« 気が付いたら、うとうと…どころではなくて。 | トップページ | 赤いラフロイグを飲もうぜ!(2008年4月20日・cocktail salon de BARON) »

2008年5月20日 (火)

だからこそ落ち着いて飲みたいんだ(2008年4月20日・厨十兵衛)


136種類の試飲後に、何を飲みたいのか。

多摩独酌会後、松本に戻って来てからのお話。

ちなみに、

「飲みたくない」とか「飲まない」…
…という選択肢は微塵も用意されていない。

いや、うん。
多摩独酌会じゃ、飲んでないんですヨ。
寸止め。

「 飲みてー! 」

…と言う気持ちを抱えて、ドアを開けました。

その日、
7時20分のバスに乗って、上京する。
多摩独酌会に参加。

( 【五〇種総覧】「 第55回多摩独酌会:ブラインド試飲結果 」 )
( http://mixi.jp/view_diary.pl?id=786403661&owner_id=106999 )
( 【八六種総覧】「 第55回多摩独酌会:蔵元ブース試飲結果 」 )
( http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787608240&owner_id=106999 )

あっという間の3時間を経て、
17時20分のバスにて松本へ戻る。
20時30分ごろに松本に到着。

この日、弟が2日ほど実家に戻って来ると言う…
そして到着時刻が22時ごろだと言う、
僕が戻る時間と重なる訳で、
飲みに行こうじゃないか…と言う話になる。

1-2時間ほど、
僕の時間が先行しているので、
元来の予定であった「厨十兵衛」へ。
そう言えば、昨日も来た様な気がするけれど、
飲みたいものは飲みたい訳だ。

【 栃木・大那・特別純米“自社田・山田錦”無濾過生原酒 】

Cimg2460

ここ最近、飲むのが楽しみな「大那」…
「大那」と言うと酒米「五百万石」のイメージが、
実は僕の中で強いのですが、今回は「山田錦」…
「珍しい」と思って頂きました。
興味、湧きます。

全体的に、酸は感じるものの、まだ硬い雰囲気。
だけれど、これからが物凄く期待できる感覚。
熟れて来た時の爆発力を思えるお酒でした。

ただ、この日…
3時間の移動、3時間の利き酒、3時間の移動…後の飲みだったので、
体の疲れもあり、
酸を感じやすく、舌も疲れていたことを思うと、
クリアな状態との差も試してみたいところ。
今後も「大那」、お願いする機会が多そうです。

実際に5月15日にもいただいているのですが、
より口に合う感じに変化していて美味しかったです。

【 鯛の刺身 】

Cimg2461

夕食を取る間もなく東京から戻って来ていたので、
晩酌は元より夕ご飯気分。
けれど、せっかくの飲みの場、いつものお刺身から始めたい。
ジンクスとか…そう言う事はなくて、
ただただ、お刺身から飲みを始めるのが好きなだけなのデス。

お刺身を食べて一献。

「 松本に帰って来たなぁ! 」と言う気分になります。

【 島根・王禄・超辛純米・無濾過直汲み生 】

Cimg2462

「 なんだかグッと来るお酒が飲みたいな… 」

…と思い「王禄」を。
また、多摩独酌会のブラインド結果の中で、
たいてい「塩っぽい」とつける「王禄」に、
これまでにない
「甘、酸、米味がどれも強く感じられる 」とのコメントを付けていた自分。
同じお酒があるのなら、試してみたくなりもし。

バナナとナッツの香を感じます。
旨い。
これには確かに「塩っぽい」とは付けまいて。
辛口かどうかはともかくとして、
バランスもイキイキとして存在感があります。
納得の出来。
「塩っぽい」から「王禄らしい」と言う訳ではなく、
あくまで、
この圧力感、主張、「豪」のイメージ。
「グッ」と来ます。
この説得力は「王禄」ならでは…ですネ。

【 タコと水菜のサラダ 】

Cimg2464

晩御飯気分ゆえの
「野菜も食べたいなぁ」…と言う願いを託して、
こちらを。
トマトも入って嬉しいサラダ。お刺身までも!

「王禄」の強さはサラダには合わない…様に思えるのですが、
実際、そんな事はありませんでした。
王禄のメリハリある味わいに、
野菜の勢いの良さ、食感、ドレッシングの酸味、
それぞれ否定的でなく、食が進みます。
美味しいもの同士の掛け合わせ、
あっという間に食べ尽くしました。

Cimg2465

【 かけうどん 】

そろそろ弟と待ち合わせる時間も近付き…
〆にご飯ものか麺類か…と思い、
ほっと出来て、喉越し良く気楽になれるものを…
…と、最近よく見掛ける「かけうどん」を。

「かけ」…とは言え
「駅そば」の「かけ」とは違い、
それなりに豪華仕様。

特徴的なのは甘く濃いダシ汁。
醤油の辛さが立つのではなく、
ダシの芳しさが立つのではなく、
あくまで「甘くふくよかなつゆ」と言った風情は、
松本…引いては長野県らしいのでは?と思います。

そう言えば、
5月の観光週間、
これを食べた県外のお客さんの感想とか聞いてみたいですね。
東京にしては醤油が強くないし、
関西としては色々違うんだろうし。

実は次週もお願いしています。
かけうどん。
麺類好きであるのもあって、リピート率高いです。

手始め(お通し)も、前日も来たからと言って、
少し工夫して出してくれて感謝でした。
細やかな気配り、流石です。


夜風を切る心地好さ、満ち足りた呼気。

忙しなく楽しく過ごした1日をまとめるべく、
駅前へ向かいました。

|

« 気が付いたら、うとうと…どころではなくて。 | トップページ | 赤いラフロイグを飲もうぜ!(2008年4月20日・cocktail salon de BARON) »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512041/41263275

この記事へのトラックバック一覧です: だからこそ落ち着いて飲みたいんだ(2008年4月20日・厨十兵衛):

« 気が付いたら、うとうと…どころではなくて。 | トップページ | 赤いラフロイグを飲もうぜ!(2008年4月20日・cocktail salon de BARON) »