« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »

2009年3月1日 - 2009年3月7日

2009年3月 6日 (金)

ウィスキーマガジンライブ!(2009年2月22日・東京ビッグサイト)


2008年2月2日に初めて「摩幌美」に着き、
その時も、
「ウィスキーマガジンライブ」の話は聞きました。
去年の当日は岐阜の瑞浪に…
「始禄・小左衛門」の蔵元に遊びに行く予定。
“だから行けない”…ただ、そう思っていました。
「行ってみたいとは思うけれど…」
…そんな感じ。
「行きたくて仕方が無い」、仕方が無かった今。
1年後の自分が、
こんなにもウィスキーが好きになるとは思っていなかった。
たぶん。

…――片鱗は間違いなくあったのだけれど。

kuniさん、Yoさんとの飲み会で、
自分がウィスキーを、
美味しいと思えるようになっている事に気付き、
片鱗だったものは、
酋長やAkさん、
もちろんkenchieさんやSkさん、
「摩幌美」の「モルトの会」で出会った皆さん、
N澤さんやT田さん、Y岡さん…
そして何より、
いつも共に「摩幌美」に通ったYkさんによって、
大輪に咲いて、
咲いたすぐ隣には、
次々に好奇心の種が植えられ芽を出し、
浪漫の雫に出会い、より一層楽しみを感じて行く。

先日、「摩幌美」に赴いた際にも、
新しいウィスキーが入荷していて、
とても美味しかった。

Cimg4906

「PC7」…ポート・シャーロットの7年目。
ピートのフレーバーに、
なんて豊かなナッツオイル、バター、クリーム、
レーズンバターなどの厚味が融け込んでいる事か。

日本酒の試飲会には何度も参加しているけれど、
世界規模、
「ウィスキーマガジンライブ」は、
また新世界に感じました!これは行かねば勿体無い!
ウィスキーの世界を広げてくれた、
みんなに「ありがとう!」と伝えたい思い!

すごくすごく楽しみにしていて、

すごくすごく楽しんだあの1日。


Cimg4844

…――再びこの光景を見るとは。
数年前、夏のコミケに参加した時以来のビックサイト。
あの時も随分とカルチャーショックを受けたものデス。

りんかい線「国際展示場」駅から歩く数分、
遠くに見えるけれど大きさゆえに近くにも見えるビックサイト。
ワクワクして、気持ち自然と足早に向かう。
それは今も昔も変わらないのかも。
天候にも恵まれ、良い気分です。

【 Whisky Magazine Live! 2009 】

Cimg4849

「ウィスキーマガジンライブ!」…
ウィスキーの専門雑誌「ウィスキーマガジン」が、
世界各地で執り行う一大イベントです!

今回は展示場での試飲について触れますが、
これとは別に、
ウィスキーをより深く知る為の
「マスタークラス」と言う企画もあります。
幾つか選べるテーマの中から、
「ダンカンテイラー」
「アラン蒸留所」「パラドックス」を選択しました。
講師として、ウィスキーに携わる現場の方を招いてのセミナー。
とても勉強になるものでした。
それはまた後日、書きます!

展示場に入り、
ぐるっと1周、人の波を掻き分けて、
入り口に戻り一息。
ステージ上では音楽のパフォーマンス。
僕とYkさんは、
お互いに興味があるビールコーナーへ足を運びます。

【 Baird Beer 】

Cimg4850

帝国IPA(Teikoku IPA)、
ダークスカイ木樽熟成インペリアルスタウト2008年、

「摩幌美・モルトの会」沼津ツアーで立ち寄ったベアードビール。
思い出深いです。
通年品の「帝国IPA」と季節限定品の「ダークスカイ」、
それぞれヴァウチャーチケット1枚での試飲でした。

会場に着いてから知ったのですが、
「ヴァウチャーチケット」なるものが存在し、
5枚セットで1000円、15枚セットで3000円で売られていました。
ビールの試飲はそれぞれ1回200円で出来る…と言うことになりますネ。
ウィスキーにおいては1本40000円を越える貴重なボトルも試飲でき、
それらはヴァウチャーチケット4枚と言う設定であったりもしました。
それでも換算して800円で、
欲しくとも買うのをためらってしまう様な高額なボトルを試飲できるのは、
お得ですよネ。
イベントならではのシステム。
全てが有料試飲と言う訳ではなく、
ボトルによっては、企業によっては無料試飲もあったり様々。
まずは理解して臨まないと…と言う感じですね。

