷりのスープ、チャーシュー2枚、煮玉子つき、
この豪華さに、トッピングはこれ以上無くても満足ですとも!

【 富山ブラック黒醤油らーめん 】

Cimg9979

立ち上る香の芳しさ、
前半戦の白醤油に続いて、特に良いものと感じました。
食べる前から、そそります!
彩を感じる醤油味、どこかスパイスっぽさ…白胡椒の様な。
単調、シンプルな醤油ラーメンも美味しいけれど、
この一杯は贅沢な感覚すら抱く、1杯。
具の多さではなく、
醤油由来、ダシ由来の味の要素が多彩であると感じます。

Cimg9981

麺は前半戦と同じものでしょうか。
スープが違えば、随分と印象が違うものですね!
肉厚のチャーシューは、箸で掴むとしっかりしているけれど、
食べてみると、ほろっと崩れる心の底から美味しいと感じるもの。
食感に差はあるけれど、
松本市の「ラーメン郷」のチャーシューが好きな僕には、
あのチャーシューメンを思い起こさせてくれる味付け、味わいでした。
この手のチャーシュー、本当に好きです。
おもむろに白飯を思い浮かべてしまいます。食べたくて仕方がない!

以上、3杯をお昼ご飯代わりに頂いてきました!

ごちそうさまでした!

【 信州ラーメン四天王監修・冷やしつけ麺 】

Cimg9985

晩ご飯に、ちょっと気になっていたコンビニ麺を。
麺戦記前半戦の活躍が記憶に新しい四天王監修の冷やしつけ麺。
ほぐし液がレモン風味だったり、何かとこだわりを感じられ興味を持ちました。
コンビニ飯で498円って、
きっと結構高額なのだと思うけれど、
麺にしても、具の豊富さにしても、
ひとつスープを取ってみても、
添付でラー油が付いていたり、揚げ玉があったり、
豪華仕様で、食べてみると納得のお値段だと感じました。
コンビニ飯では、
どうやったって麺が硬くなってしまうから、
あまり太麺って使われないと思うけれど、
この太麺は美味しく食べることが出来ました。
食感に違和感なし。
酸味が程好いつけダレは、
かすかな甘味、ラー油もあるけれど、塩味からも来る辛味、
ネギ、揚げ玉の香が活きるもので、良いバランス。
かなり考えられて造ったものだと感じました!
麺戦記ブログに加えるには、
番外的1杯だったけれど、美味しかったです!


信越麺戦記、残すは本日3日、4日、5日!!
最終日の5日は17時に終了してしまいます!

もし食べたい1杯があるとするなら、是非!

食べたい気持ち、我慢する必要があるでしょうか。
好天に恵まれ、
美味しいラーメンを、美味しくを食べましょう!


今年の麺戦記レポート。

白エビだし塩らーめん、背脂中華そば、優極かれーつけ麺(2010年4月26日・信越麺戦記part.2)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2010426part2-7b.html

和風つけ麺、豚骨魚介中華そば、金沢流和風とんこつ(2010年4月28日・信越麺戦記part.2)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/2010428part2-08.html

昨年の麺戦記レポート。

極豚・炙りチャーシューと春野菜の汁なし麺・酒麺亭 潤の中華そば(2009年4月27日・信越麺戦記)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/2009427-ae9e.html

あってり麺(塩)、来味の中華そば、潤の中華そば(2009年4月30日・信越麺戦記)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/2009430-5add.html

魚介の雫、昔にぼしラーメン、ばりこて(白)(2009年5月4日・信越麺戦記)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200954-2e7f.html

信州白醤油ラーメン、コクとり塩(2009年5月5日・信越麺戦記、俺らラーメンちょもらんま)
http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200955-bb20.html

|

« 和風つけ麺、豚骨魚介中華そば、金沢流和風とんこつ(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) | トップページ | 旨潮麺・甘海老醤仕立て、鶏そば+直人、豊潤淡麗・優しさの余韻(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/48254327

この記事へのトラックバック一覧です: 特製みそラーメン、神仙の中華そば、富山ブラック黒醤油らーめん(2010年4月28日・信越麺戦記part.2):

« 和風つけ麺、豚骨魚介中華そば、金沢流和風とんこつ(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) | トップページ | 旨潮麺・甘海老醤仕立て、鶏そば+直人、豊潤淡麗・優しさの余韻(2010年4月28日・信越麺戦記part.2) »