« S.M.W.S.テイスティング会の裏側(2008年11月16日・憩の森、ガネーシャ) | トップページ | まず、どこに行く?(2008年7月12日・Martinicca) »

2008年11月25日 (火)

最近のラーメン(2008年11月・備忘録14種)



行くお店が、
固定されて来ている様な気がしないでもないです。

美味しく食べる!

それが全てなのです。

なのです。


【 中村家キャラバン / 相沢病院出張 】

Cimg3830

10月5日、相沢病院の記念日に、
昼神温泉から1日出張の「中村屋キャラバン」…
「これは行くしかない!」と思って、
16時過ぎに向かうと、「準備中」とのこと。
イベントが昼と夜の2部制で、それに合わせての営業形態だった様です。
雨が降ったり止んだりの天候の中、
当時、遊びたい盛りであった、
PSPの「ファンタシースター・ポータブル」で時間を潰しながら、
夜の部を待ちました。

【 中村屋らーめん 】

Cimg3832

ようやく食べることが出来たラーメン。
ちゃんとした器で出してもらえるのですネ。
それが嬉しい以上に、
非常にバランスの良い一杯で、
完食まであっと言う間でした。美味しい。
気付けば胃に入ってくる、ダシの香も麺の香も全てが「良い」…
…名実、「なるほどなぁ」と納得。
細麺、あまり好きではないはずなのに、
時たま美味しく食べられる時があって、
この時もまさにそんな感じで。

【 ラーメン藤 / チャーシューメン 】

Cimg3949

飲みの後に食べたくなるんです。
健康にはあんまり良くないのですが。
適度に食べたいな――…と言う感じ。

チャーシューメンの方が若干味が濃いと思うんですネ。
たぶん。
より好みに。

【 麺とび六方 / ラーメン(中)野菜(大) 】

Cimg3950

ものすごく久し振りに向かいました。
混んでいるお店には、なかなか足を運びづらいデス。

で、
食べてみると「やっぱりうめぇなぁ」と実感。
野菜や麺をガツガツと食べるのは気持ちが良いです。
量もあるので、スポーツの様な錯覚を思う時もあります。
食べながら体が熱くなってくる感じとか。

この日、追加のタレを掛け過ぎたので、
次回はもうちょっと抑える感じで行きたいかなぁ。
「六方」って、これを食べに行きたい、
これを食べる腹づもりで向かうので、
なかなか他のメニュウに手が伸びません。
残念なような、魅力が十二分に表されているような。

【 凌駕あってりめん 】

会社帰りにいちばん近いお店なので、
訪店頻度が高いです。やっぱり。
現在、店主殿が負傷欠場中で、
かずやさんを始め、凌駕グループの皆さんでバックアップ中。
店主ごろうさんの安静と治癒を祈らないではいられません!

何と言うか……
必ず復活すると感じるからこそ、
安心して待っていることが出来ますね。

【 具なし汁なしあぶらーめん(塩・細麺) 】

Cimg3997

平日限定のメニュウ。
他に「醤油・中太麺」、「味噌・太麺」の組み合わせもありますが、未食。

これ、一言で言うならば、
「ぺヤングが好きなら食べておかないと後悔する」と思います。
「油そば」として美味しい…と言うより、
茹で麺にタレと油でここまで美味しく出来るんだぞー!って感じの美味しさ。
「ぺヤングソース焼きそば」も、
焼きそばと言えども、
茹で系麺にタレの組み合わせで、基本的には変わらないとして、
大好物である自分が思う、
「このあぶらーめんは旨いわ」と言う感覚です。
通じる美味しさがある…し、
それ以上にラーメン屋さんのタレと油だからこそ、ワンランク上の…
例えばカップ麺であるぺヤング値段と比較して、
500円のこのあぶらーめんは高いけれど、
お代金を本当に気持ち良く出すことが出来ます。
スープがなく、麺をずぞぞと食べ進み、直撃する旨味を存分に味わって…
シンプルだからこそ!って感じがしますね。
一目散に麺、麺、麺!