【 TOKYO BLACK Real ALE 】

Cimg4856

続いてお願いしたのは、
ビール界屈指の名店、
両国「ポパイ」の樽に入った
「東京ブラック」と言う名のリアルエール。

Cimg4855

僕らが向かった時には、終売間近。
美味しさが人気を呼んだのでしょうか、
樽を傾けてサービングです。
苦味をあまり感じさせず、
奥に閉じ込めながら、
チョコレートにも似るフレーバーが、
軽やかに喉に滑り落ち、実に美味しかったデス。
両国「ポパイ」…益々行ってみたくなりますネ。

【 GlenScotia / WHISKY Magazine Live,Age 15 Years 】

Cimg4857

“Honeycomb and fudge”と名づけられた、
「ウィスキーマガジンライブ2009」限定ボトル。
「グレンスコシア」は良ければ買っておきたいものだったので、
試飲できたのは嬉しいですね。
期待していた雰囲気とはやや違い、
なるほど「ハニー&ファッジ」の肩書きに沿うもの。
ピート感はあまり無く、
樽由来か、甘みと滑らかさが先行する感じ。

【 AMRUT / BLACKADDER Cask Strength 】

Cimg4858

東京駅八重洲地下街「リカーズハセガワ」のブースにて。
同店HPに掲載されて気になっていた、
「アムルット」…
インド発のシングルモルトウィスキーを試飲させて頂きました。
年数表示のないもの。
標高の高い場所、
気圧や気温の関係から、かなり早く熟成が進むのだそうです。
特異な香はHPに書かれていた通りでクセを感じますが、
ボディ、フィニッシュなどの香は美味しいと思えるもの。
甘く、樽の香がよく移っているように感じました。

【 STOUT / 箕面ビール 】

Cimg4859

「W-IPA」も出展されていて、
残り1ヴァウチャーチケット分も無かった様で、
サービスしてもらいました。
Ykさんは「W-IPA」の方が気に入った様子。
個性的な香が美味しいビールですよね。
注いでくださった方、おそらくは醸造元さんで、
「箕面・コーヒースタウト」が美味しかった旨、
伝えることが出来、僕も満足。


以上、
「マスタークラス」の合間を挟んでの展示場での試飲でした。

気がつけば、
帰りのバスの時間も近付いていて、
ライブ会場を後にすること、
名残惜しくも感じながら、早め早めに行動。
新宿駅に到着した後は、
バス発着口の地下にある
「但馬屋珈琲店」にて、しばらくの休憩を。

Cimg4866

あぁもう!
楽しくて本当にあっと言う間の1日でした。
だからこそ、
祭終わって、静かになって、ほっと一息。
思い返す時間もまた楽しい。

次回、マスタークラス・レポートに続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

食酒楽会、岩清水の新酒を味わう!(2009年2月27日・三幸軒)


数年前、
滋賀「七本鎗」の田植えに行った時、
「あぁ、蔵元さんのまわりに良い仲間がいる」
…と感じたものです。

Cimg4884

2月27日、
辰野での仕事帰りに高速道路で北上。
一路、中野市へ。

長野県中野市井賀屋酒造場「岩清水」
中華料理「三幸軒」
「善光寺屋酒店」が協力して開催する
「食酒楽会(しょくしゅがっかい)」に行って来ました!

良い酒、良い仲間、築かれる和。

すでに数回開かれているこの会、
例えば、
お客さんに「和らぎ水」の習慣が定着しつつあります。
それってスゴイと思う。

日本酒を知ってもらう、
食と酒の美味しい関係を知ってもらう、
料理人は酒のために料理を考え、
蔵元は料理のために酒を考えている姿。

あぁ、旨くて楽しかった夜!
「岩清水」のまわりにも良い仲間がいました!


