2019年1月15日 (火)

信州上田・信州亀齢、秋田・千代緑(深酒、12月21日の4杯目)

      信州上田・信州亀齢・純米無濾過生原酒“ひとごこち”   YOKOさん、その日のラスト1杯に、 ずーっと気になっていたと言って「信州亀齢」を。 これも、お好みの銘柄だものね。 新酒ならば、なおさら興味があります。   記録は自分のノートのメモだけあって、   ほんのり甘旨が乗って、とても明るい。 ほがらかでいて、大人しさ、上品さ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

上州群馬・土田“菩提もと×山廃もと”・純米吟醸(平成29酒造年度醸造)

  ・ ・   蔵元さんのアクティブさも、とても注目。     気楽なところで、一生懸命…と言うことです。   1月3日から、自宅での晩酌にて。   ・ ・   間違いなく話題のお酒を、ようやく我が手に。 東京・革命君さんよりお取り寄せしました。 移転作業も落ち着いて暖簾も掛かり、 前秘密基地より、“秘密基地”感がなくなって、 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

高知・酔鯨“しぼりたて”、福島・ロ万“熟成生原酒”(厨十兵衛、12月15日の3杯目)

    高知・酔鯨“しぼりたて”・特別純米酒生酒   高知のお酒を飲むの、久し振りだなー…と。 飲みの中盤から終盤へ、 食べ物も少し重みを持って来る段階で、 西側のしっかりした雰囲気のお酒が飲みたくて。   あと、最近のTLで鯨デザインが可愛いよな…と、 見覚えがあったことも注文に繋がっています。 2006年頃に「鯨海酔候」のラベル欲しさに買ったりとか… 随...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

信州木祖村・十六代九郎右衛門“愛山”、岡山・大正の鶴“RISING 60”(深酒、12月21日の3杯目)

  ・ ・       信州木祖村・十六代九郎右衛門“愛山”・純米吟醸無ろ過生原酒     「 何故? 」と聞かれたなら「美味しいから!」とYOKOさんは言う。   「YOKOさん、その九郎右衛門は買ったし、この前も風林火山で飲んだよ?」   「良いの。九郎右衛門を見つけたら飲むことにしているの!」   …と...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

滋賀・鈴正宗“YELLOW”、奈良・風の森“ALPHA DRY”(厨十兵衛、12月15日の2杯目)

    東京の日本酒専門の「革命君」さんが、「鈴正宗」を取り扱うと読む。   「鈴正宗」について、僕が知る順番は、 滋賀の日本酒の全蔵元ラベルを参考にして書いている中で。     ラベルはいつもホームページや酒類総合研究所の資料などを、 ネット検索して入手していて、 そのホームページがファンキーでクラブシーン的な、 それっぽいデザインに驚きはした。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«福島・自然郷、秋田・新政“No.6 X-mas type”2016BY(深酒、12月21日の1杯 目から2杯目)