店舗期限1月14日プラスアルファの期間中に、
必ず醤油と味噌を食べねば…。

【 麺とび六方1んすぱい8系せあぶらにんにくらーめん 】
【 ちりとてちん 】

Cimg4000

写真はにんにくを抜いてもらったものですが、
なんかもう気に入りましたヨ。コレ。
出始めてから数回、全て注文がコレでした。

Cimg4001

二郎系と言えば、「六方」でも分かるように太麺が基本。
細麺では頼りない…なんて、前印象をぶち消しますね。
硬めにした麺が非常に心地好く、
あってりスープとも絡み合って、タレも肉もみんな味を寄せ合って、
コレも夢中になれる系の美味しさ。
肉の上にあるナツメグの風味が印象的ですネ。

にんにく抜きは諸事情ゆえだけれど、
にんにく入りもかなり美味しかったんですな、これが。
六方に近付く…と言うよりも、
やや甘く、すき焼きの様な「抜き」の想像から、
(それはつまり、豚と野菜の旨味が出ていると言う事だと思う)
グッと素晴らしきジャンク・インパクトの路線へと引き寄せます。
量を感じさせないですネ。にんにくマジック。

…「六方」よりも好きかも。
六方の太麺は大好きだけれど、
何よりも、スープの甘辛い感じがたまらないンですネ。

現在は木曜日限定のメニュウ。
六方が定休日の木曜日に二郎成分を補給です。

【 ROKOのあぶり肉丼 】

Cimg4024

サイズ(SS)です。
上は(3L)まであるそうですが、何合分の米が使われるのでしょうか。

焦げた香は良いですねぇ。
サイドメニュウだけれど、香ばしい匂い誘われて、
麺を一瞬忘れそうになりますヨ。
サイドでなくなる瞬間。
「肉が温かいうちに!」…なんて思ってかっ込みました。
山葵は脂に溶けると辛味が消えて、香だけが伸びる特性があります。
鮪の「とろ」部分しかり。
まさにこれもその体。
米に合う甘いタレ、肉の味、香ばしさ、山葵の反逆性。
カレーも良いけど、お肉もね!

【 56系ラーメン●印(くろまるじるし) 】

Cimg4110

ここ最近の新作メニュウ。
昼夜各5食の設定となっていますネ。

注目はやっぱり緑の物体でしょうか。
厚切りのネギ共々に香の要素になっています。
おそらくは緑のままでも香を作るとは思いますが、
揚げてあるからこそ、
揚げた香がスープに影響し、
一杯の印象を高めていると思います。
海苔も●型ですネ。

Cimg4112

麺は凌駕系で用いられていそうな感じの麺。
「凌駕・塩尻」の最終期間に提供された「中華そば」の系統に感じます。
豊科の喜多方系とも似るような。

旨味の強いスープに力のある麺、背脂で、
ギトギトしていないけれど、
こってりし過ぎないけれど、充実している感覚。
麺が比較的淡白に感じられましたネ。不思議なもので。
スープを飲むときと、
麺を上げて、麺からスープを感じる時との印象が違う。
麺の味が確かに感じられ、旨いです。

【 麺 海月 / 海月スペシャル 】

Cimg4064

ある晩に。
久し振りにスペシャル気分。
替え肉(バラ)が想像以上にご飯と相性良いです。
うめぇ。

Cimg4065

「 いる? 」

…と聞かれたので入れてもらい、更に追加でもらいました。
ラブ背脂。
旨過ぎる。
研究段階で「背脂」があった幸運。
かなり長時間煮込んだ背脂なんだそうです。
常にある訳ではないので、あったとしたらめっけもん。

食べて、「海」や「にんにくらげ」には合わないんだろうな…と思います。
ネギ油を楽しみたい時にも向かないと思います。
基本のくらげらーめんに背脂が入ることで、
スープに厚みとまろやかさが出て来て、
スープをすすると…何というか、ふわっとすると言うか……
脂の軽さを感じるのですネ。通常版と比べると。
そのまま背脂を食べると、
確かに「脂」の味しかしないのですが、
スープと絡むとこんなにも変わるんだなぁ…と思うと、
では他のお店の背脂も色んな工夫があって、
美味しさの要素なんだな、と感じます。

替え玉や〆キャベツを楽しんだりもして満腹。
幸せ。

【 麺肴ひづき・醤油つけ麺・海苔増し+海苔増し 】

Cimg3805

ささやき次郎さんよりもたらされたメニュウ…と言うか、
トッピングと言うか。
特に限定メニュウでもないので、
いつでも食べることが出来ます。

海苔をスープの上に浮かべ、
その上に麺を取り、浸し、
海苔とスープを一緒くたにして食す。
これ旨いデス。本当にたまらないくらい旨いデス。
まず第一に海苔が美味しい。
全フェイズでウィズ海苔で食べて行って、
少し海苔が足りなくなるくらい。
あれ、確か麺は大盛りだった様な気もする。
ダブル量でちょうど良いのかも知れません。

麺のよく締まった食感も良いし、
その中でスープに濡れた海苔の味が絡みつき、
より一層の一体感を感じます。
やや食べ難いのも気になりません。
「美味しんぼ」にあった
「ラーメンライスの食し方」講座の如く、
麺、海苔、スープの組み合わせは無限大です。