Cimg4881

「小坂屋旅館」と言う今晩の寝床を確保し、
「三幸軒」に向かいます。
「小坂屋旅館」、昔ながらの旅館と言う感じ。
お風呂やトイレ、洗面台は共同、
1泊4000円…楽天トラベルで予約したので、
結果、1泊3700円で泊まる事が出来ました。
部屋にはコタツもあって、風情アリ。
松本や辰野の感覚の軽装で居たのですが、
外はかなり寒かったデス。流石は北信。
思えば、帰り道は全然寒くなかったような。
楽しく酔っ払って帰った事が分かりますネ。

Cimg4883

甑倒しは3月3日予定の「岩清水」ですが、
専務さん、蔵人さんとも「岩清水」Tシャツを着て参戦。
今年のしぼりたてのお酒の感想を聞きつつ、
輪に入り、和を醸していました。

今年の「岩清水」は蒸しの改良、
麹の力価アップに重点を入れて醸し、
「袋吊り」と言う、
非常に手間の掛かるお酒の搾り方を採用し、
並々ならぬ気合を感じました。

今回、「岩清水」の新酒で出品されていたのは、
普通酒“秀撰”袋搾り、
普通酒“秀撰”無濾過おりがらみ、
本醸造・無濾過おりがらみ、
本醸造・袋採りおりがらみ、
特別純米・袋採りおりがらみ、
しぼりたて新酒…と言うラインナップ。
普通酒と本醸造の「無濾過おりがらみ」は濁酒ほどの濃さ、
他はうすにごりと言った滓の絡み具合でした。

特に「しぼりたて」だったお酒は、
基本的に酸が高めの「岩清水」の中でも、
より一層、ガツンと来る感じです。
ボディにパンチを集められ、
下に意識が集中した所に、
ドラゴンフィッシュブロウが飛んで来る様な感じ。
好みを非常に分ける強い酸のお酒ですが、
ハマる人には「これでもか」とハマります。
このお酒を持ち帰り、
「石川・常きげん」や
「山形・山吹極」が好きな弟に飲ませると、
「これ、俺、大好き」とのこと。
逆に、
「山口・東洋美人」や「佐賀・鍋島」など、
バランスと綺麗な酸の具合を好むYkさんは、
「ちょっと苦手かも」とのことで、
好みが分かれるお酒だからこそ、
求められているお酒に足りうるのだと感じました。
素っ気無いお酒で食中酒として合わせるのではなく、
力のある酒でも合うのだと言うアプローチ。

毎年、専務さんは、
「五割麹」だとか「金紋錦80%精米」とか
ワクワクする日本酒を繰り出して来て、
楽しみが多い蔵「岩清水」を感じさせてくれますネ。

特に今年は「袋吊り」系、面白いデス。

Cimg4882

〆のお料理「塩ワンタン」…
最初、中華料理屋さんで開かれると聞いて、
どんな料理が出るのだろう…と考えていました。

出会った料理、実に素晴らしいものでした。
「パンチがある日本酒が好きなんです」
…と言う料理人さん。
少しお話をさせて頂いたのですが、
「岩清水」のお酒を理解し、
それに合わせて料理を造る以上に、
日本酒に合わせる中華料理と言う提案が、
非常にしっかりと為されていました。

メニュウは以下の通り。

前菜:牡蠣の葱塩ソース掛け
前菜:サーモンの炙り揚げ玉葱添え
小鉢:海月とフキノトウの和えもの
炒物:イカのオイスター炒め
御肉:黒酢の酢鶏
御肉:牛肉の黒豆(トウチ)ソース炒め
〆物:塩ワンタン柚子風味

今思い返すに、
食べていて「ご飯!ご飯が欲しい!」と思う気持ちが少ない。
日本酒が共にあって丁度良いんです。
おそらくは塩気の強さが絶妙で、
ご飯が欲しくなるほど、
ご飯と合わせたいと思わせるほど塩気を使っておらず、
「岩清水」の酸度2.0を超えるパンチのあるお酒に、
ちょうど良いぐらいの塩加減、味付け。

