« 【酒会新報】信州松本2009・おらが酒呑み歩き! | トップページ | 光ある中の春、思う(2009年3月14日15日、書翰集、憩の森) »

2009年3月30日 (月)

日清「つけ麺の達人」で焼きそばを作る。(2009年3月29日・自作)


Cimg5148

これ。348円ぐらいで購入。
袋入りラーメンで、焼きそばを作れないかな…っと。


焼きそば計画第1弾はこちら。
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/20093-38e7.html )

まずは麺を蒸します。
5分ほどで様子を見たあと、
まだ状態が甘かったので3分追加。
過去の実験結果により、
1度、水洗いした麺をクッキングペーパーの上に敷き、
更にはサランラップをして電子レンジで蒸す。

Cimg5149

もちろん、お酒を飲みながら待ちます。
この日は「岩清水」を飲みながら。
かなり良い状態に仕上がりました。

Cimg5150

クッキングペーパーのおかげで、
お皿にくっつかずに麺を剥がす事が出来ました。

Cimg5152

油を入れたお湯で茹でてこの仕上がり。

麺を焼き上げ、具と合わせ、
マヨネーズを使って全体を馴染ませる。
「つけ麺の達人・豚骨醤油味」のタレを、
ソースとして活用し、更に焼き上げる。

Cimg5154

完成。
麺がこれまでの中で、
最も良い仕上がりではあるけれど、
元来、歯応えのある麺だからか、
焼きそば化しても、強い歯応えを維持。
なかなか食べづらい…。
味わいも、この手の太麺ならば、
「たけしや」の様な甘辛いソースが良いと思われます。
この状態に桃屋「やわらぎ」辛口メンマとラー油を混ぜて食す。
すると辛味によるパンチが生まれて美味しかったデス。

「信越麺戦記」と言う松本市でのイベントの、
開催告知がWeb上で公開されましたネ。
このブログのPC版、右側のバナーをクリックする事で、
特設ページに行く事が出来ます。
楽しみですネ。

( 信越麺戦記:http://mensenki.naganoblog.jp/ )

|

« 【酒会新報】信州松本2009・おらが酒呑み歩き! | トップページ | 光ある中の春、思う(2009年3月14日15日、書翰集、憩の森) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/44510446

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「つけ麺の達人」で焼きそばを作る。(2009年3月29日・自作):

« 【酒会新報】信州松本2009・おらが酒呑み歩き! | トップページ | 光ある中の春、思う(2009年3月14日15日、書翰集、憩の森) »