« ここ最近の日本酒とウィスキー。 | トップページ | 風林火山に呼ばれて(2008年9月5日・風林火山) »

2008年9月 7日 (日)

塩尻から松本にかけて(2008年9月6日・昼から夜にかけて)


楽しい休日。


昼。

Ykさんと塩尻のお店に行ってみよう!…という話になる。

今晩、某店にて
「自作のつまみを持ち寄ろうぜ!」と言うオフ会があり、
せっかくだから日本酒を持って行こうと僕は考えた。
もちろん「さて、どのお酒を」…と思い巡らした中で、
塩尻市洗馬の「美寿々」に行き着いた。

先日のある試飲会でも
「大吟醸」が非常に良い状態であったし、
1年前の「特別純米・緑香村・火入れ」も円熟。
買いに行こうと思い立つ。

【 凌駕あってりめん 】

そんな流れから、どこかでランチを…と言う話になった。
Ykさんと話しながら、どこにしようかと思う。
まず、1度行ってみたいと思った「NOBO」を目指すも、
駐車場がいっぱい。
至近の「末広」も目の前で別の車が駐車場に入ってしまい、
通り過ぎた。
「凌駕あってりめん」が奇跡的に空いていたので、滑り込む。
その後、行列になるのだが、良いタイミングに入ったみたいだ。
6人ほどの待ち時間。
持っていたPSPで猫動画を見ながらお腹を空かせた。

【 にごらせあってりつけ麺 】

Cimg3582

僕はこれを。
麺の食感の心地好さ、すする醍醐味は嬉しい。

【 あってりょうが麺(みそ) 】

Cimg3623

是非、Ykさんに食べて欲しいと思ったのがこの1杯。
先んじて、職場の先輩と食べに来たとき、
食べ終わり付近のスープを一口もらい、
そんなに魅力的には思えなかったのは正直なところ。
それがどうだろう、実食してみると、
素晴らしい旨さ。
「サッポロ一番」的なオーソドックスな味噌ラーメンを想像していると、
この変革に喜びと旨さにあってり出来るはず。
動物系の濃さ、魚介の香の強過ぎないこと、味噌の旨味、
何よりも―――…

Cimg3625

この麺が素晴らしく旨い。
もちもちとして、暴れ狂う麺は、
白い服の脅威となるけれど、それだけの価値ある強い麺。
強くても硬くはなく、もちもちとして食べて旨い。

【 伝説のカレー(小):ドライ 】

Cimg3626

カレーもお願いしました。
好き。

「美寿々」醸造元に足を運び、2本のお酒を購入。

9月8日まで臨時休業している「憩の森」…
食後のコーヒーを求めて、「憩の森」からそこそこに近い、
このお店へ。

【 Cafe the Grobe 】

Cimg3635

美須々の先にある旧「ヴァルゴ」の喫茶店。
ずいぶん内装も変わった感じ。

【 てっかまっか珈琲 】

Cimg3636

コーヒーカップが面白いです。
取っ手がお皿に行き着いていて、
この状態で微動だにしないデザイン。

食後の時間をゆっくり過ごします。

夜になり。

【 BeerGarage Ganesha 】

Cimg3639

イベントを前に、景気付けを。

景気、付き過ぎました。

パウエルクワック、美味しいです。
このバランスの良さ、泡が生まれてくる朗らかさ。
このグラスの形状が生み出しているだろう…
グッと持ち上げ飲もうとしたとき、
グラスの一番細い部分と目が合います。
そこからビールが零れ落ちてきて喉の奥へ。
やや赤みがかったそれがスルスル落ちてきて、
「あぁ、飲んだら心地好いんだろうな」と言う予感。
何とも言えずズルイ。
そして旨い。

あまりに美味しくてグイグイと…
Ykさん共々飲み干して…とても良い気分。

某店オフ会会場へ。

【 緑香村&美寿々・大吟醸 】

Cimg3640

連れて行ったお酒はこちら。
長野・美寿々・特別純米18BY火入れ“緑香村(りょっかそん)”、
長野・美寿々・大吟醸19BY…

19BYは本年度製。
去年の冬から今年の春の酒造期に生まれたお酒。
18BYはその1年前の酒造期のお酒。

僕とYkさんが持ち寄った自作おつまみは、
砂肝をにんにくしょうゆに漬けたもの、
お豆腐とチーズと卵をそれなりに練り合わせて焼いたもの。
好評で嬉しかったけれど…
それ以上に皆さんのつまみも非常に美味しかった!
みんながみんな、
おそらくは…そしてまた僕もその気持ちで、
「 食べてくれる人に喜んで欲しくて! 」
料理の楽しみ、和の楽しみをもっと!

それらが形作る楽しい空間の喜びは半端じゃないです。

だからいろいろ頑張れる。頑張ろうと思う。
来週は少し大変でも、絶対やり抜いて先に進もうと思う。

嬉しくて美味しく楽しい気持ちに歓喜の歌を。
酔っ払って壮大に思える心に祝福を。

【 摩幌美 】

僕とYkさんが行き着く先に「摩幌美」が。

入荷したての「志賀高原ビール」や、
もう終売間近の「ダークアイランド」を飲みながら、まずはこちらを。

【 Black&White 】

Cimg3642

先月のモルトの会での写真を紛失。
もう1度、この可愛らしいラベルを見てみたい。
結果、動物溢れる写真になりました。
パフィン、禁煙の鳥の表情も可愛い。

【 Glenscotia 】

Cimg3646

カウンターにこのボトルを見かけて。
東京駅・八重洲地下街の最深部、
リカーズ・ハセガワで試飲したときに、
「もう販売はしていないけれど、試飲はできる」ボトルに、
この「グレンスコシア」を見かけて興味がありました。
結局、試飲はしなかったけれど…
「どこのボトラーズだろう?」と思うと、
なんとオフィシャルとのこと、お願いしました。

フローラルな香さえするトップノート。
家にあるキングスバリーのグレンスコシアは、
もっと厚みのある香で、
この明るさと暗さが明滅する…
総じてほの明るく感じられる香は楽しい。
飲んでみると、ぬくもりのあるピートがゆっくり染み込みます。
ソフト。
飲みやすく、程好く…うん、美味しい。


そろそろ眠くなり始めた時間。

今日の1日に感謝を思いながら家を目指しました。

|

« ここ最近の日本酒とウィスキー。 | トップページ | 風林火山に呼ばれて(2008年9月5日・風林火山) »

街を呑み歩く」カテゴリの記事

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42404179

この記事へのトラックバック一覧です: 塩尻から松本にかけて(2008年9月6日・昼から夜にかけて):

« ここ最近の日本酒とウィスキー。 | トップページ | 風林火山に呼ばれて(2008年9月5日・風林火山) »