黒酢の酢鶏と本醸造のおりがらみを合わせると、
酢の甘さに対するザックリとしたパンチ力が当たり、
更に強い酸を感じる「しぼりたて」と比べると、
酢の酸味と酒の酸味が対等で、
最後に酢鶏の旨味がそっと残る感覚。
ひとつの料理でお酒を変えて楽しめる…
…こりゃ楽しい訳デス。

海月とフキノトウの和えものも、
実に爽やかに造ってあり、
迎え入れる前菜として箸休めとして…
…小鉢として、ありがたいと思えるもの。
特別純米のやや柔らかな雰囲気に、
メリハリのあるフキノトウの香は心地良い。

そして最後は、
比べるとやや塩気の強い塩ワンタンで落とす…
…なんたる素晴らしき計算性。
いや、計算と言うよりも、
お話をさせて頂いた感覚からすれば、
「こうすれば美味しい時間を過ごせるかな」
…そう考えてコースを決めたのだと思います。
打算ではなく、
料理と日本酒を思う心の賜物ではないでしょうか。

金曜日夜、仕事を終えて遠出をして。
その価値、十分にありました!
楽しい夜に超!感謝!!

ありがとうございました!


買って帰ってきたのは以下3本。

【 岩清水・本醸造・袋採りおりがらみ生 】

Cimg4886

【 岩清水・特別純米・袋採りおりがらみ生 】

Cimg4887

【 岩清水“しぼりたて” 】

生まれたばかりのお酒をいち早く瓶詰めして会に提供してくれました!

今年の井賀屋酒造場「岩清水」!
今後の展開も楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

「良い1日だった」と言い合える喜び。(2009年2月21日・旬酒場 日がさ雨がさ)


「 いつもの土曜日みたい 」

それを言わせる空間、
初めての店、それってきっとスゴイこと。

それだけ安心できていると言うこと。


2月22日、
東京ビックサイトで開かれた、
「ウィスキーマガジンライブ」を前に、
21日の昼頃、高速バスに乗り、東京を目指しました。
「前泊の夜は楽しまなくちゃ!」
松本にも遊びに来てくれた、
四ツ谷の「旬酒場 日がさ雨がさ」に行く事にした、
僕とYkさん。

Cimg4805

丸の内線「四谷三丁目」駅から降りて直ぐ。
新宿駅発着の高速バスを降り、
新宿から丸の内線で3駅目だったか、
あっと言う間に到着して、
「こんなに近いんだ!」と驚いたものです。
新宿からも近いし、
「四谷三丁目」の駅から降りても近い。

Cimg4806

ビルの階下に掲げられている看板。

「日本にはこんなに旨い酒がある!」

元々は「和酒とんくろ」と言うお店を、
虎ノ門で開いていた店長さん。
独立して現在の「日がさ雨がさ」があり、
開店日も10月1日と「日本酒の日」だったりします。
看板の先頭に大きく書かれた一言は、
店長らしい和酒を愛するもの…
日本酒も焼酎も梅酒においても。
全酒類を美味しく飲める店長さんらしい感じがしますネ。

ビルの7階に「日がさ雨がさ」はあります。
エレベータに乗って降りるとそこはもう店舗内。
何度かお会いしている店長さんM澤さんに会い、ひと心地デス。

Cimg4811

予約しておいた窓際の“眺めの良い席”に案内されます。

Cimg4807

先んじて店舗情報を「ぐるナビ」で調べた時に、
「お客さんからのコメント」…
“お店の気配りが良い”とあったのですが、
早速、その利、見つけました。
足元にヒーター。
窓際、冬寒い席、これであたたかく過ごせますネ。

Cimg4808

冷蔵庫には旬の日本酒がたっぷり。

Cimg4809

ウィスキーもあったりします。

こと、お酒に関してはかなり楽しめる幅がありそう。

さて「日がさ雨がさ」の夜、スタートです。

【 前菜三種 】

Cimg4813

初手の前菜。
まずは旅、
過ごして来た1日の
ため息に合う、
ゆるやかな始まり、その酒肴。

Cimg4812

お箸は割り箸ではなく。
扱いやすい箸でした。
持ち手、柔らかく感じます。

日本酒、
フルサイズの180ml=1合と、
ハーフサイズの90ml、
そして陶器製、ガラス製の器が選べるようで、
陶器の器でお願いしました。
ひんやり冷えている器。
酒器の管理も行き届いている様子。

