« やっぱりグレンスコシアが好きらしい(2008年6月12日・洋酒店 醇) | トップページ | グレンダランってどんなお酒?(2008年6月14日・リカーズ・ハセガワ) »

2008年8月28日 (木)

副都心線開業とか全く知らずに髙島屋、お酒を見に行きたくて横浜(2008年6月14日・新宿、日の出らーめん、徳丸商店)


ニュースでチラッ☆と見たかも知れないけれど、

どのみちこのみち、興味は無かったんだろうな…と、

今を以ってなお思う。

6月遠征第1弾は東京行。

6月15日の多摩独酌会のために上京しましたが、
その前日。

もちろん、東京を楽しんでいましたとも!!


“時間に余裕を持って”

…移動するのが身上で、昼の早いうちに新宿に着く。

まず目的地は横浜。
「関内」駅から程近い「徳丸商店」さんに遊びに行きたかった。
店主の天満さんを見ていると、
「日本酒って素晴らしいな」って思います。本当に。
だからこそ、そのお店、行ってみたくなります。
どんなお酒を置いているんだろう、どんなお店なんだろう!
厨十兵衛のIdさんとも
「1度は行ってみたいよね」なんて話をしていた中で、
ついにこの機会を得ました。

ただ、なにぶん早かったので、
高速バス発着の新宿西口から一番近いデパ地下に赴き、お酒を見る。
小田急なのか京王なのか、
実はしっかり把握しておりませんが…

Cimg2934

…見慣れた白い半被姿のおじさまをお見かけします。
兵庫の銘酒「龍力」のK原さんだっ!
mixi「龍力」コミュを細かくチェックしていれば、
試飲販売情報も更新されているので、
特に驚くことも無かったとは思いますが、
チェックをしていなかった自分、驚きました。
それと同時にすっごく嬉しくなります。
数種類試飲をさせてもらいながら、
その変わらぬ高品質ぶりにも感動。
龍力の大吟醸、やはり美味しいです。
綺麗だけれど芯がしっかりしていて、芯は硬過ぎずに流麗。
そして特別純米酒も個性があり、飲み応えがあって好き。
そして、
「今日、龍佑は髙島屋にいるんですよ」と言う情報を得る。
僕と同い年の蔵元の息子さん。
そう言えば去年の今頃、
「龍's Bar」が期間限定開店して、すっごく楽しんだのを思い出す。

「 よし!ならばっ! 」


新宿髙島屋、人でごった返しておりました。
副都心線開通の振舞い酒もあったようで、
その横を素通りして龍力の試飲販売ブースへ。
枡酒を求めて並ぶ人の列を掻き分けている自分が、
何だかちょっとだけ滑稽に思いました。
きっとあるべき人の流れと言うか社会の流れは、
開業祝のお祭り機運を楽しむべきなのに、
僕は会いたい蔵元さん、
飲んでみたい日本酒を求めていて、
同じ日本酒をたしなむ事に違いは無いのに、
振る舞い酒には一切興味を示していない。
嗜好品、好みを選べる…それって素晴らしいデス。

【 龍力・本格焼酎“龍” 】

Cimg2936

試飲した中で、思わず買ってしまいました。
おそらくソレラシステム的にシェリー樽熟成された米焼酎。
年数表記は10年とありますが、
その実、ブレンドされた熟成焼酎の中には
20年を超えるものもあるのだとか。
飲んだ瞬間、ドライシェリーの香を感じます。
ウィスキーで感じるパフューミーなシェリー樽とは一線を駕す、
白く若いブドウ、白ワインを想像させる香。
それが全体に蔓延っているのではなく、
実にソフトに気の利いた強さで存在します。美味しい。
聞くと、
ブレンドしているのは「龍力」の工場長とのことで、
素晴らしい味覚センスをお持ちで…、
それを実感できる美味しさ。
大吟醸“龍仕込み”の白ラベル、黒ラベルもあったけれど……
特に白ラベルは、
副都心線開通祝いの限定品だって分かっていたけれど、
この美味しい焼酎こそ、是非買って帰りたいと思わせましたヨ。

後日談ですが、
「あいよー!」の掛け声でおなじみ、
酒房Rに「面白いの手に入れたー!」と持ち込んで、
味を見てもらったところ、
「これはうめー!!」と喜んでもらえましたヨ。イイ反応。

【 髙島屋・モルトコーナー 】

Cimg2937_2

まったく関係ないけれど、
モルトコーナーも見てきました。
日本酒、焼酎、ワインなどに比べて、
何と領域の少ないことか。
その代わり、ダンカン・テイラー社の
ピアレス・コレクションが揃っている上に、
コストパフォーマンスに優れる「NC2」も、
「ストラスミル」であって、買ってしまいそうになります。