【 麺肴ひづき / 鯖節醤油ソバ+メンマ 】

Cimg4066

初期型。
後述しますが、現在は後期型になっています。
残提供期間も、もうそんなには長くないはず…。

Cimg4067

信州ラーメン博仕様の麺。
ダシの旨さを前面に出した麺には、
強い麺より、こうした麺が合いますネ。
豚バラのチャーシューもスープの熱に溶けて旨い。

元々、「醤油麺コクにごり」を頂く時も、
より一層ダシを感じたくて、
「味・薄め」にしてもらうことが多いです。
その自分からして、
「このバランスは大好物!」と感じました。
スープをどんどんと飲んでいってしまいます。
ネギが移す味わいも、スープに合っていて良い。

【 鯖節醤油ソバ・後期型+メンマ 】

Cimg4158

リニューアル後は見た目にも差がありますね。
スープの色もやや濃い感じがします。
印象として、
より「醤油麺あっさり」に近付きつつも、
初期型とも勿論「あっさり」とも別の感覚に仕上がっています。
歯切れの良い麺は、すすっていて何たる心地好さか。
凌駕あってりめん「ちりとてちん」でも感じた
硬めの麺の良さを存分に発揮したもので、
まるでスープが軽快に感じられる様。
“より、ひづきらしい”と感じました。
ダシの美味しさの初期型に加え、
タレの美味しさも味わえると言う感覚。
流石のひづき味でした。

Cimg4159

メンマ、仕入れの関係で、
しばらくは変わるそうです。
12月中旬くらいから以前のメンマに戻るとの事ですヨ。

【 らあめん寸八・豚骨醤油らあめん・カップ 】

Cimg4121

買っとかねば…!

と。

Cimg4122

温める前にスープ部を見てみると、
しっかりと油が入っていました。
それが効くのか、良い豚骨醤油っぷり。
お昼休みに社外に出られない身としては、
このラーメン屋さんっぽい味わいは素敵。
実際のラーメン…としては量が少ないと聞きますが、
これお昼ご飯にはちょうど良い量。
これにおにぎり1個で十分満足。
良い試みですよネ。

【 俺らラーメンちょもらんま / 鯵しょうゆBLACK+のり増し 】

Cimg4086

すでに提供期間が終わってしまいましたが、
信州ラーメン博のメニュウを実店舗にて限定提供。
黒のラーメンに更に海苔を足して、より黒一色。

ラーメン博だけ、1回だけと思っていたからこそ、
泣きの一手…と言うか、再食そのものが、とても嬉しい。

味の印象は会場と同じ。
一杯を美味しく頂きました!

【 コクとり塩+ネギ増し 】

Cimg4120

信州ラーメン博に掛かる休日などから、
思わぬ間が空いた「コクとり塩」…
メチャクチャ体が欲していました。
麺は40秒にて。
旨い…旨いです。もうたまらん。
鶏万歳。

【 麺家いわい / ラーメン(大)レンソウ 】

Cimg4161

終了間際21時45分に。

豚が濃いです。
ずっと「大」を頼んでいなかったのですが、
何故、間が空いたかを思い出しました。
食べ切れちゃうからです。
2玉と言う量も、美味しさの勢いに飲まれて、
あっと言う間に食べ切れてしまうから、
せめて腹八分の「中」を基本としていたのでした。
豚の濃さが油や麺全ての充実感を持ち上げますね。
ニンニクを入れて更に旨味もアップ。元気もアップ。


以上、14種類でした。

ごちそうさまです!!

|

« S.M.W.S.テイスティング会の裏側(2008年11月16日・憩の森、ガネーシャ) | トップページ | まず、どこに行く?(2008年7月12日・Martinicca) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。

そしてこんばんわ☆

早速URL貼らしてもらいました♪


ラーメン特集いいですね♪


ラーメンとペヤングが食べたくなりました。


また面白くてヨダレが垂れる特集期待してまーす

投稿: きゃぷ | 2008年11月26日 (水) 12時30分

お疲れさまです!
ありがとうございます!
拝見させて頂きました!
月1程度でラーメンの回が出来ればなぁ…とは思っております。
気長にお待ち頂ければと思います。

この内容を書き上げた日、
たまらずぺヤングを食べましたヨ~♪

投稿: SOJA | 2008年11月26日 (水) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/43218973

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のラーメン(2008年11月・備忘録14種):

« S.M.W.S.テイスティング会の裏側(2008年11月16日・憩の森、ガネーシャ) | トップページ | まず、どこに行く?(2008年7月12日・Martinicca) »