« セバニアル・アルセーバ(2008年11月&2009年1月・アルセーバ) | トップページ | ついにやってしまった〆のカツカレー(2008年7月27日・リカーズハセガワ、ガネーシャ) »

2009年1月24日 (土)

夏祭りの風を感じながら酒を飲む(2008年7月24日・よよぎ、風林火山)


実にネガティブな考え方をすれば、
「あの頃は盛っていたのに」となるのだろうか。

人は楽しみを忘れられないから、
喜びを求めるものだから、
あの夏の風はきっと戻って来ると思う。

何はなくとも四季は巡る。

再び、夏頃の日記に戻って行きます。
年末年始気分が抜け、
仕事が始まり、毎日が動き出して数日。
時節にあった日記と共に、
新旧織り交ぜた内容をゆっくりやって行きますので、
どうぞよろしくお願い致します。

夏、この夜、
松本城下の駐車場にテントが建てられ、
ビールのイベント「オクトーバーフェスト」が開かれていました。
賑やかな祭の音、活気。
夜ともなれば、
日中の熱さを潤す様に音楽とビールで楽しむ…
そんな夜。
様子は知っているのだけれど、
ビールも大好きなのだけれど、
やっぱり日本酒が飲みたいなぁ…と思って、
祭の横を素通りし、「よよぎ」へ。

大将とのんびりお話をしながら頂いたのは、こちら。

Cimg3331

愛媛・寿喜心・特別純米無濾過生原酒“松山三井”…
武蔵境の「酒のなかがわ」さんに送ってもらったお酒がいたく気に入り、
名前の縁起の良さからも覚えが良かった「寿喜心(すきごころ)」…
松本でも飲むことが出来ました。
上立ち香は若い生酒の体。
立つアルコール感に、なお勢いを感じ、
鼻先に返って来る呼気に乗る香は美しく感じます。
ひとくち…「軽い!」
軽快で、ほの甘く、旨い。
軽さも身のない感じではなく、
満足させつつ飲み易さ入り易さ、
羽様ではなくて地に足の付いた軽さ―――…
一言「軽い」と言う言葉では表し切れない、
良いお酒でした。「流石」と思えるもの。

そう言えば、
話の途中、
大将は精米歩合が60%以下のお酒を置くようにしたい…
…なんて言っていました。
大将が求める「良いお酒」の条件に当てはまる事が多いみたい。
それが誰彼にも必ず正しいと言う事はきっと無くて、
事実、昨年出会った中では
「貴」「七本鎗」の80%精米は特に気に入ったし、
県内の「岩清水」「北安大国」も、
熟成と共に酒の味わいも変化し楽しめる良い酒だったし、
大将は大将で、
そうして「良い酒」を求めて行ってくれるから、
僕らは安心してお酒を楽しみに行けるんだなぁ…と思いました。
色んなお酒があって、
色んな個性があって、
飲み手にも色んな個性があって、
僕と似ている部分もあって、
違う部分もあるから、すっごく楽しみが広がって行くと思います。
大将のお店に行けば、
大将の選んだお酒が飲める、
厨十兵衛なら、風林火山なら、
やっぱりIdさん、たいそんさんの求める良いお酒が飲める。
それが嬉しくて僕は足を運んでいるのだなぁ…
…そう思います。
尊敬する3人に共通するのは、
「日本酒が大好き」だと言うこと。これが何より、ですよネ。

しばらくすると、
フェスト帰りの方がお見えになり、
「よよぎ」の店内もお祭りの息を拾うように賑やかになりました。
ちょうどほろ酔い、次のお店へと移動しようかな、と思います。
祭気分に乗ったのか、気分が良かったみたいで。
「厨十兵衛」に行くと…
窓越しに見える店内はなかなかの盛況振り。
こちらももしかするとフェスト帰りの方で賑わっていたのかも。

では…と向かったのは駅前。

Cimg3333 

「風林火山」
長野・北安大国・純米吟醸生詰“蔵出し”を。

ラベルがないお酒なのデス。
「更に良くなってきたんだ」と言う、
店主たいそんさんの言葉に乗ってみましたが、なるほど!…と言う感じ。
強く、そのごく強い刺激から柑橘系のイメージすら思います。
春先、出始めに飲んだとき、
こんなにハッキリした印象の酒だっただろうか?
甘さもあり、優しい糖の膜があり、張り、そして弾ける。
ビッグさ、厚み、旨味、米味を超えた強い味。
去年から「北安大国」は良いなぁ…と………
むしろ「風林火山」でよく出会えるから
良さを見つける事が出来ていて、
それが日に日に確立されていった時期なのかも、夏。
そして正月の蔵見学にも繋がる訳ですし。


あぁ、日本酒が飲みたくなってきました。

|

« セバニアル・アルセーバ(2008年11月&2009年1月・アルセーバ) | トップページ | ついにやってしまった〆のカツカレー(2008年7月27日・リカーズハセガワ、ガネーシャ) »

日本酒」カテゴリの記事

街を呑み歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/43837972

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭りの風を感じながら酒を飲む(2008年7月24日・よよぎ、風林火山):

« セバニアル・アルセーバ(2008年11月&2009年1月・アルセーバ) | トップページ | ついにやってしまった〆のカツカレー(2008年7月27日・リカーズハセガワ、ガネーシャ) »