« 祭囃子が聞こえ…あ、ちょっと遠いけれど、だから良いんじゃないか(2008年8月2日・松本ぼんぼんの日) | トップページ | そうだ、ウィスキーの語源は「命の水」なんだぜ!(2008年5月31日・摩幌美) »

2008年8月 6日 (水)

それは久し振りに食べたから美味しいのではなく、美味しいものは美味しいから美味しいんだよ(2008年5月31日・よよぎ)


美味しいものは、

美味しいから、

美味しいんですよ?

大切なことですので、2回言いました。


【 よよぎ 】

いつもの土曜日飲み。
まずは切っ先、「よよぎ」から始めます。
静かな店内。
土曜日の松本城周辺、
サラリーマンさんがいなくなれば、
やはり少し静かになるのかな…とも思います。

【 長野・北安大国・純米吟醸生“小谷錦” 】

Cimg2831

「小谷錦」は酒名。
長野県の酒造好適米「しらかば錦」全量使用、
精米歩合は59%のお酒。
一瞬、新しい長野の酒造好適米かと思いました。
「小谷錦」と言う名前。

「北安大国」らしいビッグな印象を抱きます。
強く、太く、パワフル。
口の中にその存在感がしっかり残ります。
初手に試したけれど、
その違和感も少ないけれど、
今以上に食と合わせて飲めば、
なお美味しいのでは!?と思いました。
比較的甘くふくよかな印象を
「北安大国」に抱く事が多いのですが、
これはどちらかと言うと辛口志向。
蔵元の幅、感じます。

【 酔鯨・かつおのカルパッチョ風 】

Cimg2838

高知・酔鯨・純米吟醸生“吟麗”
酒造好適米「松山三井(まつやまみい)」を使ったお酒。
この時期の定番ですネ。
キンとした緊張感と、
柑橘系のイメージを抱かせる全体、酸の風味。
かつ、旨味も乗り始めていて美味しいです。

「かつおのカルパッチョ風」は、
あると頼みたくなるボリュームメニュウ。
たっぷりの野菜とお刺身。
時折感じるセロリや大葉の香高いアクセントが楽しめます♪

【 根曲がり筍 】

Cimg2833

この日記を書いている今は、
すでに時期を過ぎてしまいましたが、
この5月末頃は市内でもよく見受けられました。
マヨネーズを基調にしたドレッシングとも合いますネ。

Cimg2837

ほっくりとして、
若いとうもろこしを想像させます。
野性味が名に反して品が良く、
また1枚1枚、皮を剥ぐ喜びもあるような気も。
浅黒い皮の先に白く艶やかな実を見た喜びを、
頂いた本数分だけ楽しめます。

【 手打ち十割そば 】

Cimg2840

先週の美味しさを今再び!
「やや太いかも…」と言う大将。
見た目に太さは感じられないと思ったのですが、
食べてみると確かに太い。
喉越しに行くまでの数秒、
噛んだその時の弾力が厚い。
けれど、太いこのバージョンも好きです。
味がある感じ。
蕎麦をすすると言うよりも、より一層味わって食べる!
実に美味しかったですネ。

この日は更なる目的のために助走をつけたかった――…
飲み開始早々に蕎麦を頼み、〆る気分。
居酒屋さんは、
食と共に楽しむお酒はここまで、だから〆の蕎麦。
助走の先にある「摩幌美」…
酋長がスコットランドから持ち帰ったお土産が目当てでした。

食と酒を楽しんだ後は、酒に魅せられようと進みます。

|

« 祭囃子が聞こえ…あ、ちょっと遠いけれど、だから良いんじゃないか(2008年8月2日・松本ぼんぼんの日) | トップページ | そうだ、ウィスキーの語源は「命の水」なんだぜ!(2008年5月31日・摩幌美) »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42087634

この記事へのトラックバック一覧です: それは久し振りに食べたから美味しいのではなく、美味しいものは美味しいから美味しいんだよ(2008年5月31日・よよぎ):

« 祭囃子が聞こえ…あ、ちょっと遠いけれど、だから良いんじゃないか(2008年8月2日・松本ぼんぼんの日) | トップページ | そうだ、ウィスキーの語源は「命の水」なんだぜ!(2008年5月31日・摩幌美) »