« だいたい23000歩の軌跡とワイン…(後編)(2009年10月25日・塩尻ワイナリーフェスタ) | トップページ | 第1回・城下町酒楽まつり(2009年11月3日・蔵のむこう、第52回まつもと市民祭) »

2009年11月 5日 (木)

お味噌を買いに大町、自転車で巡る。(2009年9月21日・横川商店、美寿々、ユナイトコーヒー)


思い出す、あのきのこ汁。

つくりたい、あのきのこ汁。

もちろん、それだけじゃないさ。

再び、大町の空気を感じたい。


( 大町と言う街を感じ日本酒を感じ僕は飲む )
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/2009912-d797.html )

「大町・三蔵呑み歩き」を経て、その翌週。
僕らは再び「大町」へ向かいました。

シルバーウィーク真っ只中、
途中、大王わさび農場渋滞にも捕まり、
家から1時間30分ほど掛けて、到着です。

主たる目的は、「呑み歩き」時、
横川商店さんの味噌を使ったきのこ汁が、
とても美味しかったから、
「是非とも買いに行こう!」、
そして呑み歩きでいちばん印象が良かったお酒も買いたいぞ!
…としての大町でした。

まず「横川商店」に向かい、
念願のお味噌、お酒を買います。

【 山十・横川商店・超特選信州味噌 】

Cimg7156

実際にイベントを経て気に入ったのは、
このお味噌ではなく、
2年熟成の色の濃いお味噌。
我が家では、
強めに取ったダシ…
それもいつもの昆布、煮干、鰹節のダシセットに加えて、
鯵節を使ったダシに、
貝類の組み合わせが、とても相性良く、
美味しく頂く事が出来ています。

このお味噌は、更なる美味しさを求めて買ってみたもの。
何故、“念願の味噌”の写真でないかと言うと、
撮影時には既に居ても立ってもいられず、
開封済で使用済であったからデス。

日本酒は2本、買って来ました。

【 長野大町・北安大国・純米吟醸原酒ひやおろし“美山錦” 】

Cimg7146

【 長野大町・北安大国・純米吟醸原酒“新美山錦” 】

Cimg7153

どちらも「横川商店」から徒歩5分ほど、
「北安大国」の日本酒です。

「ひやおろし」が、
「呑み歩き」を振り返った際に、
夫婦ふたりで意見が一致したお気に入りのお酒。
またYkさんは市野屋さんのお酒にも注目していたけれど、
これはまた次の機会にしようかと思いました。
「ひやおろし」は味乗りとパワー、
けれどゴツくなく、力はしっかりあって、
“飲ませる”美味しさ。

これが長野県の酒造好適米「美山錦」で醸されたもので、
精米歩合が55%で純米吟醸原酒。
「新美山錦」と言う酒造好適米を使い、
同じ精米歩合55%、純米吟醸原酒である、
新聞紙に包まれた青いラベルのもう1本…
この呑み比べが楽しそうだ…と購入しました。

おそらくは香を生み出す「酵母」も違っていて、
全く個性の異なるボトルになっていました。
香高く、スマートな切り口の「新美山錦」。
共に美味しく頂きました!

そうそう、開封してからしばらく経った
「親美山錦」が非常に落ち着いていて美味しかったデス。
お酒は生き物ですネ。

【 GUINNESS“BITTER” 】

Cimg7148

冷蔵庫の中から見慣れたロゴに、
見慣れない缶の色。
緑色の「ギネス」があるのですネ。
興味本位に買ってみましたが、
これがなかなか軽快で美味しい。
良い買い物をしました。

ここで「横川商店」のご主人さんに、
大町についてお聞きします。
“自転車が借りられる”と言う事を、
先の「呑み歩き」前後の下調べで知っていたので、
どこで借りたら良いか、
また、大町市内のサイクリングを楽しむ間の、
駐車場はどこだろうか…と。

すると、
「横川商店」にある自転車を使ってもらっても良いけれど、
今は出払っているから…と、
「いーずら大町特産館」に電話してくださり、
レンタル自転車(無料)を確保してもらい、
その上、お店の駐車場をしばらく貸してもらえる事になりました。
ありがたいです!

僕とYkさんはサイクリングを楽しみつつ、
大町の町をぐるっと回ってみることにしました。

まず、腹ごしらえと言わんばかりに、
お昼ご飯は店名で選んで、こちらで!