まず1杯目にお願いした日本酒はこちらを。

【 愛知・奥、宮城・乾坤一 】

Cimg4814

愛知・奥・純米大吟醸原酒“夢山水”19BY
含み香強く、甘く綺麗。
熟成香の雰囲気はなく、
上手に酒が熟れた気配あり。
矛盾している様な言葉だけれど、
時折出会う素晴らしい熟成を経た大吟醸級の存在感。
後半、アルコールの感覚が盛り上がり、
原酒だからこその背景、押し味が旨い。

宮城・乾坤一・純米吟醸生詰原酒“ササニシキ”「冬華」、
M澤さんにYkさんの好みを伝えた中で登場した1本。
エステル系の香味は高く、
甘さが伸び行き、それでいて派手とまで行かない芳しさは、
どこか長閑でふわりひらり浮かぶイメージ。
芯はしっかりと形作られており、バランスも良く、
Ykさんも美味しく飲むことが出来たし、
僕自身も、とても美味しいお酒だと感じることが出来ます。
バランスの良いお酒でした。

【 幻の大豆:長野産くらかけ豆のおひたし 】

Cimg4817

長野産、長野県名物…と聞くも、初耳。
Ykさんも、
その後、自分の両親、Ykさんのご両親に聞くも、
やはり初耳の「くらかけ豆」…
おそらくは中信以外の名物なのだと思われます。
「おひたし」…
「ひたし豆」であれば、それなりに馴染みがあるのですが、
くらかけ豆とは…?
「パンダ豆」とも呼ばれるもので、
豆の表面に馬の鞍に見える斑点が見えるから「くらかけ豆」なのだそうです。
M澤店長が「青海苔みたいな風味も」…
…と仰っていて、
半信半疑で口にしましたが、確かに青海苔みたいな香。
食感はひたし豆のそれに近く、
扁平ゆえに通常のひたし豆よりやや硬く、
それが噛み締める食べ応えに通じ、
少し強めの塩気はまさに初手の酒肴に最適でした。美味しい。

【 お造里3種盛り・カンパチ、鯛、ボタン海老 】

Cimg4819

築地直送のお刺身を3種類。
ややお値段が張りますが、
それに見合う素晴らしい内容でした。
カンパチの肉の締め、脂の透き通る快さ、
鯛の柔らかくも、もちっと張り付くような肌、
大振りのボタン海老にかぶりつき、
その自然な命の甘みを脳髄まで貪り付く甘美。
堪能です。

【 福島・飛露喜、長野・米川正宗“豊賀” 】

Cimg4823

福島・飛露喜・純米吟醸“雄町”、
相変わらず、Ykさんの勘ってスゴイ。
僕ならばまず「飛露喜」を頼む事はないのだけれど、
「久し振りに飲んでみようかなぁ」と。
この19BYの「飛露喜」、素晴らしく美味しかったデス。
綺麗で明るくバランスフル。
お酒のポテンシャルが凄まじく、
重さを感じさせず、透明感があり、喉に与える喜びたるや。
Ykさんも笑顔。
良いお酒、良い笑顔、素敵です。

長野・米川正宗・特別純米
無濾過生原酒中取り槽場詰“しらかば錦”、

洋ナシの様な。
炭酸感、フレッシュさ、
おりの絡んだお酒らしい、粕の様な香も。
長野県酵母C系の雰囲気を感じますがどうでしょうか。
全体的に明るくメリハリを求めて造ってある感じ。
もう少し熟れたら僕は特に好きだと感じます。
まだ元気いっぱいで爽やかな主張。やや硬質。
おおよそ春、
関東信越国税局の利き酒会あたりで飲む、
この「豊賀」は本当に好みであるので、
その前段階…と言う感じなのかも。

