« もっともっとビールを知りたいと思う店!(2008年7月12日・BeerGagage Ganesha) | トップページ | 「バーでは低く語れ」…とか、ここでそんな無粋な真似しなさんな(2008年5月22日・8オンス) »

2008年7月29日 (火)

久し振りに長野尽くし!(2008年5月22日・風林火山)


久し振りに!

【 長野尽くし 】

1) 注文したお酒が全てMADE IN NAGANO!

結果論である。

だから嬉しいんだ、これ。


先ず、長野で統一させようと思って飲んでいないと断っておきます。
前回、飲み逃した
「酒ぬのや本金」の「太一・生」を飲みに来ました。

【 風林火山 】

【 本金“太一”、十九、大信州、黒松仙醸 】

Cimg2739

長野・本金正宗“太一”・本醸造生
上立ち香は酒っぽい、日本酒っぽい香。
ひとくち、美味しい。
現時点では火入れ版より生の方が、
メリハリあり、ハッキリしていて好み。
「太一」、
酸の強いタイプではないと思っていたけれど、
やや酸が強めに感じます。
「本金」の酒で酸が強いもの…と思い浮かべるのは、
去年の秋口の純米吟醸“ひとごこち”で、
そんなに好みではなかった…
熟成が足りないかな?と感じたそれとは違い、
これは僕も美味しく飲める酸の風合。
酸+丸い感じ。
まとまりがあります。
杏酒のイメージ。
米の味と言うよりも、
水に反応する球体の情景です。

長野・十九・普通酒中取り“紀”
うん、苦手意識のある「十九」の苦手な香が確かに。
例年通りの様子。
味そのものはバランス良く感じます。
酒が重過ぎない。フレッシュさも感じる。
しかし、
酒の全体、香のあり方が――――…
香、どの局面でも感じられるものだからこそ、
「苦手だな」と思います。
だからこそ「十九」のファンの方は、
例年通りの美味しさに出会えているはず♪

長野・大信州・純米吟醸“超辛口”
上立ち香はほぼ無香。
含んでようやく上がって来る香。
塩キャラメル的塩味。優しい塩ダレの味。
僕の中で、
お酒によって「辛味=塩っぽい」…と感じやすいのだけれど、
和料理の塩味に近い、ソフトな感覚も感じました。
対料理用、食中酒としてのお酒で、
キレの良さ、そうした意味での
「辛口」を意識してはいない気がします。
つまり、少し舌の上に酒が残らないと料理に効果少ない…
洗い流してサッパリするためのお酒ではなく、
合わせて美味しい狙いがあるのでは、と思いました。

長野・黒松仙醸・純米無濾過17BY“禮葉”
濃ゆいミルク味。オレンジミルク、ソフトキャンディ。
酒がグラス壁面をゆっくり伝うし、糖質構成。
酸があるようで、ない。
きつくなく、全体にややぼやけた雰囲気もあるけれど、
この4種類の中でブラインドをすれば、
最も票を得る様な気がする。

【 ほうぼう、岩魚を主体にした刺身盛 】

Cimg2740

ほうぼうも岩魚も舌の上で軽く、
その肉質の差、
海の魚、川の魚…その差を味合わせてくれます。
ほうぼうの方が力のある身であり、
岩魚の方が、より繊細。

【 アサリの地酒蒸し(水尾) 】

Cimg2741
もともとは、
kuniさんのブログ「92の扉」を見て、
中野の銘酒「勢正宗」を使った、
「地酒蒸し」を見止めた事に端を発します。
「勢正宗」と言えば大好きな銘柄!
それは食べてみたい!…と。
すると、この日は飯山の「水尾」を使った地酒蒸しとの事。
残念なような、それはそれで楽しみなような。
きっとお酒ごとに味わいも少しずつ変わって
楽しめることでしょう。

酒蒸し、長野らしい味わいでした。
醤油味の強い…ではなく、醤油味のある味わい。
醤油とアサリから染み出るダシの良い関係。
満足。

【 豆腐ステーキ 】

Cimg2742

この日は食べる気満々でした。
仕事上がり、平日の真ん中、活力を!
そこでお願いしたのは、
初めて注文するメニュウ「豆腐ステーキ」!

「風林火山」の鉄板焼きメニュウ、
名物「ポパイ」や「ハンバーグ」などがあり、
どれも美味しいのですが、これもかなり満足でした!
熱々!
ごま油の風味香る豆腐ステーキ。
「豆腐ステーキ」と言う、
一見、何の変哲もないメニュウ…
そう思っていましたが、
こんなにも香ばしく美味しいものだとは!
ご飯に合う…と言うよりも、
熱い所を…豆腐の熱さを一気に頂くのが良いかも!

【 長野・信濃鶴・純米 】

Cimg2743

久し振りに飲んでみたくなった信濃鶴。
甘い。
全体的に甘い感じ。
だけれど、
口の中で相反するアルコールの強さが増して行く。
こう言うのもあるんだなぁ。
こう言う表情も信濃鶴は見せてくれるんだなぁ。
…そんな風に思いました。
このお酒のその後、今年一年見て行きたいと思います。
秋口も気になります。

興味のあるお酒を頼んでみれば、みな長野県産。
前にも書いたけれど、
これこそが「風林火山」の魅力のひとつ!ですよネ。
長野県に住んでいるからこそ、
長野の美味しいお酒を味わいたい!
郷土の味わいと共に!


お腹いっぱい食べて、飲んで、
今日も次の店を目指します。
食べまくったのには理由があります。

まだ入ったことがない、
新しいお店へ行こうと思っていたのです。

いっぱい栄養をつけて、いざ!

|

« もっともっとビールを知りたいと思う店!(2008年7月12日・BeerGagage Ganesha) | トップページ | 「バーでは低く語れ」…とか、ここでそんな無粋な真似しなさんな(2008年5月22日・8オンス) »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/42000906

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに長野尽くし!(2008年5月22日・風林火山):

« もっともっとビールを知りたいと思う店!(2008年7月12日・BeerGagage Ganesha) | トップページ | 「バーでは低く語れ」…とか、ここでそんな無粋な真似しなさんな(2008年5月22日・8オンス) »