« 第57回多摩独酌会:蔵元ブース結果(2008年10月19日) | トップページ | 空、遠く、手の届く位置(2008年11月2日・憩の森) »

2008年11月 3日 (月)

第4回信州ラーメン博(2008年11月2日・エムウェーブ)


去年は行きませんでしたが、今年は行ってきました。

去年は日本酒のイベントと重なったがため。

去年行かなかった…と言う訳で、
エムウェーブでのラーメン博、初参加です。


9時15分ごろ、エムウェーブ駐車場に着きます。
すでに長蛇の車列。
ビックハット時代は駅からも歩いて行く事が出来る距離でしたが、
エムウェーブでは、それも適わず。
シャトルバスも長野駅から10時に運行開始と言う事で、
初回、シャッターに並ぶためにも車で向かった次第。

やや早めの行動、
帰り道に納得して「良かった」と感じられるものでした。

【 麺屋あごすけ・新州 雪中白湯麺・弐 】

Cimg4036_2

まずは並んだ「麺屋あごすけ」…本店は食べたことがありませんが。
ちょうど並んだ入り口に近かったため、ここから。

濃厚な一杯、器の上はネギ油の香ばしさが立ち上り、
ひとくちすする前から、非常に美味しそう。
チャーシュー、ものすごく美味しかったです。
食感、弾力…柔らかくも力があって歯に反応があって、
噛むと味噌漬けの肉の様な味の良い染み込み方をしていて、
また、スープに合っている。
麺もダレて行かない強い麺で、
パスタの様な麺も違和感なく美味しく頂けました。
なるほど、これは並ぶ。

量も多くてコストパフォーマンスが良いのかも…
だけれど、
この1杯で帰っても良いんじゃないかと言う腹具合。
連食には向かないかも。

写真は一緒に行ってもらったYkさんに、
器を持ってもらっての撮影でした。

【 寸八×ひづき・らぶらぶ魚介と豚骨 】

Cimg4037

「あごすけ」と比べると、
濃厚さに差があるものの、これこそが「程好いものだ」と感じます。
九条ネギの存在が感じられ、その爽やかさが心地好い。

そう言えば、
「あごすけ」のほうれん草は美味しかったけれど、
クリームパスタの中のほうれん草が清涼剤にならないように、
一体化し過ぎていたような気も。

海老オイルと思われるものの味、香は、いつか経験した感覚。
「ひづき」の限定に登場していたものに近いのかも。
苦味こそ旨味、魚の醍醐味、
豚骨が濃いからこそ、風味も活きて来る感じ。

ブースの前に立つと、豚骨臭がして、
美味しそうなイメージが膨らむのも印象的でした。

【 俺らラーメンちょもらんま・鯵しょうゆBLACK 】

Cimg4038

今回、全5杯だけしか食べていませんが、
地元ひいきがあると言われても良い!
いちばん気に入ったのは、この「ちょもらんま」のラーメンでした。

ブースに立つと鯵節を炊く匂いが強く、夢心地。
自作用に買った鯵節を炊いた時と同じ香がします。
イカ墨のスープ、とてもシャープな印象がありました。
何が由来しているのだろう…と思うと、
おそらくは黒にかけて黒胡椒も相当量入っているのではないでしょうか。
今回、“あっさり系のラーメンが少ない”とされる中、
ともすれば、濃厚さ主体のラーメン博にある中で、
黒胡椒の辛味やスパイシーさをひっそりと奥に隠し持ち、
隠しているけれど効果的で、美味しい。食べやすい。
1杯にアイディアがあり、
されど、いつもの「鯵しょうゆ」を忘れていない…持ち味があり、
個人的にはたまらないものがありました。

「寸八×ひづき」、「ちょもらんま」ともに、
オペレーションも万全で、
各個、無駄なく動かれているのも…後々の印象に深いデス。

【 ハルピンラーメン・ハルピン新味 】

Cimg4039

もやしって、ラーメンに影響しますね。
かなり味の一端を担っていたものに感じました。
やや甘口の…「ラーメン藤」に薄く味噌を溶かしたような。
ダシ感はほとんど感じられず、突出感なく落ち着いた感じ。
やや甘く辛い。

【 おおぼし・ばりこて~魚介豚骨~秋のラーメン博祭 】

Cimg4040

本店で食べた事が無かったゆえに食べてみたかったもの。
1時間30分、並びました。
並んでいると、一向に人が出て来ません。
スープや機器のトラブル?
…と言う不安に駆られるほど。
見ていると極太麺故の茹で時間が影響して、
ものすごく回転が悪かったようです。
行列が減らないし、自分自身も前に進まない…。
1度に6杯、1回ずつ麺を茹でてワンセット…
その繰り返しで、1回完結型だからか、
どうしても時間が掛かってしまうのですネ。

シャッターで向かうこと推奨かも。
3日目、向かわれる予定の方、お気をつけください。

エムウェーブ会場の狭さ、
飲食スペースの無さは去年から聞いていましたが、
「なるほど」と思えるものでした。

「 会場外、道路で食べるのはおやめください! 」

…のアナウンスが空しく響いていましたネ。
帰り道、道路脇に座る男の子が前のめりになり、
運転する側としては怖い思いをしました。
ラーメンをすする為にかがんだのだけれど…。

ラーメンを受け取ってから、
飲食ブースまでの距離も気になりますね。
人ごみを掻き分けなくちゃいけないし。
その間にラーメンはのびて行くだろう切迫感。
だからこそ、その場で食べたくなります。

「 飲食ブースを用意してあります! 」

そのアナウンスもまた空しく感じられました。
店舗裏の飲食ブースも、
「69'N'ROLL」の行列に入り口が阻まれていた様に感じましたし。
雨が降った場合、物凄いことになったのだろう…
その明白さ、感じました。
晴れて良かったです。

帰り、駐車場への車列の長さにも驚きました。
おなかを空かせて来場し、車の中でじっと待つ。
それもきっとツライのだろう…と思いながら。

美味しいものを食べることが出来たからこそ満足。

|

« 第57回多摩独酌会:蔵元ブース結果(2008年10月19日) | トップページ | 空、遠く、手の届く位置(2008年11月2日・憩の森) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42992168

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回信州ラーメン博(2008年11月2日・エムウェーブ):

« 第57回多摩独酌会:蔵元ブース結果(2008年10月19日) | トップページ | 空、遠く、手の届く位置(2008年11月2日・憩の森) »