【 創作チーズ5種盛り合わせ 】

Cimg4820

クリームチーズを主体に、
ウニ、蟹味噌、アンチョビ、海老味噌、味噌漬けの5色の取り合わせ。
それぞれのチーズには、
蟹なら蟹の身が添えられていて分かりやすく、
それが彩りとなり、良い一皿に見えますネ。

蟹味噌や海老味噌は、
甲殻類特有の香がして芳しく、
アンチョビは塩辛くもあってお酒には滅法合います。
少量ずつ…とは言っても、
ひとくちで食べてしまうものでもないため、
つまようじでちょいちょいとすくってお酒と酒肴の組み合わせを楽しむ。
飲みの最後まで重宝していました。
これ、日本酒の夜にはオススメです。
あっ、焼酎にも良いかも!合いそうなイメージ、湧きます。

【 日がさ雨がさらだ(魚介と彩り野菜のサラダ) 】

Cimg4826

ズッキーニとサツマイモ、
炒めたものを使っていて、
その歯触り、甘みなどは特筆ものデス。
量も十分にあり、
野菜は晩御飯として食べたい気持ちを叶えるもの。

【 エビス福梅、刀梅酒 】

Cimg4829

店長ブログで紹介された「古鶴梅10年」を買い求め、
いたく感動した経緯もあり、
また「とんくろ」時代からも梅酒に力を入れていたM澤さん。
日本酒、焼酎のみならず、
梅酒の種類もたっぷり揃えられています。
せっかく「日がさ雨がさ」に寄ったのだから、
楽しんでみたい!…と2種類をセレクト。

大阪府・河内ワイン・完熟エビス福梅、
完熟梅と秘蔵20年梅酒をブレンドしたもの、
ブランデーベースの梅酒をロックで。

バランス良く、甘味のほどけと酸味が、
どこかクールにすら爽快にすら感じる不思議。
強く甘い…と同時に酸っぱくない、
「酸」の感覚がくどさを洗う…
もしくは染み込ませて消させる…
具合の良い梅酒。
「古鶴梅」でも、
「こんなに梅酒って美味しいんだ!」と驚いたものですが、
この「エビス福梅」も驚きと喜びをもたらす梅酒ですネ。

鹿児島県・佐多宗二商店“刀”梅酒32°、
同社「角玉梅酒」を蒸留して出来たスピリッツに、
新鮮な青梅を漬け込んで造った梅酒。
“是非ストレートで…”とのこと。
ブランデーベースであったり、
高アルコールであったり、
そもそも日本酒仕込み、焼酎仕込み…
それぞれにもちろん差はある訳で、
梅酒の世界も随分と広いのだと感じられますネ。

トップーノートは、
アルコール、セメダインっぽい香に感じます。
その中に麦の香ばしい匂いに似た雰囲気が。
口にすると、香そのままのイメージが先に来て、
32度が感じさせるアルコールさにドライな雰囲気が混ざり、
妙にバランスが取れているような感覚。
Ykさんは「梅を食べているみたい」とのこと。
青梅の香、よく移っている様でした。
よくよく考えれば、
子供の頃から梅が苦手な自分は、
こうした梅酒ならばまだしも、
梅を食べた記憶は遥か彼方。
酒類は時として、
生果実よりも香り高い場合がありますが、
そのイメージに沿えば、
きっと梅の実の美味しさがあったのだろうと想像が膨らみます。
より梅酒らしい…と言うよりも、より梅である雰囲気。
メニュウブックには「梅酒の新しい世界を開ける」…と紹介されていました。
上質な梅酒と飲み比べる事で、更にその差を感じる事が出来ました。

【 小布施ワイナリー / Riesling & Chasselas 2002 】

Cimg4835

「小布施ワイナリー」の日本酒にしてもワインにしても、
多く取り揃える「日がさ雨がさ」…
「アイスヴァイン」も手に入れていたとはっ!
ワインのリリースはあまりチェックしていない自分ですが、
小布施ワイナリー、
「アイスヴァイン」も醸造していたのですネ。