ともあれ、この日は我慢。
「龍力」の取り扱いもある「徳丸商店」を目指すことにしました。

【 関内駅 】

Cimg2938

JR関内駅を出て直ぐの光景。
熱い!
気候的に「暑い」ではなく、
地面、アスファルトに焼かれるような気がして
「熱い!」と書き表したくなる感じ。
信号待ちの交差点では、
道路端に人が立たないのを見て不思議に思う。
日差しから逃げる様にビルの陰で信号待ち。
「なるほど!」と思い、それに倣ったが、
早く「徳丸商店」に行ってみたくて、
結局道路脇で待っていた。

【 新世界・歓楽街 】

Cimg2939

にぎやかな商店街を抜け、やや見慣れぬ街の風景に出会う。
歓楽街の側面もあるだろう街、
昼の静けさが眠りの様に見え、不思議な感覚。
あまり触れたことが無い街並みだと思う。

しばらく迷った末、先にお昼ご飯を食べることに。

更にそこでも迷う。

日の出町の場外馬券場「WINS」にある、
「日の出らーめん」をオススメしてもらっていたので、
食べに行ったは良いものの、
野毛三丁目の交差点あたりまで無駄に歩く。暑い。

【 日の出らーめん・店内 】

Cimg2941

けれど、だからこそこのお店!
つけ麺が美味しく感じられるやも。
土曜日、競馬の開催日、
WINS周辺にオジサマ方が溢れる中、この一杯。

【 剛つけ麺 】

Cimg2942

何より特筆すべきは麺ですよね!
スープは流行系の動物、魚介それぞれ感じる強いもの。
煮玉子をトッピングしてみました。
一見「少ないかなぁ」と思える麺量です。

見た目は。

Cimg2943

食べてみると、
よく噛まねばならず、噛んだ麺帯の厚みが実に心地好い。
まさに「剛」の名に恥じない麺。
ぬるぬるとして喉越しもよく、全体に芯を感じるけれど、
それがまた歯ごたえを作るので美味しい。
食べた直後は「もっと量が多くても行ける」と思ったけれど、
その後、ズドンと腹の中で騒ぎ出します。
最上位クラス「馬盛り」は、
いつか挑戦してみたいけれど、負けそうな気がします。

お店を出て、
しばらく歩いていた中で、ようやく発見。

【 酒商・徳丸商店 】

Cimg2944

前日、「川中島幻舞」の長野・酒千蔵野に
日帰り出張をしていた天満さん。
そのお話を聞いたりしながら、冷蔵庫の中を見せてもらったりしました。

今回、気になって仕入れたお酒は2本!

【 島根・伯陽長・純米無濾過生原酒18BY 】

Cimg3011

大好きな「七本鎗」のお酒で覚えた、
滋賀でも使われる酒造好適米「玉栄」…
とりあえず「玉栄」とあると飲むようにしている自分。
富山の「成政」のそれを見た時にもときめきました。
そして我らが長野の酵母「アルプス酵母」…
この掛けあわせで、かつ生のまま1年熟成!
こんなにも面白そうなお酒は買わねばー!…と。
実際、とても美味しかったです。

【 兵庫・龍力・本醸造Extra 】

Cimg3010

こちらは年末発売のもの。
1度飲んでみたかったので嬉しく購入。

他、試飲させてもらった、
「六歌仙」の「吟醸・アベリア酵母」も
スッキリしていて美味しかったですネ。

Cimg2945

帰り道には、
買ったばかりの「伯陽長」のディスプレイを眺めて。
行きには全く気にも留めなかった銘柄ですが、
俄然、興味が出てきました。
この蔵の9号酵母系のお酒も頂きましたが、
僕はアルプス酵母使用のお酒が好きみたい。
またお願いしたいものです♪

「酒商・徳丸商店」さん、
神奈川から、
「相模灘」、「丹沢山・隆」、「昇龍蓬莱」、
「天青」、「いずみ橋」が揃い、
山形の「白露垂殊」、
岐阜の「小左衛門」、
静岡の「臥龍梅」、「英君」、「萩錦」なども。
この店だからこそ見つけられるものも多いかと。
また今後ともよろしくお願いしたい酒屋さんでした!


|

« やっぱりグレンスコシアが好きらしい(2008年6月12日・洋酒店 醇) | トップページ | グレンダランってどんなお酒?(2008年6月14日・リカーズ・ハセガワ) »

ラーメン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

徳丸商店って而今の特約なんですな

投稿: よもぎ | 2009年8月24日 (月) 13時02分

そうですね。
扱っていると思いますヨ。
詳細は徳丸商店さんに、
お問い合わせなさるのが良いかと思います。

投稿: SOJA | 2009年8月25日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42299235

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線開業とか全く知らずに髙島屋、お酒を見に行きたくて横浜(2008年6月14日・新宿、日の出らーめん、徳丸商店):

« やっぱりグレンスコシアが好きらしい(2008年6月12日・洋酒店 醇) | トップページ | グレンダランってどんなお酒?(2008年6月14日・リカーズ・ハセガワ) »