« 花が揺れる、香が揺れる。(2008年4月23日・WaterLoo) | トップページ | まるで、その猫に表情があるかのように。(2008年4月26日・厨十兵衛) »

2008年5月24日 (土)

思い立ってカレー。(2008年4月26日・cafe & Dinning 吟)


今、ソレ、食べてみたいであります。


休日。

前日、家に辿り着いたのは27時くらい…だと思います。
正直、あんまり覚えていません。
職場の飲み会があり、
その後、1人で飲みに行き…。

午前中をとても怠惰に過ごしていた時、
「92の扉」さんの当時の最新記事を見ていて見付けた文言。

「 信州吟醸カレー 」

食べてみたいじゃないですか。
「吟醸」と言う言葉には、
お酒が関わるばかりではなく、
「吟味して醸す」が転じて、
「丁寧に作りました」…と言う意味もあるので、
おそらくはソレだろうと…
日本酒を使ったカレーではなかろうとは思うのですが、
体は動いてしまう訳です。

【 入り口 】

Cimg2501

ホテル併設の一階がカフェ・スペースになっている様子。
ホテルの入り口は2箇所。
「Barみたいな扉だなぁ」…と思いながら入りました。
もう一方の入り口には店頭幕が張られ、和の趣き。

【 風景 】

Cimg2497

店内の写真を…と思い、何となく外を。
落ち着いた店内でした。
けして広くはないのだけれど、
だからこそ落ち着くことが出来る。

【 サラダ 】

Cimg2496ランチセットに添えられるもの。

【 信州吟醸ビーフカレー 】

Cimg2500

値段をはっきり覚えていないのですが、
確か980円税込みだったような。
「え、この値段で良いんだ?」と思った記憶があります。
ビーフカレー、洋食屋さん、ホテルの一角…と考えると、
もう少し高いのかな…そんな気持ちで赴いたので、
親しみやすい価格設定に好感を持ちました。

ランチセットにコーヒーの記述がなかったので、
お願いした所、
ランチタイムはフリードリンクになっている様子。
それを言うウェイターのおじさまが、
「ええ、実はランチはフリーなんですよ~」と…
何とも形容しがたい…堅苦しさのない雰囲気も
好感が持てるポイントでしたネ。
若いウェイターさんは、
一生懸命“セリフ”を謳っている感覚、
おじさまならではの雰囲気、ですね。

ビーフカレーも美味しく頂きました。
白米と五穀米を選べるもので、僕は五穀米をお願いしました。
ここ最近、カレーと言うと
「憩の森」のカレーばかり食べていたので、
( だって好きなんです… )
スタンダードな洋食系カレー、久し振りに食べた気がします。
「憩の森」の五穀米のイメージもあり、
白いご飯とカレーの一皿も久し振りだと感じていました。

牛肉は程好く繊維質にほぐれて行くもので、
柔らか過ぎず、“食べで”…存在感があります。
融けてカレールウと一体となるのも良いですが、
やはりビーフカレーならば、
「お肉を食べた」と言う気持ちにもなりたいもの。
ランチとしての「ちょっとした贅沢」な気分を味わいたいもの。

デザートに柚子のアイスが添えられて、
満足してお店を後に出来ました。






さぁて、
今日は酒屋さんに遊びに行って、
穂高までドライブをして、
パティスリーチーアにてケーキを買い、
その後はジム、もしくは松本クラフトフェアに行きます。

まぁ、気分次第で楽しく行こうてな今。

いってきます!

|

« 花が揺れる、香が揺れる。(2008年4月23日・WaterLoo) | トップページ | まるで、その猫に表情があるかのように。(2008年4月26日・厨十兵衛) »

街を食べ歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/41301507

この記事へのトラックバック一覧です: 思い立ってカレー。(2008年4月26日・cafe & Dinning 吟):

« 花が揺れる、香が揺れる。(2008年4月23日・WaterLoo) | トップページ | まるで、その猫に表情があるかのように。(2008年4月26日・厨十兵衛) »