梅酒とは違う酸味。
ワインらしさ、原料たる葡萄と梅の差、
それぞれが如実に感じられます。
こうして見ると、
梅酒の濃さ、強さを感じ、
ワインのエレガントさに気付きますネ。
酸味のあり方が、
糖度と共に押し強く在るのが梅酒、
全体にまとまってソフトに触れるのがワイン…
…とは言え、
きっとその中にも千差万別、色々な味わいがあるはず。
楽しくさせますネ。

【 岐阜・ひだ正宗・熟成古酒2000BY 】

Cimg4836

「日がさ雨がさ」店長ブログで紹介されていた飛騨の酒。
蔵出しは2008年の刻印ですが、お酒は2000年醸造。
熟成したお酒を主として発売している蔵元の様です。
先日更新した「第58回多摩独酌会」の古酒の段階で言うならば、
2段階目の古酒であり、
おそらくは元来、こうして発売する事を前提に醸されたのでしょう。
熟れすぎず、程好い熟成感で味が乗っている。
優しい甘さが薫り、辛口風味がどこかスパイス感を伴い、面白い。
熟成は1日2日で追い切れません。
しばらく空気に触れれば変わって来るかも。
また同じお酒でも熟成の過程、
製造時期に差があれば違う結果にもなりましょう。
非常に良い意味でユニークな蔵元さんの様です。

【 お宝茶碗蒸し 】

Cimg4831

鍋を前に何かもう1品。
雲丹、蟹、浅利、海老などを散りばめた
茶碗蒸しをお願いする事にしました。

Cimg4832

良いおだしの良いお味。
申し分ないです。
具の華やかさも良いですネ。

【 埼玉・亀甲花菱、長野・水尾 】

Cimg4839

埼玉・亀甲花菱・純米大吟醸無調整原酒19BY、
長野・水尾・純米大吟醸“金紋錦39%”17BY、

鍋のお供に何か…と思いはしたものの、
料理に合わせるより、
飲んでみたいお酒を飲んで行こうと言う気分。

共に、思いのほか熟れて来ている。

「水尾」は特に熟成酒の趣きが出ていました。
「亀甲花菱」も酒の旨味がグッと強く、
飲み応えのある雰囲気に感じました。

【 海鮮寄せ鍋 with 白子  】

Cimg4833

「ぐるナビ」サイトでメニュウを一通り見て、
「是非、頼んでみたい!美味しそう!」…と思ったのが鍋物。
M澤さんに事前に「海鮮寄せ鍋」に、
オプションで「白子」を追加できるか問い合わせてみると、
「可能」とのお返事が。

Cimg4834

贅沢させて頂きました。
茶碗蒸しを頂いた時点で分かってはいたけれど、
良いおだしデス。
加えて、醤油の雰囲気は東京らしい感覚も。
醤油由来か甘みが乗っている様子。
そして、春菊の爽やかさがダシの香と組み合わさると、
得も言えぬ快感。

Cimg4840

〆に雑炊を頂いて、お腹いっぱいに楽しみました。


飲みの〆はこちらで。

【 Edelpils / SAPPORO DRAFT BEER 】

Cimg4841

爽やか!
これに尽きますね。
苦味なども強くなく、炭酸は強め。
爽快です。

Cimg4843

飲み終わった後に残るエンジェルリング。
上手に注いでもらった証ですね。
ただ、一気に飲んでしまったので、
あまり輪になりませんでしたが。

ほっこり鍋で温まり、
エーデルピルスでスッキリと締める。


総じて、穏やかな空間でした。
毎週の松本での飲みに通じるイメージ。
気を張らず、和やかに夜を楽しむ。
1週間の疲れを労わる心地。
明日が祭典「ウィスキーマガジンライブ」である気持ちも、
どこか流れの向こうに静かに待っている様な感覚。

充実した四ツ谷での晩ご飯。
「明日もあるし…」と早々にホテルに戻ったのだけれど、
過程、結果、流れ、過ごして来た今日の全てに満足して、
明日の英気を養って。

「 あぁ、良い1日だった 」と言い合える喜び。

それは幸せです。


店長M澤さんブログ:
「 四谷三丁目『日がさ雨がさ』の「和酒」最前線! 」

ぐるナビ紹介ページ
「 http://r.gnavi.co.jp/e195300/ 」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »