« 八戸に僕らの味覚が恋をする。(2010年12月4日・青森・がんこおやじ) | トップページ | 第4回:若手の夜明け 2010!(2010年3月28日・こまばエミナース) »

2010年3月23日 (火)

最近の家ごはん。(2010年3月・我が家)

 

シャクシャクッとした磯の香には、ビックリしたよ。


思い立って、突発日記。

某所で分けてもらった「生もずく」でのお味噌汁が、
心の底から美味しかったので記録。

Cimg9197

生もずくを洗います。

Cimg9199

その間に小鍋でダシを作る。

Cimg9200

生もずくは一緒に煮てしまうのではなく、
熱い味噌汁を掛けて食べた方が香が出て美味しいとのこと。
器にセット!
ネギは2種類。

Cimg9201

お味噌汁も、
いつも通り2種類の味噌をブレンドして合わせました。

Cimg9202

分かりにくい写真になってしまったけれど、
黒ずんで見えた「生」状態から一転、
熱を加えると青々とした色に変わります。
同時に、味噌汁の香と共に上るもずくの海の香はたまらない。
食べると、「海草」の「草」の字をすごく良く感じます。


Cimg9277

今思えば中華麺でやれば良かったと思う、
ちょっと間違った和風スープパスタ。ある日の自宅ランチ。
何を間違ったかって言うと、
食べながら「ラーメンだなぁ」と思っていたあたり。
器による視覚的な影響も大きいのかも。

ティーバックに和ダシ素材が詰め込まれたもの1包、
コンソメ1個をベースにする。
あとは煮干を追加したくらい。
動物性、お肉類は脂が出るから、
あんまり入れたくなかったので、
加工お肉類のウィンナーで代用する。
スープには絶大な美味しさを与えてくれると信じている。

ニンニクを刻んで入れる。
ニンジンを刻んで入れる。
セロリを刻んで入れる。
トマトを刻んで入れる。
アスパラを刻んで入れる。
インゲンを入れる。
茹でる。煮る。

盛り付けになってから、大葉を入れる。
この香がたまらん。

今回は胡椒とか油を入れたくなる気持ちを抑え、
とにかくYkさんリクエストのあっさり味を表現したかった。

味付けの要素を任せたのは、
「めんつゆ」と、
弟から配給が回って来た、
「フルール・ド・セル」と言う塩。
これがすこぶる旨い。
甘味がグッと増すんだわ。
おすましにも絶大な効果があって、
「あおさ」を使ったシンプルおすましも、
決め手に用いたところ、
美味しさの甘味が旨味が広がって、
Ykさんにすっごく喜んでもらえた。

以前、
「秘密のケンミンSHOW」で、
静岡県の藤枝周辺の「朝ラー」文化を紹介していました。
油を入れないタイプのラーメン。
もしかすると、こうしたコンセプトに近いのかなぁ、と。
細打ちの麺を使って、
このスープで試してみたいと思ったし、
冷たいラーメンにしても、
油の無さ故に適応できるんじゃないかと思いました。
夏に向けて、このラーメンを作って行きたい今日この頃。


【 毎日悦びの酒 】

Cimg9336

「洋酒店 醇」の漢字パズルよろしく、
お料理も楽しいけれど、お酒ライフも楽しい訳で。

先日、「洋酒店 醇」に遊びに行った時のお目当ては、
「Whisky Magazine Live!2010」の記念ボトルの中で、
特に飲んでみたかった2種類のボトル。
入荷したと聞いて、居ても立ってもいられず。

軽井沢蒸留所、羽生蒸留所、
共に「あぁ、今日飲みに来て良かった-!」と思える味わい。
飲み逃さないで良かったなぁ、と思いました。
マガジンライブは、
毎回、高品質のボトルを用意して来るので、
「美味しいんだろうな」と身構えているのだけれど、
期待以上の美味しさでした。

【 Yama-Bushi“山伏”Saison one / 志賀高原ビール 】

Cimg9152

家飲みでは、
志賀高原ビールの新スタイルとも言える、
セゾンスタイル「山伏」も飲んでみました。
2バッチ目。
美味しさ故か2バッチ目も、あっと言う間に完売でした。
750mlのみの販売だけれど、
夫婦2人で飲んで、多過ぎるってことがない。
夕食の始まりと共に開けて、
夕食も美味しく、
もちろん「山伏」も美味しく素敵な時間を過ごせました。
通常の「志賀高原ビール」は上昇気流のイメージなのかも。
比べて感じた穏やかさ…
…こう、親しみを抱く雰囲気は、
また飲みたくなる感覚でした。

【 山口・貴 】

Cimg9156

写真の左から、
特別純米直汲60、純米吟醸雄町50・中取り、純米吟醸山田錦50・中取り。

「厨十兵衛」で飲んだ「山田錦」が、
あまりにも美味しかったので、即座に購入いたして候。
美味しかったのは「山田錦」だけじゃありませんでした。
どれも本当に美味しいです。
繊細さと喉通りの嬉しさがたまらない。
もう1セット買っても良かったかも知れない、トリオボトル。

【 高知・亀泉・純米吟醸生原酒“CEL-24”にごり 】

Cimg9287

Ykさんに喜んで欲しくて購入。香系。
ついさっき開けましたが、
活性していて開封まで5分以上。元気いっぱいでした。
それにしても、この甘くかぐわしい、
“ジューシーってこう言うことだろ!?”と言いたくなる良い香に、
飲んでみると、
ジューシーってほど、
甘く重くない美味しさを持つ日本酒。
相反している様に文面では見えるけれど、
このバランスの美味しさは飲んでみると分かるはず。



今週は天候があまり良くありませんが。

Cimg9302_2

週末、春を感じつつ…のYkさん。

おろしたての春服を着てのお散歩は、信州スカイパークの青空の下にて。

梅が咲き始めていました。

|

« 八戸に僕らの味覚が恋をする。(2010年12月4日・青森・がんこおやじ) | トップページ | 第4回:若手の夜明け 2010!(2010年3月28日・こまばエミナース) »

家ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/47893124

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の家ごはん。(2010年3月・我が家):

« 八戸に僕らの味覚が恋をする。(2010年12月4日・青森・がんこおやじ) | トップページ | 第4回:若手の夜明け 2010!(2010年3月28日・こまばエミナース) »