« はじまる、続く、続いて行く。(2008年6月28日・厨十兵衛) | トップページ | “8%のビール”を楽しんでみる(2008年6月28日・摩幌美) »

2008年10月22日 (水)

鮮度をたいせつに感謝を込めて。


番外編。

ここ最近の流れから、
「これは早く書いておかねば」と思えるもの、
早く書いておきたいと思うものをピックアップ。


【 本金SAKEショコラ 】

Nec_0064
今年の「上諏訪呑み歩き」イベントの日に発売された…
…そして今も絶賛発売中の、
上諏訪「酒ぬのや本金」の酒スイーツ第2弾!

第1弾は「酒粕サブレ」ですね。
甘さとほっくりした歯応え、塩みが美味しいです。
更には全国菓子博覧会で「会長賞」を受賞した実績のあるお菓子。

この第2弾は純米吟醸のチョコレートと、
大吟醸のチョコレートが入ったもので、
「ウィスキーボンボン」の様に、
中にアルコールが液状のまま入ったものではありません。

ビターチョコが純米吟醸、
ミルクチョコが大吟醸。どちらもかなり美味しいです。
チョコレートの上には塩が乗り、
「酒のつまみに塩~…」を表現しているのだとか。

入手は蔵元さんまで。
酒粕サブレも基本的には蔵元でしか買えないアイテムと思われます。

長野県酒造組合:本金の蔵元情報表示ページ
( http://www.nagano-sake.or.jp/kura/suwa/index.html )

日本一小さいかも知れない?
日本酒蔵酒ぬのや本金酒造九代目日記
( http://ameblo.jp/honkin-380otome/ )

【 Bar regalo 】

「長野酒メッセin長野」に寄った帰りに、
「景家」に心から行きたい所を、
電車の時間を加味して諦め、レガロにだけは…と赴く。
今回「長野酒メッセ」は開始時間が1時間遅くなり、
その分、身動きが取れなくなった感がありますが…。
ともあれ。

Cimg3945

ボウモアの80年代流通品、開封されました。
こちらはAlc.40度版。
現在のボウモアからは想像も出来ないルックス、
更に味わいもボウモアと思って飲むとビックリします。

Cimg3947

スプリングバンクの35年も開封されています。
非常に美味しいボトル、稀少なものになっています。
この2種以外にも、
飲んで欲しいモルトが多く、
モルト好きな方をレガロのマスターが待っているはず。
この2種は特に1杯の値段が、やや高額になってしまうので、
なかなかオススメしづらいそうデス。
美味しいには美味しいのだけれども………。
オールドボトル、長期熟成、
これらに理解がある方に是非!
もちろん、リーズナブルなボトル、
ウィスキー以外にもプレミアム・ラムやテキーラなども。

Bar regalo:工事中ですが公式サイト
( http://barregalo.blog32.fc2.com/blog-entry-4.html )

【 さかずきん酒袋 】

Cimg3982

非常に可愛らしい「さかずきん」の酒袋。
一升瓶が2本入ります。
一升瓶を入れなくとも、小物類などなど、
かなりの収容量でとっても便利。

福島「奈良萬」の純米ひやおろし…と共に。

東京の聖蹟桜ヶ丘・小山商店の試飲会に行って来ました。
その帰り道、松本に戻ってからの晩御飯。
試飲会後恒例の厨十兵衛。
美味しいお酒で一献です。

「Smile日本酒」内
さかずきんの部屋:

( http://www.smile-nihonshu.com/sakazukin.html )

さかずきんHP:
( http://wakabajirushi.fc2web.com/sakazukin.html )

【 昨晩の晩酌 】

Cimg3988_2
中野市「岩清水」の純米“五割麹”の18BYを、
某所から頂いた酒肴と共に。
店主殿、ありがとうございます!!
美味しく頂きます。

滋賀「七本鎗」は少量残っていたものを飲み干しました。
「日本晴」を使った旨味の強いお酒でした。
味噌にはこちらの方が合うのかも。塩気とか。

ハイスピリッツ社のストラスアイラ15年は、
開けるつもりが酔いの流れで、後回しに。
代わりに、
イチローズモルトのファイブ・オブ・ハートを飲みました。

【 大吟あってり 】

Nec_0093

【 6方1んすぱい8のちりとてちん 】

Nec_0092

あってりする塩尻のラーメン屋さん、
「凌駕あってりめん」の新作メニュウ。
どちらも非常に美味しく、
残り店舗期間が短いことが惜しまれるも、
その間に美味しくあってりさせてもらおうと思えます。
ごちそうさまです!!

「ちりとてちん」は、
「せあぶらにんにくらーめん」と銘打ってありますが、
ニンニク抜きに出来ます。
「抜き」にしても、バッチリ美味しいです。

あってり流創師・小路五郎の「気は心」ブログ:
( http://atteri.jugem.jp/ )


ほぼ時系列順に、

バラエティに富んだ情報ブログでした。

そう思うと、
このブログは我が道を突き進んでいるのだなぁ…
…と感じないではいられません。

次回更新は、
「第57回・多摩独酌会」のブラインド結果が先か、
前回の6月末の飲みの夜の続きになる予定です。

|

« はじまる、続く、続いて行く。(2008年6月28日・厨十兵衛) | トップページ | “8%のビール”を楽しんでみる(2008年6月28日・摩幌美) »

ウィスキーと洋酒 イベント」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

滋賀にも「浪乃音酒造」のお酒を使ったお菓子がありますが、チョコ、美味しそうですね。
お酒好きとしては、顕著にお酒の味がするほうがうれしいですが、どうなんでしょう?いつか、食べてみたいものです。

なかなかお目にかかれませんが、またこちらにもお出かけくださいね。

投稿: はんな | 2008年10月22日 (水) 20時32分

こんばんは~。
去年くらいから、
バレンタイン時期に、
日本酒を詰めたボンボンが発売されましたが、
それとは別に、
イベント事関係なく、
蔵元からの美味しさの提案…という感じがしました。
顕著にお酒の味はなく、
風味と言うか香に出て来る程度ですが、
チョコレートそのものがしっかり美味しいです♪

そう言えば、
滋賀・七本鎗も「くずどーふ」があったりしますし、
各蔵元、いろんな提案をされているのですネ。

京都、行きたいものです!
もしかすると来年あたり行く機会があるかもですヨ。

投稿: SOJA | 2008年10月23日 (木) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42866737

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮度をたいせつに感謝を込めて。:

« はじまる、続く、続いて行く。(2008年6月28日・厨十兵衛) | トップページ | “8%のビール”を楽しんでみる(2008年6月28日・摩幌美) »