【 蕎麦処 美寿々 】

Cimg7077

塩尻の日本酒「美寿々」を思い浮かべないではいられません!
元々、「美寿々」の酒名は、
信濃の枕詞「みすずかる」から来ています。
おそらくはこのお蕎麦屋さんも、
同様の信濃を愛するが故の名付けではないでしょうか。

【 ソースカツ丼 】

Cimg7073

僕は気分が良かったことと、
お腹が空いていた事から、
「ソースカツ丼」をご飯大盛りで。
外食で、こうした食べものを随分久し振りに食べた気がします。
見知らぬ観光地を訪れた気分で、
何だかとても…食べている事こそが嬉しい。

【 辛拉麺 】

Cimg7075

Ykさんは辛いもの好きと言う事もあって、
「辛いメニュウ」に目がありません。
早速頼んだこのラーメン、
アッサリスープにじんわり強い辛味。
コチュジャンなどの辛味を主体に旨味があります。

【 さしみそば 】

Cimg7071

限定数のあると言う「さしみそば」もお願いしました。
おそらくは、蕎麦切り前の段階。
食感が非常に強く、
噛み応えがあって、噛むと蕎麦の味が強く感じられるもの。
いつだか「よよぎ」の大将に教えてもらった、
「蕎麦は端っこがまた旨いんだよ」って言葉を思い出します。
蕎麦を打つ大将曰く、
ちょっと厚めになった部分や端っこの厚味のある部分、
喉越しが良くないから、
すする事には向かないけれど、
食べるのなら、
硬くて、
ゆえによく噛む事が出来て、美味しいというわけ。
食べた一口、まず大将の顔が浮かびました。
「そうそう、この噛み締める旨さだ!」と。

先日の「呑み歩き」で気になっていたお店、もう一軒。
当日は「利きコーヒー」を開催していた、
「ユナイトコーヒー」に食後の憩いを求めて赴きます。

【 UNITE COFFEE 】

Cimg7078

横川商店から駅の方向に下って行って、
最寄の信号を右に曲がって、わりかし直ぐ。

Cimg7079

可愛らしい感じの店内。
清潔感があり、木目の心地良さもある。
良い雰囲気の店内です。

メニュウを眺め、注文。
どことなく見知った銘柄が多く、
深煎り、中深煎りの表記は選びやすく感じました。

コーヒーを注文後、
テーブル上に置かれた
「水出しコーヒー、いかがですか?」の
卓上スタンドが気になりながら、
メニュウを裏表…と眺めていました。

「 コーヒーは生鮮食品です 」

この一言、とても見覚えあるなぁ、と。

水出しコーヒーはティーバック状のものに、
コーヒーが詰められていて、
それを水入りポットに投下し(確か)8時間経過で完成…
…と言うもの。
「水出しコーヒー」には、
特殊なサイフォンを使わなければいけないイメージがあったので、
手軽に出来るならば、
1度試してみたい…と思いました。

そんな訳で、
水出しコーヒーを追加で注文がてら、
“コーヒーは生鮮食品です”の言葉について、
聞いてみる事にしました。

「 最近、コーヒー屋さんって、この言葉をよく使うんですか? 」

朝日村の「シュトラッセ」で、
コーヒー豆を頂いている自分達からすれば、
とてもとても馴染みのある言葉です。
“コーヒー屋さんの合言葉みたいな感じかな…”と思い聞いてみると、
「バッハコーヒー」と言う名店、
「田口先生」と言う方の存在、
そして「朝日村に尊敬する兄弟子がいるんです」…との答え。
開業前は店主さん、
シュトラッセに行かれる事も多かったそうで、
お知り合いなのだそうです。
なるほど。

Cimg7082

美味しいコーヒーを、
とても健やかな気持ちで、ゆっくりと楽しむことが出来る…
これは実に幸せであります。

大町に遊びに来た際には、
ここで美味しいコーヒーに出会いたい。
そう、思わせてくれました。

旅は思い出を置いて来る。
…そんなイメージがあり、
再び、その場所に辿り着いたなら、
何ヶ月か、何年か前に自身が置いた思い出を拾い上げ、
また新たな気持ちを置いて来る。

また再びコーヒーの心惹かれる香を味わいに、
僕とYkさんは訪れる事と思います。


あっと言う間に時間は過ぎて、
サイクリングもしたけれど、スカイパークへ休日恒例の散歩に行くならば、
そろそろ帰らねばならない時間。
Ykさんの

「電車で来ていれば、大町でもっとゆっくりできたよね」

…とは、大町の楽しさを思わせる言葉でした。

今日は何より自転車が良かった!
街を走る、これはすっごく気持ちが良かったです!

信州スカイパークでの園内1周サイクリングも楽しいけれど、
それ以上に、知らない街をYkさんとふたりで、
自転車で冒険することがとても楽しかったんです。
「また来ようね、大町!」
そう言って帰る。この素晴らしさ!

街の魅力に触れた日。

|

« だいたい23000歩の軌跡とワイン…(後編)(2009年10月25日・塩尻ワイナリーフェスタ) | トップページ | 第1回・城下町酒楽まつり(2009年11月3日・蔵のむこう、第52回まつもと市民祭) »

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/46679677

この記事へのトラックバック一覧です: お味噌を買いに大町、自転車で巡る。(2009年9月21日・横川商店、美寿々、ユナイトコーヒー):

« だいたい23000歩の軌跡とワイン…(後編)(2009年10月25日・塩尻ワイナリーフェスタ) | トップページ | 第1回・城下町酒楽まつり(2009年11月3日・蔵のむこう、第52回まつもと市民祭) »