« 寒くともあたたかく。(2008年6月22日・名古屋の喫茶店、厨十兵衛) | トップページ | 日向と猫、平和の情景(2008年10月4日・憩の森) »

2008年10月 4日 (土)

最近のラーメン(2008年10月・備忘録)


おなかが空けば、これ幸い。


前回のまとめが7月18日でした。
( http://sake-soja.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/200857veinchia_4305.html
 )
定期的にまとめてアップ。

現状、「ラーメンは2日に1度」体制にしているので、
行くお店が固定化されつつあります。

ここ数ヶ月の分。


【 麺屋大輝・つけそば(特大) 】

Cimg3464

時たま、どうしようもなく食べたくなる大輝。
やはり旨い。
夏だからとか、そういうことはあんまり関係なく、
麺を食う、
それを欲し、その為に向かう。

喉越しも良いけれど、
味そのもの、噛み締める甘みが大好きです。

【 熊人 】

Cimg3485

厨十兵衛Idさんの夏の応援に上田創造館に行ったとき、
ランチで向かった場所。
徒歩圏内。
上田創造館の裏道から出て、迷った上で到着。
ようやく食べに行く事ができて嬉しかったです。

【 凌駕あってりめん・あってりょうが麺(みそ) 】

Cimg3623

ここ数ヶ月でよく食べに行く3店舗のうちの1つ。

「味噌ラーメン」と言う固定観念で食べるとビックリします。
あってり創始者の店主殿のアイディアが、
おそらくバッチリめかし込まれたパワフルなれどエレガントなメニュウ。
食べていると「美味しいし軽く食べ切れちゃう!」と思うのですが、
意外に1杯、基本サイズで超満足します。
量を思わせず食べさせる旨さは流石としか言いようがないです。
求心力のある1杯。
味噌の風味、旨さを出しつつ、
麺の味わいで食べさせる感じ。旨いです。

【 のうこうつけ麺(大) 】

Cimg3663

21時1分から22時までの時間制限限定メニュウ。
非常に濃厚です。
けれど、濃いゆえに旨い。

Cimg3662

スープはこんな感じ。
粉チーズも実に効果的で、とろっと麺に絡み付いてきますネ。

Cimg3660

お肉を調理したりする店主殿。

【 ニボシが泳いだあってりめん 】

Cimg3798

えてして和蕎麦のイメージすら抱きました。
細麺の歯切れの良さ、かえしのダシの効き具合も含め。
ニボシの可能性に触れられます。

もし次に自作をする機会があるならば、
煮干、鯵煮干を主体に作りたくなってきました!

【 食事処あさの・支邦そば 】

Cimg3704

スイーツファンタジスタ帰りに。
松本に帰ってきた末に、こう言ったものが食べたくなって。
流石、安定していて美味しいです。
「ザ・中華そば!」という感じ。

【 麺 海月・くらげら~めん 】

Cimg3799

定期的に行きたくなるお店。
この日はややネギ油が香ばしく感じましたが、
それはそれで美味しいことに変わりはなく。
するっと食べられるラーメン。

【 楽家・こってり中(かため)+キャベツ 】

Cimg3801

家系のラーメンは中毒性が…うんぬんかんぬん。
「麺家いわい」も良かったのだけれど、
国道19号の渋滞に耐えられる自信がなかったのでこちらで。
「いわい」と毛色は違うけれど、
ガッツリ食べることが出来て満足。
やはりキャベツははずせません。

【 麺肴ひづき・醤油つけ麺+メンマ 】

Cimg3657

ここ数ヶ月でよく食べに行くお店のひとつ。

レギュラーメニュウも素晴らしいクオリティです。
開店当初以来になるかも知れない醤油つけ麺…
…「醤油麺コクにごり」を美味しいと思う人は、
間違いなくこれは頼んでおくべき。
たまに「醤油麺コクにごり薄味」が大好物なのですが、
ダシの旨さがたまらない訳です。
それはダシを飲むからに決まっているのですが…
「つけ」の状態でも存分に旨い!
限定メニュウに惹かれて頼む機会が少ないのですが、
限定のない時期でも大いに迷える魅惑の美味しさ。

【 極太味噌つけ麺・魚味(大)あつもり+メンマ+海苔 】

Cimg3802

もうすぐ提供期間が終わる限定メニュウ。
9月中旬~10月頭まで。
これ、歴代の限定メニュウの中でも特に気に入りました。
甘い優しい味噌味、魚の旨味の濃縮具合、
麺自体の旨さ…どれをとっても大好物。
スープ割をしたときの、
どこかお味噌汁、味噌鍋などを思い浮かべるぬくもりも好き。

初回以降の3回、全て「あつもり」で頼んでいます。
なくなるのが非常に惜しい…。
いつも寂しいデス。

【 ネギ豚めし 】

Cimg3764

新価格になってから初めて頼んでみましたが、
これがまた…よく工夫されたメニュウでした。
細かくしたチャーシューが、米粒の隙間に入って、
食べていくどのフェイズにも感じられて良いです。
その上で、
ネギ油…でしょうか、
それにしてももっと油の印象がありますが、
“ネギ”に相当する部分が混ざって良い感じ。

キャベチャ丼も良いけれど、これも!

【 俺らラーメンちょもらんま・とりプラスカレー 】

ここ数ヶ月で、やはりよく食べに行くお店。

Cimg3610

メニュウにある「とりプラス」をカレー仕様に。
やや塩分濃度が高いものの、一食の価値ありだと信じています。
繊細に、各シーンが美味しいのではなく、
単刀直入に鶏、カレー、魚が旨い。

【 鯵カレーラーメン+キャベツ増し 】

Cimg3647 

別バリエーション。

【 鯵カレーラーメン背脂+キャベツ増し 】

Cimg3797

その背脂入り、背脂なしを食べてきました。
背脂がない方が、くっきりと全てが立ち上がりますね。
鯵の風味、カレーのスパイス成分、香味など。
ご飯も、チャーシュー丼は魅力的ですが、
カレーの美味しさを十二分に味わうのならば、
白いご飯だけが良いのかも。


書いているだけで、お腹いっぱいになれるかも。
読んでいるだけでも、それは同じかも。

食欲の秋ですねぇ。

|

« 寒くともあたたかく。(2008年6月22日・名古屋の喫茶店、厨十兵衛) | トップページ | 日向と猫、平和の情景(2008年10月4日・憩の森) »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42678660

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のラーメン(2008年10月・備忘録):

« 寒くともあたたかく。(2008年6月22日・名古屋の喫茶店、厨十兵衛) | トップページ | 日向と猫、平和の情景(2008年10月4日・憩の森) »